相沢悠太(あいざわゆうた) 中学・高校の卒業アルバム(卒アル)は!?大学までの生い立ちに問題はあったのか…

相沢悠太(あいざわゆうた) 中学・高校の卒業アルバム(卒アル)の流出は!?

まだ21歳の大学生がこんな凶行に出るとは…

2018年に入ってからというもの、若い世代による凶悪事件が多発してしまっていますね。

このぐらいの年代の人物が事件を起こしてしまうのにはどんな問題があるのか。。

 

今回の大学生に関しては、事件現場の近くに住んでいたということで、気になるのは出身の中学や高校です。

卒アルに関しても情報が無いか調べてみました。

スポンサーリンク

相沢悠太 中学・高校の卒業アルバム(卒アル)の流出は!?

※2018/9/19追記 顔画像が報道されていました。

相沢悠太容疑者の顔写画像png

 

今回の東仙台交番で清野裕彰巡査長(33)が殺害された事件で、別の警察官からの発砲を受けて死亡した犯人の名前が公表されましたね。

仙台市宮城野区新田2の大学生、相沢悠太(あいざわ・ゆうた)容疑者。

 

この相沢悠太容疑者の出身中学や高校の卒業アルバムの流出がないかどうか調査してみました。

 

しかし、現時点ではまだそれらしい情報は出回っていないようですね。

 

また通っていた大学については、東北学院大学という報道があったようです。

 

 

相沢悠太(21歳・大学生) 顔画像や大学名は!?

 

交番で巡査長刺殺 別の警官発砲、男死亡

 

今回の事件が発生してしまったのは、宮城県仙台市宮城野区の東仙台交番です。

そして、今回の事件で殺害されてしまったのは、宮城県警の清野(せいの)裕彰巡査長(33)です。

 

 

この事件で別の警察官から発砲を受けて既に死亡した容疑者の発表があり、

 

相沢悠太容疑者(21歳)であることが分かりました。

同じ区に住んでいる大学生だということです。

 

まだ警察側からの顔画像や大学名なども公表されておりません。

Facebookなどでの調査も行いたいと思います。

 

駅からも比較的近い場所に位置していますが、この場所はどちらというと住宅街で、事件が発生した午前4時ころはほとんど人通りが無かったと思います。

 

仙台といってもにぎやかな所とそうでない所がありますが、この場所はどちらかというと静かな場所になっていて、その場所でこういった事件が起きるということは、何らかの決まった動機があったのではないかと思っています。

 

大学名は東北学院大学ですね。

 

 

相沢悠太 自宅は東仙台交番から東に700メートル

 

事件が世間に明るみになって、半日ほどで容疑者の名前が明らかになりましたね。

容疑者の名前は 相沢悠太 で年齢は21歳。

事件が発生した東仙台交番がある宮城野区に住む大学生ということで報道が

ありました。

 

また、この相沢悠太容疑者の自宅についての報道もあり、東仙台交番の東に700メートルの地点であることが分かりました。

 

Googleマップ上で少し探してみたのですが、

 

 

 

上記の状態で800mぐらいなので、直線距離で結ぶと大体700mぐらいになるのではないでしょうか。

 

地図上で見ると、で、ちょっと分かったことがあるのですが、この相沢容疑者なのですが、実家から大学に通っていたのか、一人暮らしをしていたのか、現在は分からないのですが、

 

 

ちょうどこの付近はマンションやアパートが多いんですね。

なので、一人暮らしの可能性もあるかと思います。

 

今年に入って、しかもこの数カ月の間で起こっている凶悪事件

滋賀の警官殺害 
新幹線のサラリーマン殺害 
富山の警官殺害
そして、今回の仙台の警官殺害

すべて、21or22歳の若者の犯行なんですね。

 

正直なところ、これぐらいの凶悪事件って、ひと昔まえだと、1年に1回あるかないかぐらいだったと思うんですよ。

 

それが近年はその頻度が高い。

先ほどあげた事件だけじゃないです。これぐらいの年齢の容疑者が世の中にこういった形で出てくるのは。

 

このぐらいの世代が抱える精神的な不満とか不安は、どれだけのものがあるのでしょう。。

 

相沢悠太のFacebook、Twitterの特定について

 

結論、相沢悠太容疑者のSNSアカウントを現時点でも探していますが、見当たりません。

Twitterには同姓同名のアカウントがありますが、この実名報道があってからもツイートされているので、そのアカウントは本人のものではないことが分かっています。

 

今の若い世代は、Facebook離れも進んでいるので、Twitterぐらいしかやってない可能性もあるんですよね。

 

Twitterになると、実名登録ではないので、特定が極めて難しいです。

 

 

今回の事件に関しては21歳という年齢もありますので、警察は実名報道を行いましたね。

しかも、実名報道を行ったということは、過去に精神的に異常があって通院していたということもないでしょう。

 

現在分かっているSNS関連の情報は少ないです。

 

相沢悠太容疑者の犯行動機について

 

一体、犯行動機はなんだったのでしょうか。

正直、繁華街でもないこの場所で警察官がこんな目に合うということ自体が信じられないのですが、もしこの場所で殺人事件が起きる可能性があるとすれば、

 

・怨恨

・言い争いから発展

 

というぐらいでしょうか?

前者の場合は、計画性を持った犯行になるでしょう。

 

仙台といっても住宅街の方は近隣トラブルなども発生しますし、田舎ほど公務員は嫌われます。

それらを考えると、昔から何かを根に持っていて、今回のような犯行に至ってしまった可能性もあります。

 

後者の「言い争いから発展」というパターンもありますが、住宅街の午前4時過ぎ、しかも平日に、どんな言い争いになるかはたかが知れていますよね…

それに、元々刃物を持っていたということになりますから、このパターンである可能性は極めて低いでしょう。

 

いずれにしても、今回の事件の詳細については、犯人が死亡している為、真相は闇の中になりそうですが…

 

事件発生直後の報道の後のネット上のコメント

 

・射殺して正解!
亡くなられた警察官のご冥福をお祈りします

 

・発砲は正しい判断だと思う。

・物騒だな。でも犯人を撃ち殺してもいいと思う。

・警察官のご冥福を祈ります
犯人は知らん
事情はわからんが撃たれて当然や

・3発発砲。
よほど切迫した状況だったんだろう…
亡くなった警察官のご冥福をお祈り致します。

・物騒すぎる事件が続きますね。
やはり、常時3人体制の確立が必要なんじゃないかな。

・また拳銃を奪いに来たのかな?
第二の犠牲者を出さないためにも射殺して良かった。

・これは発砲していいと思う。じゃないと何人やられてたかわからない

・発砲した警察官、よくやりました!
冤罪の可能性ゼロなので、射殺でいいと思います。
亡くなった警察官は気の毒でした。
ご冥福をお祈りします。

・ヤバそうな奴にはあらかじめ銃を向けてもいいと思う。そうでなきゃ警官の命が幾つあっても足りない。

・御冥福をお祈りします
警察官が刺されるなんて…怖いです

 

今年に入って、警察官が犠牲になる事件は他にもありましたよね。

そんな中での今回の事件です。

当然のことながら、警察官の擁護に回る意見が多数を占めています。

 

今回の事件を見ても思うのは、警察官が市民の命・安全を守る立場にある方々です。

そういった方がこんな事件にあってしまうのは、なんともいたたまれない。。。

 

ネット上の意見にもある通り、交番勤務の警察官の勤務体制の見直しも必要なのではないかと思います。

警察官も一人の人間なのですから。

 

 

犯人の実名公表後のネット上のコメント

 

・ワイドスクランブルの川村さんが発砲する事への批判をして炎上されてるそうですが、現場でまさに殺されそうになって発砲して批判されたんじゃかなわんでしょ。。

・大学生が犯人とはねぇ…。
亡くなられた警官は本当に残念です。
犯人に向かって拳銃を使用した警官は良くやったと思います。
一部では、拳銃を使用した警官を批判してるとか…。批判したコメンテーターの人に聞きたい。

実際に同じ場面に出くわした場合、拳銃を使わないかを。

・射殺しなければもう1人殺されて、拳銃を2丁奪われて無差別殺人を犯していたかもしれない いきなり人を刺している 他でも犯行を行うと可能性があった

・犯人が死んでくれて良かった。精神まともでない者は他所で同じことを繰り返す。
世の中には無用の人間だ。
警察官のご冥福をお祈りいたします。

・犯人と被害者の警察官との間にたとえどのようなやり取りがあったとしても、刃物を持ち歩いて人を刺すような奴はまともじゃない。
今まさに人ひとりを刺して凶器を持った成人男性が制止を無視したら、発砲しても仕方ないでしょ。
これで批判されたら撃った警官も亡くなった警官も可哀想だ。

・犠牲になった警官の方本当に痛ましいし、ご家族の無念の晴らしようもない。
何が目的だったのかはわからないけど、計画的だったようにも思える。真相がわからないだけに怒りのやり場もない。こんな事件悲し過ぎます。

 

他にも今回の事件に対しての様々な反応があるわけですが、何気に多いのが、

 

「警察官による発砲は正しかったのか?」

 

というものですね。

これは賛否両論あるかと思いますが、もしご意見があればコメント欄よりお願い致します。

 

最後までご覧頂き有難うございます!

スポンサーリンク

 

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.