塚原千恵子 パワハラの内容・真相は宮川紗江だけが知っている!速水佑斗コーチが邪魔だったのか…

塚原千恵子 パワハラの内容・真相を宮川紗江選手が緊急会見!

今度は体操でもパワハラ問題が発生していたとのことで、速水佑斗コーチの処分に不服ということで告発されましたね。。。

スポーツ界のパワハラ問題、、、今後消えることはないのでしょうか。。。

こちらの記事では黒幕・塚原千恵子氏によるパワハラの内容や真相についてまとめていきます!

スポンサーリンク

塚原千恵子 パワハラの内容・真相は?

塚原千恵子パワハラ内容1.

リオデジャネイロ五輪代表の宮川紗江選手が勇気ある行動をとってくれましたね!

またスポーツ界の権力争い、パワハラ問題が発生していて、それを告発する為の会見を行いました。

18歳という年齢で、弁護士同席の上でこの会見を開くというのはとても勇気のいることだと思います。

 

会見で告発された内容もかなりエグい内容でした。

その会見の模様はこちらの動画で確認することが出来ます。

 

【会見全編】体操女子 宮川紗江選手が会見「私とコーチを引き離そうとしている」(2018年8月29日)

 

ことの発端は、宮川紗江選手に対しての暴力行為があったということで、それまで担当のコーチをしていた速水佑斗コーチが日本協会から無期限登録抹消の措置がされたことでした。

 

この騒動が出た直後から宮川紗江選手は、

「暴力行為は無い」

「パワハラだとは思っていない」

ということを発信し続けてきました。

 

そういった事実が無かったこと、そして、宮川紗江選手と速水コーチの間にはかなり強い信頼関係が築かれていたことが客観的にも分かる状態ではありました。

 

しかし、日本協会の措置は変わらず速水コーチの登録抹消処分は覆ることはなく、今回の宮川紗江選手の緊急会見の開催となりました。

この会見で言われている通り、

 

・馬乗りになっての殴打はなかった

・暴力を受けたことで体を傷つけたり、傷めたりしたことはない

 

など、間違った報道を訂正する発言も行った上で、日本協会の強化本部長の塚原千恵子によるパワハラ行為があったことを告発されました。

 

このパワハラ騒動に関わっているのは、

 

・速水コーチ

・宮川選手

・塚原千恵子強化本部長

・塚原光男協会副会長

 

の4名です。

 

騒動の発端はこうです。

 

速見コーチが処分を受ける前の7月中旬、日本協会の塚原千恵子・女子強化本部長、夫で日本協会副会長の塚原光男氏に呼び出され、「(速見コーチに)暴力の話が出ている。認めないと厳しい状況になる。あのコーチはダメ。だからあなたは伸びない。私なら速見コーチの100倍教えられる」などと言われたという。

 暴力行為の証言を求められたが、「私は証言しません。ずっと前から目標に向けて計画を立てて頑張ってきた。自分の考えを言える先生ですと主張した。家族も先生を信頼して一緒にやっていくと言ったところ、家族でどうかしている、宗教みたいだと高圧的に言われた。五輪に出られなくなると言われた。家族もコーチも否定され、おかしくなってしまいそうだった」と明かした。

引用:スポニチ(Yahooニュース掲載)

 

これが事実なのであれば、確実に家族ぐるみ、そして、組織的なパワハラを行って一人のコーチを排除し、一人の選手の成長を止めようとしている行動になります。

 

今後弁護士や第三者のによる調査が進められると思いますが、昨今のスポーツ界のパワハラ問題を考えると、おそらく選手側が主張することの方が事実であることが多い為、今回の事件に関しても事実である可能性が高いかと思います。

 

特に今回は、一つの団体(今回の場合は朝日生命)に利益があるような動きにもなる為、ことと次第によってはかなりの問題になるかと思います。

 

スポンサーリンク

 

塚原千恵子の経歴は?

塚原千恵子1

 

【塚原千恵子プロフィール】

名前:塚原千恵子(つかはらちえこ)

生年月日:1947年8月12日

出身地:長崎県

最終学歴:日本体育大学

 

元オリンピック女子体操選手で、現在は体操日本代表の指導者(強化本部長)の立場にあります。

夫は元体操選手で金メダリストの塚原光男氏(日本協会副会長)で、息子はアテネオリンピック体操金メダリストの塚原直也で、家族揃って体操一家となります。

 

スポンサーリンク

 

塚原千恵子が起こしたパワハラ騒動の今後と速水佑斗コーチの処分について

 

今後に関しては、おそらく、日本協会とこれから設置されるであろう調査組織によって、この一連の騒動の中に「パワハラ」の事実があったかどうかが調べられるかと思います。

 

この事に関しては、これまでのスポーツ界のパワハラ問題を多く目にしてきた方ならお分かりになるかと思います。

 

パワハラ疑惑が浮上

マスコミが騒ぎたてる

第三者委員会の設置

「パワハラは事実でした」

謝罪して終了

 

この流れになるかと思います。

そのなかで今回、不本意な形で登録抹消処分を受けてしまった速水佑斗コーチの処分取り消しが可能性としてあるのであれば、それに越したことはありません。

 

問題は、今回告発に踏み切った宮川選手と速水コーチが今後の日本協会の活動の中で、精神的なダメージを負わずにいられるのか?という部分ですね。

まともな練習環境が与えられれば結果を出してくれる選手だと思いますので、関係者の方の最大限のサポートがあれば良いのですが…

 

スポンサーリンク

 

今回の日本協会のパワハラ騒動についてのネット上の反応

 

まとめ

 

2020年の東京オリンピックまで2年をきりました。

このタイミングでの組織的なパワハラ疑惑。

 

レスリングでも栄和人本部長がパワハラ問題の渦中にあったばかりで、また違うスポーツからもこういった問題が浮かびあがってくるのは、ちょっと心配ですね。

 

引き続き、今後のパワハラ疑惑について情報を追ってまいりますので、これをご覧頂いていあなたからも何でも結構ですので情報をお寄せください。

単純に、何かしらの感想でも結構です。コメント欄よりいただければと嬉しいです。

 

最後までご覧頂き有難うございます!

スポンサーリンク

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.