菅井きん 死因は心不全!本名は佐藤キミ子!間違い無く日本の芸能界を支えた俳優の一人だった…

菅井きん(本名:佐藤キミ子)が92歳で死去されました。死因は心不全ということでした。

数々のドラマ、映画などに出演し、日本の芸能界、俳優界に大きく貢献した方です。

ご冥福をお祈り致します。

スポンサーリンク

菅井きん 死因は心不全

菅井きん死因心不全1

 

名前: 菅井きん(すがいきん)

本名:佐藤キミ子

生年月日:1926年

年齢:92歳

 

死因は心不全でお亡くなりになられていたのは2018年8月10日のことでした。

その後、8月23日に所属事務所を通じての発表となりました。

 

 

 

スポンサーリンク

菅井きん 本名は佐藤キミ子

今まであまり知られてきませんでしたが、菅井きんさんの本名は 佐藤キミ子 で、個人的には「菅井きん」という名前が頭に残っているのは、「必殺仕事人」の再放送を見たときですね。

 

名優・藤田まことさんとの共演も懐かしいです。

 

あとは、ドラマ「家なき子」でもかなり残酷な役柄を演じられていましたね。

正直、子供のころはあまり良く思ってませんでした。

 

「この人、嫌い…」

 

ただただ、役がそうさせているのですが、小さいころはそう思っていました。

いま思えば、そうさせるぐらい役になりきって演じられていたということですよね。

 

今考えれば凄いことです。小さい子供にまでそう思わせるのですから。

 

今回の菅井きんさん死去の報道について

 

ドラマ「必殺」シリーズや映画『どですかでん』『お葬式』など多くの名作に出演した女優の菅井きん(本名・佐藤キミ子)さんが10日、心不全のため都内の自宅で亡くなっていたことがわかった。92歳。所属事務所が23日、書面で伝えた。

事務所によると、通夜密葬を近親者にて済ませ、偲ぶ会などを催す予定はないとう。

  菅井さんは1926年東京生まれ。46年、東京芸術劇場研究所に入所し、翌47年『林檎園日記』で初舞台。劇団解散後は俳優座に移籍し、50年『風にそよぐ葦』で映画デビューする。

 73年ドラマ『必殺仕置人』では藤田まことさんが演じた中村主水をいびる姑・中村せん役や、『太陽にほえろ!』で松田優作さん演じる柴田純(ジーパン)刑事の母・柴田タキ役、『家なき子』での“ババア”こと田畑光江役など、多くの作品で名脇役として存在感をみせた。

 銀幕でも活躍し『生きる』『悪い奴ほどよく眠る』『どですかでん』『砂の器』などに出演。08年『ぼくのおばあちゃん』では82歳にして映画初主演を飾り、「世界最高齢映画主演女優」としてギネス認定された。

 映画『お葬式』では日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。90年には紫綬褒章、96年に勲四等宝冠章を受章している。

引用:ORICON(Yahooニュース掲載)

 

スポンサーリンク

菅井きんさん死去に関してのネット上のコメント

 

・間違いなく名女優でした。
衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

・存在感のある方でした。
物心ついた時にはお婆ちゃん役でしたが、しばらく見なかった今でも声を思い出せるほど記憶に染み付いていたんだと実感しました。
御冥福をお祈りします。

 

・家なき子のいじわるばあさん役は
強烈だったなぁ~。

ご冥福をお祈りします。

 

 

 

最後までご覧頂き有難うございます!

スポンサーリンク

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.