毛利忠敦(外務省ロシア課長) セクハラ被害者の相手の名前や顔画像は?音声もある?「信用損なう行為」って,,,堂々と言えって。

毛利忠敦a

また官僚のセクハラ行為があったようですね。

今回問題になったのは、外務省ロシア課長の毛利忠敦氏です。

この記事を書いている現時点では、既に更迭されており、定職9ヶ月の懲戒処分を受けています。

今回もまた女性記者が被害に遭ってしまったのか?

セクハラ被害者の相手の名前や顔画像などを特定できるか調べてみました。

また音声データなど出てくるのでしょうかね…

スポンサーリンク

毛利忠敦(外務省ロシア課長) セクハラ被害者の相手の名前や顔画像は?

今回の毛利忠敦ロシア課長が更迭された件で、一部の報道では「セクハラ」の事実があったのではないかということが報じられています。

もし毛利忠敦ロシア課長にセクハラの疑惑があるのであれば、今後週刊誌などのスクープもあり得そうですね。

財務省での福田事務次官のセクハラ問題で辞任に追い込まれた事件が世間の話題をかっさらったばかりですが、また官僚のセクハラ不祥事となると、

「この国は本当に大丈夫なのか!?」

と思ってしまいますね。

また、仮にセクハラだったとして、今回の被害者の女性は誰なのか?

相手の名前や画像が分かり次第、こちらの記事を更新させていただきたいと思います。

 

今回の毛利忠敦氏の更迭に関しての報道はこちらです↓

外務省は、毛利忠敦ロシア課長(49)に「信用を損なう行為」があったとして、国家公務員法に基づき停職9カ月の懲戒処分とし、課長職を更迭した。

 セクハラとみられる。毛利氏は官房付に異動、当面は相木俊宏欧州局審議官がロシア課長を兼務する。処分と人事発令は4日付。

 河野太郎外相は5日、記者団の取材に対し「このような事案が起きたことは誠に遺憾だ」と陳謝。「厳粛に受け止め、綱紀粛正に努める」と強調した。4月に財務省の福田淳一事務次官(当時)のセクハラが表面化し、辞任に追い込まれたばかりで、幹部公務員の品行が改めて問われそうだ。

 外務省は「被害者のプライバシー保護のため詳細は言えない」として事実関係を明らかにしていない。関係者によると、毛利氏は人間関係のトラブルがあったことを同省に対して認め、反省の態度を示しているという。

引用:Yahooニュース

 

毛利忠敦ロシア課長 セクハラ音声が出てくるか?

今回の「信用を損なう行為」がもしセクハラだとするならば、財務省の福田淳一元事務次官のときのように、証拠の音声データなどは出てくるのでしょうか?

既にネットでの「セクハラ疑惑」は情報が拡散されていて、もしかしたら、明日(6月6日)に週刊文春あたりが報じるのではないかという噂さえあります。

もしそうであれば、また官僚の信用が地に堕ちるこちになりますね。。。

 

また思い出してしまいました。

福田元事務次官のセクハラ音源↓

 

この人たち、何か勘違いしてますよね。

別に偉い人じゃないですからね。

むしろ国民の為に身を粉にして働かなければならない人達ですよ。

税金で暮らしているわけなので…

その辺をもっと理解してもらいたいものです。

 

毛利忠敦 プロフィール

今回セクハラらしき人間関係の問題で定職9ヶ月、ロシア課長を更迭された毛利忠敦氏ですが、どれだけの優秀な人物だったのでしょうか。

分かる範囲でプロフィールをまとめてみました。

 

名前:毛利忠敦(もうりただあつ)

生年月日:(調査中)49歳

出身地:(調査中)

最終学歴:(調査中)

所属:外務省欧州局 (元ロシア課長)

 

まだロシア課長に就任して間もない毛利忠敦氏ですので、一般的には詳細なプロフィールが公開されないままに更迭になってしまいました。

しかしながら、北方領土問題などを抱える日本-ロシア間の国際情勢において、このロシア課長のポストはかなり重要な役割を担っていて、間違いなく官僚の中でもエリート中のエリートと呼ばれる出世街道を通る人物であることは分かっています。

 

毛利氏は1991年に外務省入り。省内の「ロシアスクール」と呼ばれるロシア専門家の一人で、2017年1月からロシア課長を務めていた。5月27日まで安倍晋三首相のロシア訪問に同行していた。

引用:MSN

 

実際のところ、このロシアスクールというのは、対ロシアの外交を専門とする人物の集まりで、ロシア外交のスペシャリストが集まるところです。

アメリカの外交を主とする日本にとって、対ロシアについての外交は、潜在的に敵対しているアメリカとの関係性の調整、そして、間接的には北朝鮮との関わりにも気を配らなければいけないところですので、そのポストにあるということはかなりのキレ者であるということは確かです。

首相についてロシア首相との会談にも同席するほどですから、そういった立場の人がセクハラ行為はかなり問題ですね。。。

 

また、こんなツイートも見られます↓

 

このツイートのほかにも、あの毛利元就の直系の子孫であるという噂が立っています。

まだ本当かどうかは分かりませんが、今後のネット上とテレビの報道に気にしていきたいと思います。

毛利忠敦氏の今後処遇は?

毛利忠敦・ロシア課長に関してですが、2018年6月4日付でロシア課長を更迭されて、国家公務員法に基づき、停職9カ月の懲戒処分を受けることになります。

今後どんな情報や新事実が出てくるかどうか分かりませんが、福田元財務次官の時のように、次から次へと情報が出てきて、最終的には辞職という形にならなければ良いのですが…

 

毛利忠敦・ロシア課長のセクハラ疑惑についてのネット上の声

・外務省の課長が更迭で停職9ヶ月は、ほぼ出世の道を断たれたことを意味する。
 刑事事件になる恐れがあったのを示談で済んだので免職・クビにはならなかったと思う。

・パワハラもこれくらい厳しく処分して欲しい。

・氷山の一角

・佐川氏が3ヶ月相当の3倍。凄い事やったんだね。

・外務省はセクハラ研修はやらなかったのか、、、、、、

・セクハラ課長、調子に乗って大恥かいて、自身の将来を失う。絵にかいたような自業自得。

・最近セクハラ多いですね。昔は、そんなに大げさにならなかったけど、今は、厳しくなったと思います。昔はよく俺の嫁も、されていたけど、今なら、絶対訴えたら、勝てますね。

・佐藤優氏の本読むと、外務官僚の女性との関係の持ち方よくわかるよ!

・外務省のセクハラ処分は停職9か月なのに、財務省の福田次官は減給処分。
 佐川氏の公文書改ざんは停職3か月とは、外務省と財務省の懲戒処分に差がありすぎる気がするが、やはり財務省の処分は出来レースだったのだろうか?????

・被害者のプライバシー の問題って何? 名前・住所・年齢等被害者につながることを言わなければ良いだけ。本人のプライバシーの問題 って事でしょう。個人情報を錦の旗みたいに振れば、マスコミは誤魔化せるのかな?

まとめ

今回の報道に関しては、まだセクハラということが決定したわけではありませんが、大手のメディアですら「セクハラではないか?」と報じていることや、停職9ヶ月というかなり思い懲戒処分を受けていることから、ほぼセクハラ問題と捉えて間違いないかと思います。

もし有力な情報があればコメント欄よりご感想などと一緒にお寄せいただければと思います。

 

最後までご覧いただき有難うございました!

スポンサーリンク

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.