野崎幸助 女の一覧の中に殺人の犯人がいる?謎の死はお手伝いさんKの仕業なのか,,,

野崎幸助女一覧

紀州のドンファンこと、野崎幸助が抱いた女は4000人と言われています。

野崎氏がこれらの女を抱く為に大金持ちになったと言っていましたが、この女の一覧の中に、野崎幸助氏の死亡に絡んだ人物はいるのか?

「殺人事件」として捜査が進んでいる今回の事件ですが、もしそうであれば犯人は誰なのか?

こちらの記事でまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

野崎幸助が抱いた女の一覧は?

こちらはさすがに4000人もの女性を抱いていたということで、その完全な一覧はありませんが、過去にその交際相手から6000万円程度の貴重品を窃盗されたということで、今回の事件の前にかなり話題になっています。

その女性がこちらの宮原真理容疑者です↓

 

野崎幸助女一覧

 

こういった形で野崎幸助氏に近づく女性の大半は金品目当てですし、野崎氏自身もそれを分かった上で女性と交際を進めていました。

しかし、そのなかでも特別なのが、今回の事件が発生する前に結婚されたモデルのSさんと、あと、ちょっと立場は違いますが、お手伝いのKさんという方とは近い距離での関係にあったと思います。

特にお手伝いのKさんに関しては、昔からの付き合いだったようです。

野崎幸助の死因は覚醒剤の大量摂取か?他殺か?

今回話題になって大きく取り上げられている”紀州のドン・ファン”こと野崎幸助氏の謎めいた死ですが、その死因は現時点では多量の覚醒剤の摂取であるという見方がされています。

それではなぜ、野崎幸助の体から大量の覚せい剤が摂取されたのか?

毎年、高額納税者のリストに名を連ねるような方が覚醒剤を摂取しなければならなかったが疑問ですよね。

現在は他殺の可能性も含めて警察が捜査を進めています。

和歌山県田辺市の金融・不動産関連会社社長の野崎幸助さん(77)が24日夜に自宅で倒れ、その後、死亡が確認された。警察によると、遺体からは覚醒剤の成分が検出されたという。

野崎さんは高額納税者として、度々名を連ねる資産家で『紀州のドン・ファン』との呼び名で何度もメディアで取り上げられていた。

警察は事件の可能性もあるとみて、家宅捜索や妻らの事情聴取を行い、覚醒剤接種の経緯を調べている。

引用:テレ朝News

野崎幸助死因1

野崎幸助死因2

野崎幸助死因3

野崎幸助死因4

野崎幸助死因5

野崎幸助死因6

野崎幸助死因7

野崎幸助死因8

野崎幸助死因9

野崎幸助死因10

 

 

野崎幸助の嫁(妻)は抱いた女の一覧に入っているのか?

野崎幸助の嫁はモデルのSさんで年齢は22歳とされています。

名前は伏字になっているものの、一部の写真画像は公開されています。

 

野崎幸助嫁1

 

長い黒髪の女性で、モデルということですから、体型もスラッとしているのが分かりますね。

大金持ちになると年齢を関係なくこんなに若い女性と一緒に暮らせるのですね。。

羨ましいですが、最終的に幸せになれるかどうかはまた別問題ということですよね。

野崎幸助氏の死亡後の体からは大量の覚せい剤が検出されていて、「不審死」とも言われています。

つまり、他殺の可能性が出てきており、既に警察がその方向で動いているとのこと。

そりゃ、これだけ大金持ちであればその可能性もありますよね。

 

野崎幸助の死因は大量の覚醒剤が原因だったのか

野崎幸助の死因については、報道の通り、大量の覚せい剤の摂取だと報じられていますが、厳密的なその死去の理由はまだ判明しておりません。

 

この報道を受けて、ネット上では様々な憶測が飛び交っています。

 

「表向きはそうしているだけで、実は他殺であることが分かっているのでは?」

とか、

「実は自殺だが、遺産が多過ぎて、それを考慮してこのような報道になっているのでは?」

とか言う噂ですね。

それ以外にも、今回の野崎幸助氏の死については様々な反応が上がっています。

 

 

ネット上の反応は様々ですね!

確かに、金融・不動産という業種で巨万の富を築いたその才能と経営手腕は、ビジネスの王道を行くものがありますから、下手なエセのビジネス書にお金をかけるくらいなら、野崎幸助氏の著書を読んだほうが、まだためになりそうですね。

 

野崎幸助の嫁は遺産目当てでの結婚だった?

これは紀州のドン・ファンが死亡したという報道が流れた直後に流れた噂ですね。

 

富みを築いた者が次に手に入れたがるのは、「不死」だと言われています。

 

そこまで野崎幸助氏が考え、望んでいたことかは分かりませんが、ご結婚されてから、生命保険ぐらいには新規で契約したのではないでしょうか。

 

その中で、彼が残した資産額が超膨大な資産であることから、一部の人の間では、

「嫁にやられたんじゃないのか?」

ということもささやかれています。

 

野崎幸助嫁2

 

しかし、遺産目当ての疑惑以外にもあまりにも資産がありすぎるので、警察の捜索の手は多方向に伸びていると言われています。

特に、体の中から多量の薬が検出されているだけに、外部の何者かの手によって帰らぬ人になってしまった可能性もありますまらね。

それに、

過去に30億円ものお金を4000人近くの女性に貢いできたのですから、恨みをかう人の数も多そうです。

「なぜあの女と結婚したんだ…」と。

様々な憶測が飛び交いますが、それもしょうがないかもしれません。

「おれは女を抱く為に大金持ちになった」

と豪語するぐらいの御方ですから。

 

野崎幸助のプロフィールや経歴

野崎幸助氏のプロフィールはこちらにまとめてあります。

 

名前:野崎幸助

生年月日:1941年生まれ

出身地:和歌山県田辺市

最終学歴:-

職業:実業家(梅干し販売、不動産業、金融業)

 

若いころは避妊具の販売で大きな富みを築きあげて、ここまでの経営の基礎をつくりました。

その後は梅干し販売という実業に手を伸ばして、ビジネスの王道である金融、不動産という所までビジネスジャンルの拡大を図っていったようです。

生前は株式会社アプリコという会社を経営されていて、先述したほぼ全ての業種を手掛けていました。

その経営手腕とビッグマウスぶりはそれ相応に比例していて、本まで出版されました。

その出版された本がこちら↓

 

野崎幸助嫁3

引用元:Amazon.co.jp

 

ちなみに、もはや通称となっている『ドン・ファン』ですが、

 

ドン・ファン(Don Juan)は、17世紀スペインの伝説上の放蕩児、ドン・フアン・テノーリオ(Don Juan Tenorio)のことで、プレイボーイの代名詞として使われる。フランス語ではドン・ジュアン、イタリア語ではドン・ジョヴァンニと呼ばれる。 元になった伝説は簡単なもので、プレイボーイの貴族ドン・ファンが、貴族の娘を誘惑し、その父親(ドン・フェルナンド)を殺した。その後、墓場でドン・フェルナンドの石像の側を通りかかったとき、戯れにその石像を宴会に招待したところ、本当に石像の姿をした幽霊として現れ、大混乱になったところで、石像に地獄に引き込まれる。 

引用:Wikipedia

 

こういった「プレイボーイ」の代名詞としても使われる伝説上の人物です。

 

野崎幸助の自宅や会社の場所は?

野崎幸助氏の自宅は生まれ故郷である和歌山県田辺市にあります。

 

経営されていた株式会社アプリコも同じ田辺市にあり、その住所は「和歌山県田辺市朝日ヶ丘17-5ローヤルピロポビル1階」です。

 

 

野崎幸助の結婚歴,離婚歴,子供の有無は

野崎幸助の結婚歴ですが、正直、厳密的な戸籍上の結婚歴、離婚歴は分かっていません。

それぐらい多くの女性と関係を持っています。

しかしながら、生前にご結婚された嫁(妻)のモデルSさんとは、ご結婚された時にかなり話題になりましたから、もしかしたら公にしたのはそれが最初の結婚かもしれません。

また、子供の有無に関してもこれだけの資産家です。

認知している・していないに関わらず、野崎幸助氏に関わった女性が今でも一人で育てているかもしれませんね。

毎月養育費をもらうなどのチマチマしたことではなく、一度にお金を渡して…関係を切るということもあったかもしれません。

(すいません。完全に私の推測です。)

少なくとも、嫁(妻)のモデルSさんとの間にはお子さんはいなかったようです。

御年齢もかなり高齢ですからね。

子供をつくるにはちょっと無理があるかもです。

※2018/6/2追記

野崎氏には過去2度の結婚歴があるようですね。

ですので、今回、「遺産相続目的だったのでは?」と疑惑がもたれているモデルのSさんとは3度目の結婚ということになるのでしょうかね。

まとめ

野崎幸助氏が抱いた女たちは、彼の欲の表れですw

ここまで欲に正直な人はあまりいませんよね。

でも、そんなに欲に正直な人でも、薬物におぼれるほど愚かな人物であったかどうかと考えると、それは考えにくいです。

数十億まで資産を築いた人です。

自ら命を絶つということも考えにくいです。

今後も警察の捜査は続くかと思いますが、事件の焦点となっている覚醒剤の出所がどんな状態になっているのか?

もし殺人だとするならばどんな人物がその犯人なのか?

新しい情報が入り次第、こちらの記事を更新させていただきます。

 

最後までご覧いただき有難うございました!

スポンサーリンク

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.