野崎幸助が経営する会社のアプリコはどんな会社?金融,不動産を制した紀州のドンファン!

和歌山県田辺市を拠点として巨万の富を築いた野崎幸助。

彼が経営していた会社「アプリコ」というところは、その紀州のドン・ファンの原点です。

ここから生み出される利益は膨大で、野崎幸助氏は確固たる経営基盤を築いたあとに、「女を抱く為に金持ちになった」と言っています。

結婚相手のモデルの嫁ともこの会社があったからこそ出会い、結婚されたのだと思います。

こちらの記事ではこの野崎幸助氏が生前に経営していた会社である「アプリコ」について触れたいと思います。

スポンサーリンク

野崎幸助が経営する会社 アプリコとはどんな会社?

野崎幸助氏が経営していた株式会社アプリコとは、様々な業態をとっている会社で、主に利益の大きな部分を担っているのが金融部門(貸金業)と不動産業のようですね。

一度に動く金額が大きい業態です。

その他に、このアプリコの経営規模拡大に一役かったであろう、梅干し販売の部門も存在していたり、あとはお酒を卸・販売されている部門もあるようです。

これを聞いて思うのは、よくある「田舎の大企業」というイメージをもっていただければと思います。

よくありませんか?

「あの会社、手広くやってるなー!」

「絶対、あれだけやってりゃ儲かってるよなー!」

みたいな会社。その地域の有力者と呼ばれるような方が会長だったり社長だったりする会社ですね。

そんな存在に近いと思います。

野崎幸助の会社 アプリコから得られる利益

このアプリコという会社自体はかなり儲かっていたようですが、野崎幸助氏は自分自身が贅沢をすることには全くといって良いほど興味が無かったようです。

それが証拠に、自宅はそれなりに大きい豪邸に住んでいるものの、自宅にある貴重品はある意味投資として考えていたとも言われています。

その分、「稼いだお金は女に使う」という考えだったようです。

そりゃ色んな女性とも関係を持つことになりますよね。

だって、、、生涯で30億を女性に貢ぐんですよ。

普通の人では考えられないですが、もし自分が30億円ものお金を所持したら、そもそも普通の神経でいられるかどうか分かりませんねw

スポンサーリンク

野崎幸助の嫁(妻)の22歳モデルSとは?名前,画像は?

野崎幸助の嫁はモデルのSさんで年齢は22歳とされています。

名前は伏字になっているものの、一部の写真画像は公開されています。

野崎幸助嫁1

長い黒髪の女性で、モデルということですから、体型もスラッとしているのが分かりますね。

大金持ちになると年齢を関係なくこんなに若い女性と一緒に暮らせるのですね。。

羨ましいですが、最終的に幸せになれるかどうかはまた別問題ということですよね。

野崎幸助氏の死亡後の体からは大量の覚せい剤が検出されていて、「不審死」とも言われています。

つまり、他殺の可能性が出てきており、既に警察がその方向で動いているとのこと。

そりゃ、これだけ大金持ちであればその可能性もありますよね。

スポンサーリンク

野崎幸助の死因 遺体から大量の覚醒剤反応

野崎幸助の死因については、報道の通り、大量の覚せい剤の摂取だと報じられていますが、厳密的なその死去の理由はまだ判明しておりません。

この報道を受けて、ネット上では様々な憶測が飛び交っています。

「表向きはそうしているだけで、実は他殺であることが分かっているのでは?」

とか、

「実は自殺だが、遺産が多過ぎて、それを考慮してこのような報道になっているのでは?」

とか言う噂ですね。

それ以外にも、今回の野崎幸助氏の死については様々な反応が上がっています。

 

ネット上の反応は様々ですね!

確かに、金融・不動産という業種で巨万の富を築いたその才能と経営手腕は、ビジネスの王道を行くものがありますから、下手なエセのビジネス書にお金をかけるくらいなら、野崎幸助氏の著書を読んだほうが、まだためになりそうですね。

スポンサーリンク

野崎幸助 遺産目当ての可能性もある?

これは紀州のドン・ファンが死亡したという報道が流れた直後に流れた噂ですね。

富みを築いた者が次に手に入れたがるのは、「不死」だと言われています。

そこまで野崎幸助氏が考え、望んでいたことかは分かりませんが、ご結婚されてから、生命保険ぐらいには新規で契約したのではないでしょうか。

その中で、彼が残した資産額が超膨大な資産であることから、一部の人の間では、

「嫁にやられたんじゃないのか?」

ということもささやかれています。

野崎幸助嫁2

しかし、遺産目当ての疑惑以外にもあまりにも資産がありすぎるので、警察の捜索の手は多方向に伸びていると言われています。

特に、体の中から多量の薬が検出されているだけに、外部の何者かの手によって帰らぬ人になってしまった可能性もありますまらね。

それに、

過去に30億円ものお金を4000人近くの女性に貢いできたのですから、恨みをかう人の数も多そうです。

「なぜあの女と結婚したんだ…」と。

様々な憶測が飛び交いますが、それもしょうがないかもしれません。

「おれは女を抱く為に大金持ちになった」

と豪語するぐらいの御方ですから。

スポンサーリンク

野崎幸助のプロフィールや経歴

野崎幸助氏のプロフィールはこちらにまとめてあります。

名前:野崎幸助

生年月日:1941年生まれ

出身地:和歌山県田辺市

最終学歴:-

職業:実業家(梅干し販売、不動産業、金融業)

若いころは避妊具の販売で大きな富みを築きあげて、ここまでの経営の基礎をつくりました。

その後は梅干し販売という実業に手を伸ばして、ビジネスの王道である金融、不動産という所までビジネスジャンルの拡大を図っていったようです。

生前は株式会社アプリコという会社を経営されていて、先述したほぼ全ての業種を手掛けていました。

その経営手腕とビッグマウスぶりはそれ相応に比例していて、本まで出版されました。

その出版された本がこちら↓

野崎幸助嫁3

引用元:Amazon.co.jp

ちなみに、もはや通称となっている『ドン・ファン』ですが、

ドン・ファン(Don Juan)は、17世紀スペインの伝説上の放蕩児、ドン・フアン・テノーリオ(Don Juan Tenorio)のことで、プレイボーイの代名詞として使われる。フランス語ではドン・ジュアン、イタリア語ではドン・ジョヴァンニと呼ばれる。 元になった伝説は簡単なもので、プレイボーイの貴族ドン・ファンが、貴族の娘を誘惑し、その父親(ドン・フェルナンド)を殺した。その後、墓場でドン・フェルナンドの石像の側を通りかかったとき、戯れにその石像を宴会に招待したところ、本当に石像の姿をした幽霊として現れ、大混乱になったところで、石像に地獄に引き込まれる。 

引用:Wikipedia

 

こういった「プレイボーイ」の代名詞としても使われる伝説上の人物です。

スポンサーリンク

野崎幸助の自宅の場所は?

野崎幸助氏の自宅は生まれ故郷である和歌山県田辺市にあります。

経営されていた株式会社アプリコも同じ田辺市にあり、その住所は「和歌山県田辺市朝日ヶ丘17-5ローヤルピロポビル1階」です。

スポンサーリンク

野崎幸助の結婚歴や子供は?

野崎幸助の結婚歴ですが、正直、厳密的な戸籍上の結婚歴、離婚歴は分かっていません。

それぐらい多くの女性と関係を持っています。

しかしながら、生前にご結婚された嫁(妻)のモデルSさんとは、ご結婚された時にかなり話題になりましたから、もしかしたら公にしたのはそれが最初の結婚かもしれません。

また、子供の有無に関してもこれだけの資産家です。

認知している・していないに関わらず、野崎幸助氏に関わった女性が今でも一人で育てているかもしれませんね。

毎月養育費をもらうなどのチマチマしたことではなく、一度にお金を渡して…関係を切るということもあったかもしれません。

(すいません。完全に私の推測です。)

少なくとも、嫁(妻)のモデルSさんとの間にはお子さんはいなかったようです。

御年齢もかなり高齢ですからね。

子供をつくるにはちょっと無理があるかもです。

※2018/6/3追記

野崎幸助氏は過去に2度の結婚&離婚歴があるようです。

血の繋がった子供の有無はまだ特定できていませんが、おそらく子供もいるのではないかと思います。

なんせ、「女を抱く為に大金持ちになった」というぐらいの人物ですからね^^

※2018/6/3追記 野崎幸助の嫁、家政婦の都内の自宅を家宅捜索

野崎幸助氏の死後、「殺人容疑」で野崎氏の関係者(妻、家政婦、会社)の尿検査などの捜査が進められておりました。

そこから、6/3の午前の段階で嫁の都内の別宅や、家政婦の都内の自宅にも家宅捜索が入ったようです。

捜査を進めているのは和歌山県警です。

警視庁の捜査一課が捜査からは手を引いたということで一部報道されていましたが、今回の家宅捜索は和歌山県警から捜査員を10名ほど派遣してのもので、和歌山県田辺市の会社関係者や、野崎幸助氏が死亡した当初に在宅していた嫁、家政婦の聴取などを進めたうえで、東京の自宅になんらかの手がかりがあるのではないかということで捜査が及んだように思います。

野崎幸助会社アプリコ01 野崎幸助会社アプリコ02 野崎幸助会社アプリコ03

まとめ

野崎幸助氏が若い時にその天性の経営センスで一気に築きあげた会社「アプリコ」はかなり強固な経営基盤をもっていました。

誰もが出来るわけではありません。

やはり、自分の内側にある野心とチャンスを正確に捉えることができる経営の嗅覚があったかこそできたものだと思います。

その優秀な経営者がまた一人、謎の多い死を遂げてしまったことは残念ですね。

 

最後までご覧いただき有難うございました!

スポンサーリンク

f野崎幸助の嫁(妻)に向けられる疑惑

今回の野崎幸助の死因についてはネット上でも色々と囁かれておりますが、やはりその目が向けられているのは嫁のモデルSさんですね。

妻となってわずか3ヶ月でこのような事件が起きてしまうと、資産を目的とした結婚だと思われるのかもしれませんね。

しかしながら、その野崎幸助氏が正式な家族として、結婚相手として選んだ女性の職業は「モデル」ですから、最期まで紀州のドン・ファンらしい選択だと思います。

野崎幸助氏の職業、会社、経歴などを考えても、かなり破天荒な人生を送られてきたと思います。

彼の仕事に対しての考え方と、家族として迎えたSさんの考え方が一致していた可能性も多いにあります。

もし、機会があるのなら嫁のモデルSさんからのコメントが欲しい所ですね。

 

こちらもあわせて!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。