女神努力株式会社 新事務所で広瀬香美の新スタート!所属事務抗議とトラブルはどうする!?

女神努力株式会社

今回のMuse Endeavor .inc (女神努力株式会社)への移籍問題で、今後もかなりの注目が予想される広瀬香美さんですが、そもそも、新会社の女神努力株式会社とはどんな運営を行っていくのでしょうか?

現時点での新事務所の情報をまとめてみます。

 

スポンサーリンク

 

 

女神努力株式会社(Muse Endeavor .inc)の実態は?

今回の広瀬香美さんの新会社(新事務所)への移籍に関しては、元々の所属事務所である「オフィスサーティー」からの発表ではなくて、広瀬さん個人のSNS(Facebook)のみでの発表となりました。

この時点でかなり違和感がありましたし、その発表のされ方が突拍子もなかったので、かなり驚いたのですが、やはり事務所との何らかのトラブルを抱えていたのですね。

実際、今の広瀬香美さんが「所属」しているとされるMuse Endeavor .inc (女神努力株式会社)のWEBサイトですが、アクセスが集中している為なのか、それともサーバー上で意図的に閉鎖しているのかは分かりませんが、アクセス出来ません。

(2018年5月31日 20:47現在)

新Web → http://www.hirose-kohmi.com

会社Web→http://www.muse-endeavor.com

ヒット曲を連発した『冬の女王』ですが、新しい門出であれば応援してあげたいですが、もし移籍をする上でのトラブルがあるのであれば、そこをきれいに片づけてから新しいスタートをきってもらいたいですよね…

女神努力株式会社への移籍を発表してからの広瀬香美さんのツイッターの様子です。

こちらでは、旧所属事務所のオフィスサーティとの間に、なんら問題があることは触れていません。

普段は歌のレッスンなどを行っている彼女ですから、生徒さんなんかもこのトラブルの状況には目が離せないでしょうね。

広瀬香美 事務所移籍を発表

「ロマンスの神様」などのヒット曲で知られる広瀬香美さんが事務所の移籍を発表しましたね。

この報道が出た時は普通に受け流されたので、「あっ。移籍するんだー」ぐらいの感覚でした。

歌手、広瀬香美が28日、自身のツイッターを更新し、新事務所への移籍を報告した。同ツイートで紹介した新しい公式サイトと新事務所のサイトでは、今後の活動についての抱負も掲載している。

 広瀬は「この度、広瀬香美は、2018年5月21日付けで株式会社オフィスサーティーとのマネジメント契約を終了し、現在設立中のMuse Endeavor inc.に所属することとなりました」と発表。今後の情報提供は、新公式サイトで行っていくとし、「これまで以上に、音楽家としての可能性を追求し、スピーディに力強く目標達成に挑む所存です」と抱負をつづった。

 ファンに向けて「今後とも温かい応援をどうぞよろしくお願いいたします。とても大切に思っています」と感謝し、ファンクラブについては「ファンクラブの皆様にご心配をお掛けしないように、現在、新たな運営体制を整えております」としている。

引用:ライブドアニュース

 

あまり事務所移籍=独立の理由が取り上げられず、移籍先の事務所も、「Muse Endeavor inc.」(女神努力株式会社)という会社で、広瀬香美さんの個人事務所であることが分かります。

この移籍を発表したのは、2018年5月28日で、この日どりについては特に何も意味は無さそうです。

しかし、元々彼女が所属していた芸能事務所「オフィスサーティー」は今回の”勝ってな”事務所移籍に対して猛反発しています。

広瀬香美 所属事務所が移籍(独立)に抗議!

今回、オフィスサーティーが反発しているのは、おそらく広瀬香美さんと事務所の間に何らかの遺恨を残した状態で移籍先の事務所を設立して、勝手に移籍を発表してしまったからだと思います。

というのも、確かに広瀬香美さんが事務所の移籍を発表したのは自身のフェイスっブック上での発表でした。

広瀬香美事務所移籍1

円満でのマネジメント契約が満了ということであれば、事務所を通しての発表になりそうなものですよね?

広瀬香美さんと所属事務所に亀裂が入り、5月31日になって所属事務所は下記のような発表を行っています↓

28日に事務所移籍を発表した歌手の広瀬香美(52)に対して、これまでマネジメントをしていた所属事務所が31日、公式サイトで広瀬の活動休止を発表。「広瀬香美」の芸名使用の禁止を求めた。

 広瀬は28日に自身のフェイスブックを更新。事務所を移籍しての、新たな活動開始を報告。21日に更新した自身の公式サイトでは所属していた「オフィスサーティー」とのマネジメント契約終了を発表していた。

 この日、所属事務所「オフィスサーティー」が報道各社に文書でFAXを送付。「弊社に事前の相談もなく、一方的な『独立宣言』を発表され、弊社スタッフ一同、大変困惑しております」と報告。

 続けて「『広瀬香美』は弊社代表取締役が命名した芸名であり、『広瀬香美』の芸名の使用権限は、弊社及び取締役に帰属しており、弊社所属アーティストとしての活動以外には『広瀬香美』の芸名を使用できません」と説明した。

 文書では「弊社としては一方的な対応に強く抗議し『広瀬香美』の芸名を使用した芸能活動の一切の禁止を求めるとともに、断固たる法的措置をとる所存であります」と芸名の使用禁止を求めている。

引用:ライブドアニュース

 

うーん!これはなかなかまずい事になってますよね!

芸能人の事務所移籍問題は、元の所属事務所の収益に直接関係する事態ですから、時と場合によっては死活問題にもなりかねません。

特に今回、オフィスサーティ側が問題視しているのは「広瀬香美」という芸名で、これはこれまで彼女の芸能活動をサポートしてきた事務所の社長さんが命名したものだと言います。

これを移籍後もそのまま使うことは契約違反であるとしているのですね。

では、今後広瀬香美さんはどのような活動を行っていくのか?

実際の移籍先とされているのは、「女神努力株式会社」という広瀬香美さんの個人事務所になります。

こちらを詳しく追ってみたいと思います。

スポンサーリンク

広瀬香美の今後活動は女神努力株式会社

広瀬香美さんの今後の活動は Muse Endeavor .inc (女神努力株式会社) での活動となることが発表されています。

広瀬香美事務所移籍2

広瀬香美は、新たな事務所にて活動も新たにスタートを切りました。
 
社名はMuse Endeavor .inc (女神努力株式会社)です。
 
本日、新たなHPが公開されましたので、 ウェブでお気に入り登録してくださっている皆さまは、 新しいHPへ変更をお願い致します。
 
今後ともご贔屓に、ますますの温かい応援を どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
フェイスブック上ではこういった「宣言」がされており、ご丁寧にも新会社のWEBサイトのリンクまで張られてありました。
 
こちらが広瀬さんの新HPです。
 
 
 
広瀬さんはアーティスト活動の他にも、ご自身で歌や音楽を教える活動を行っていて、テレビなどの表舞台からは目にする機会がすくなくなりましたが、立派な音楽家としての活動を続けていらっしゃいます。
 
あの歌唱力があれば、正直メディアに露出せずとも、全く問題なく商売ができますよね。
 
スポンサーリンク

広瀬香美は本名の石井麻美で活動する可能性あり!?

広瀬香美さんの元々の所属事務所がマスコミ各社に抗議している通り、もし「芸名」に問題があるのであれば法的な問題に発展すると思われます。

そうった時に、新しく設立した「女神努力株式会社」では広瀬香美という名前は使えなくなりますので、新しい芸名もしくは本名を使うことになるでしょう。

広瀬香美さんの本名は 「石井麻美(いしいまみ)」さんになります。

冬の女王 という名を欲しいままに、90年代のJ-POPを牽引した彼女の名前が、全く見慣れない石井麻美という名前に変わってしまうことは、ファンにとっても残念ですね。

 

既にネット上でも、「今度はどんな名前で活動するのか!?」という切り口で色んな噂が展開されています。

こういった噂が簡単に広がるのが現代のネット社会です。

こうなってしまったら、悪評を防ぐためにも双方が会見を開いて説明の場を持つべきだと思います。

責任がどうこうではなく、危機管理の一環として、実際に顔を晒して事実を伝えるということが、ファン

まとめ

女神努力株式会社の実態は、今後の広瀬香美さんのマネジメントと芸能活動から得られる利益管理、あとは現在行っている広瀬さん自身の活動とのバランスをとる為の事務所になりますね。

でも、まずは旧所属事務所の「オフィスサーティー」との「芸名問題」に関しては、今後も続くことですので、しっかりと解決されてから、気持良く新天地でのご活躍を応援したいですよね!

最後までご覧いただき有難うございました!

スポンサーリンク

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.