エリザベススマート誘拐事件 犯人はブライアンというモルモン教徒だった!被害者の現在はどんな生活を送っているのか?

エリザベススマート誘拐事件犯人a

「こんな誘拐事件が現実に起きたことがあるなんて・・・」

2018年5月5日放送の土曜プレミアムでは、全米を揺るがせた誘拐事件の特集がされるようですね。その誘拐事件とは「エリザベススマート誘拐事件」という信じられないような海外の事件です。

その宗教がもたらしてしまった犯罪なだけに、かなりの注目が集まりました。今回の記事ではその「エリザベススマート誘拐事件」の犯人や被害者、そしてその家族などの情報や事件の経緯などをまとめてみました。

スポンサーリンク

エリザベススマート誘拐事件の経緯

エリザベススマート誘拐事件犯人2

「エリザベススマート誘拐」事件は、アメリカ合衆国ユタ州のソルトレイクシティで起きた誘拐事件になります。

2002年6月5日、当時14歳であった少女・エリザベススマートが寝室で寝ている時に、自宅に侵入した何者かに脅されて、誘拐されてしまった事件です。

その日、両親は姉のエリザベススマートとメリー・キャサリンを自宅に残して、エリザベスが通っている学校の式典に参加する為に家から出かけていたようです。

自宅の鍵は全て締め切っていたようですが、何らかの手段でエリザベスの自宅に侵入し、脅した上で連れ去ったということです。

エリザベススマートと一緒に寝ていた、9歳の妹・メリーキャサリンは無事だったものの、同じように脅されたということが分かっています。

自宅に戻った両親は事態に気付き、すぐに警察に通報し事件が明るみになり、この凶悪でしかも特異な事件の性質から、全米に広がり、凶悪な事件として認知されました。

 

エリザベススマート誘拐事件 妹の証言を手掛かりに捜索開始

エリザベススマート誘拐事件犯人3

この事件の解決の為に鍵を握るのは、確実に一緒に寝ていたエリザベススマートの妹が持っている手掛かりでした。

妹は事件発生直後に、エリザベスと同様に脅され、泣いていたようで、まともに話が出来るようになるまでに約3時間ほどが経っていたとのこと。

妹からの事情聴取の中で、警察は「どこかで見たことのある顔、聞いたことがある声だったか」を聞きだしたところ、どこかで聞いたことがある声であったものの、それが誰かは思いだせないということを答えました。

それを手がかりにし捜査が進められて、地元のボランティアも含めた大々的な捜索が行われたものの、エリザベスの足取りはつかめず、事件はどんどん謎が多くなっていきました。

 

エリザベススマート誘拐事件 誤認逮捕された容疑者

警察の捜索はどんどん進められていき、このスマート家に関わる人物のリストアップに入っていきました。

その捜査線上に入った人物の中で、疑わしい人物が一人現れ、その人物を重要参考人として聴取・逮捕しました。その人物は リチャード・リシーという人物でありましたが、後にその男の逮捕は誤認逮捕であったことが分かり、捜査はスタート地点にもどることになります。

しかしながら、こういった捜査が繰り返される中で、エリザベススマートの妹から新たな手掛かりが口に出されます。

それは、

「過去にスマート家に出入りしていた、自称宣教師の男の声にそっくりだ!」

という証言でした。

 

エリザベスの両親はこの妹の証言を改めて警察に連絡を入れるも、警察は数週間も動かないまま時間が過ぎた為に、エリザベススマートの両親はテレビ番組での呼びかけを行うことになります。

そうすると、さらに新たな展開が生まれたのです。

 

エリザベススマート誘拐事件の犯人の妹からの匿名での通報

事件の捜索の手がかりをつかむ為にエリザベスの両親は、テレビの力を利用して全米に訴えかけます。

犯人に対しては「娘を返して欲しい」ということ、そして、視聴者には手掛かりを探しているということを訴えかけたのです。エリザベスの妹の証言から得られたヒントを元に描かれた犯人の似顔絵の元に。

すると、そのテレビ番組を見ていたある視聴者の一人から匿名で連絡が入ることになります。

「その男の名前を知っている。ブライアン・デイビッド・ミッチェルよ。」という、犯人の顔と名前を知る者から警察に対して通報が入ったのです。

(のちに、この連絡は犯人の妹からの通報であったと分かることになります)

この匿名での通報を元に、改めて捜査を進めると、事件が発生したソルトレイクシティでは「奇妙で不審な三人組がいる」という目撃情報が多数寄せられるようになっていきました。

これらの状況から、警察は通報のあった「ブライアン・デイビッド・ミッチェル」という男を指名手配し、事件発生から9ヶ月後の2003年3月12日に、事件が発生した同じユタ州のサンディでブライアンを逮捕しました。

エリザベススマート誘拐事件犯人1

同時に、そのブライアンの妻のワンダも逮捕され、エリザベススマートも無事に保護されました。

 

エリザベススマート誘拐事件の犯人・ブライアンと事件の真相

この逮捕されたブライアンという男は、敬虔なモルモン教徒の家庭で育ったと言われています。

13歳になると薬にも手を出すようになり、16歳のときには8歳の少女にいたずらをして逮捕されています。

それは幼いころから父親に虐待を受けていた経験から、自分も歪んだ性格になってしまった経緯があるようです。

 

このエリザベススマートを誘拐した経緯は、自分自身が教祖である新たな宗教をつくりだそうと、一夫多妻の状態にする為だったとしています。

その為、自身の妻がいる状態で犯行を行い、エリザベスを連れ去ったあとは、妻に命令してエリザベスに着替えをさせて、結婚を宣言させたということです。

想像するとかなり異様な状態ですね。。

その後もブライアンは常に自分の妻・ワンダとエリザベスと行動を共にしていて、エリザベスには変装をさせていたということで、この「奇妙な三人組」の状態が目撃情報としてあげられていたということになります。

エリザベススマート誘拐事件犯人4

ブライアンはその後、終身刑に処され、妻のワンダも懲役15年の刑が科されることになりました。

事件解決後に、この事件の異常性から、精神鑑定などが行われましたが、問題なく責任を有するということで有罪判決が下っています。

 

エリザベススマートの現在 子供はいる?

誘拐されたエリザベススマートには精神的な障害が心配されましたが、現在は通常の生活に戻ることができ、無事に大学も卒業しました。

ただし、2009年には犯人のブライアンが活動を行っていた 「モルモン教」 の宣教活動をパリで開始し、もしかすると、誘拐された時に行われた洗脳の影響があるのではないかとされています。

そういった活動が、「ストックホルム症候群」としてでている行為ではないかという噂がありますが、それらは一般的には明らかになっていません。

2012年にはこのモルモン教の教会で知り合ったスコットランド人の男性と結婚して、家庭を持っている身であることが分かっています。子供いるかどうかは分かっておりません。

まとめ

このエリザベススマート誘拐事件に関しては、全米が揺るがせた誘拐事件であるということで、かなり有名な事件です。

今回のように、メディアで報道されるぐらいの大きな事件になっていますが、この事件が起きてしまった根源は、宗教の力です。

何かを信じるということは、人の支えにもなりますし、他の誰かの人生を狂わせてしまうことにもなりかねないのですね。

 

今回のエリザベススマート誘拐事件について、なにかご感想やご意見などがある方は、ぜひコメント欄までお寄せいただければと思います!

宜しくお願い致します!

 

最後までご覧いただきまして有難うございます!

スポンサーリンク

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.