テレビ朝日 女性記者がハニートラップを仕掛けたのは事実なのか?『1年半』という期間が物語るものとは,,,

テレビ朝日女性記者名前3

福田淳一事務次官のセクハラ発言問題で、未だにセクハラ発言があったことを認めていないのですが、一方でネット上ではテレビ朝日の女性記者による今回の行動はハニートラップではないかという疑惑も持たれています。

もし実際にハニートラップであったとしてもそれに引っかかっている時点で終了ですが、、、

こちらの記事ではテレビ朝日によるハニートラップの真偽について、ネット上の情報を踏まえながらまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

テレビ朝日 女性記者によるハニートラップはあったのか?

財務省は各省庁の中でも特別な位置にあります。国のほぼ全てのお金を管理しているからですね。

その財務省の事務方のトップがあのセクハラ発言によって辞任に追い込まれたことは、ある意味、この国の財政管理の危機を示していると言っても過言ではないでしょう。

しかしながら、一方で今回の福田淳一事務次官には「ハニートラップ」が仕掛けられていたのではないかという疑惑が生じています。福田淳一経歴1

私は別の記事で「ハニートラップは無かった」という記事を執筆していますが、その執筆時に思っていたことは、「1年半という年月をかけてまでハニートラップを仕掛ける人物ではない」という見方をしていました。

しかしながら、当ブログの該当の記事を読んでいただいた読者様より、「もしハニートラップを本気で仕掛けるなら、1年半以上の月日が必要だと思います」という旨のコメントをいただき、ハッとさせられました。

確かに、本来に意味で使われるハニートラップとしては1年半よりも長い期間、対象者に張り込み、誘惑によっておびき寄せます。そういった意味では、今回のテレビ朝日の女性記者によるハニートラップがあったかどうかについては再考しなければならなくなりました。

結果として、この記事を書いている現段階では「ハニートラップはあった」のではないかと思い始めています。

スポンサーリンク

テレビ朝日 女性記者は進優子氏はどんな方なのか

今回の福田事務次官のテレビ朝日側の担当記者としてついていたのは、報道局経済部の進優子記者であるということが分かっています。

テレビ朝日による「福田事務次官にセクハラ被害を受けたのはうちの社員だった」という会見では、この記者のプライバシーに関わるということで、実名の公表はされておりませんでしたが、そのテレビ朝日の会見が行われた当日には実名がおもわぬ形で公開されることになりました。

こちらは民進党の大塚代表の定例会見の席ですが、ある記者からの大塚代表への質問で、「進優子」という実名が世に知られることになってしまいました。

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

実際、この質問を受けた大塚代表はこの名前にハッとするかと思いきや、スルー。

まさか民進党はこの名前を知っていたのではないかというぐらいのスルー加減だった為、「テレビ朝日と民進党が組んで、自民党を追い込んでいる」という感じの疑惑が同時に広がったのです。

では、この「進優子」という女性記者はどんな人物なのか?

画像はこちらです↓

テレビ朝日女性記者名前2

テレビ朝日女性記者名前3

進優子ハニートラップ1

名前:進優子(しんゆうこ)

生年月日:不明

出身地:不明

出身大学:不明

ということで、アナウンサーではなく報道局の記者であるため、そんなに情報が出ていません。

ただし、ツイッターに彼女の出演している動画がありましたのでこちらに掲載させていただきます。

おそらくこれからの報道の中で、実名がオフィシャルの場で公開されることはないかと思います。

テレビ朝日が会見の場で公開しないと言っていますからね。。

ですので、もしあるとすればネット上での個人メディアのみでの話の展開になるかと思います。

スポンサーリンク

テレビ朝日 女性記者の上司によるセクハラ黙殺疑惑

テレビ朝日はこちらの会見で、

・一度はこの女性記者から上司に相談があったこと

・相談を受けた上司は二次被害の恐れがある為に自社の報道を控えたこと

を公表しています。

この自社での報道は、他にもリスクがありますが、、、個人的にはこの女性上司がネット上でも話題になっているので気になってしらべてみました。

この松原さん、かなりネットで叩かれていますが、尊敬している方も多いようですね。

スポンサーリンク

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.