YOSHIKI 金スマ(動画)3/30放送分 父親の死,Toshiの洗脳騒動,HIDEの死など想像を絶する人生を語る。

YOSHIKI金スマ動画1

YOSHIKIが金スマで語った壮絶な半生。父親の死やバンドメンバーを襲う悲劇。それらを乗り越えて、涙ながらに語るYOSHIKIのX-JAPANにかける思いには心が打たれました。

こちらの記事ではそのまとめと動画などがUPされましたら掲載していきます。

※記事は随時更新していきますので、見るタイミングによっては中途半端で終わっている可能性があります。すいません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

YOSHIKIの実家

何不自由の無い裕福な家庭で育ったYOSHIKI。小さいころから病弱だったYOSHIKIをずっと支えたくれた家族。

 

その中でも、元々はプロのタップダンサーだった父親からの愛情は、それこそ何かと比較することの出来ないぐらいの愛情が注がれていました。(映画俳優としても活躍していたとのこと。)

 

「将来はピアニストになる!」というYOSHIKIの背中を押したのもお父さんだったようです。

 

いつも音楽の話を聞いてくれる父と優しい母親。本当に幸せな家族でした。

 

父親が自殺によって死を迎える

今も直視することが出来ないという父親の死。

小学校5年生の時の夏、突然過ぎるその出来事に、何を思ったらいいのかが分からなかったそうです。

 

YOSHIKIが完全にロックに目覚める

父親が亡くなったあとも、母親が「レコード買っていいよ!」と言ってくれたようです。

そこでレコード屋さんに行ったときに置いてあったのがロックバンド「KISS」のレコード。

自宅に帰って聞いてみると「全てを忘れられるような気分」が沸きだしてきたと言います。

 

母親との約束

「どんなに不良になっても勉強だけはしなさい」

「薬は絶対に手を出しちゃダメ!」

それだけは約束として言い渡されていました。そのせいもあって、どんなに不良でも学校の成績はトップクラス。県内で行われた模擬試験では唯一の数学満点者になるぐらいの成績だったようです。

だから中学の先生も「不良のヨシキくんが本当なのか?優等生のヨシキくんが本当なのか?どちらなんでしょうか,,,」とうやってお母さんは言われたようです。

 

YOSHIKIの高校入学と大学受験

どんなに不良でも成績は最後まで良かったYOSHIKI。結果として県内の進学校に進むことになったそうです。

 

そして、その学校には幼なじみのToshiも。彼はスポーツマンで体育会系。高校に入っても別路線を歩む二人でしたが、やはり仲の良さは変わらず、高校に入ってからも新しいバンドを結成することになりました。

 

ここで結成したバンドが「X」です。

 

アルファベット一文字の方がパンフレットに載ったときに目立てるということ。そして、X=無限の可能性という意味があるからということでこの「X」を選んだようです。

 

そのうち、進学校にいた二人には大学受験の時期がやってきます。音楽を本気で目指すなら音大を目指すということで猛勉強し始めることに。その甲斐あって音大への入学を決める。

 

しかし、当時からToshiはバンドのコンクールでベストボーカル賞、YOSHIKIはベストドラマー賞などをもらっていたことから、「もっとXには可能性があるんじゃないか?」そう思い始めた二人は、大学へはいかずに、本気でバンド一本で生計を立てていこうと決意する。

 

最後までご覧頂き有難うございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.