ミカン送る 詐欺の手口と対策はコレ!2段階の布石を打つ新手口には驚愕だが、しっかりと対策すれば大丈夫!

また新手の詐欺が横行しそうですね。その名も「ミカン送る詐欺」です。日々進化し続ける詐欺の手口ですが、しっかりと対策をすれば大丈夫!

今回のミカン送る詐欺の手口についての詳細と、詐欺に遭わない為の対策をまとめてみました!

ミカン送る詐欺の手口について

冗談でしょ!?と思えるような手口が存在するのが「詐欺」ですよね。

自分は絶対に大丈夫!と思っていても、プロの詐欺師はあの手この手で我々に襲いかかってきます。

今回発覚したミカン送る詐欺はこんな感じ。↓

「知り合いからミカンがたくさん送られてきたから、そっちにも送るよ」。離れて暮らす親を気遣うような電話。夫婦は相手が息子だと信じ込んだという。

電話は翌日もかかってきた。「株でもうけようと思って、会社の金を使ってしまって……」。オレオレ詐欺の典型的な手口だったが、夫婦は見抜けなかった。銀行から600万円を下ろし、訪ねてきた「会社の部下」を名乗る男に渡してしまった。

特徴としては、確実に罠にはめる為に2度の電話をかけているという点ですね。

いわゆる「布石」「伏線」をしのばせることで、相手の警戒心を解いて2度目の電話でしっかりと罠に落とす。

こんな手口を考える暇があるなら普通の仕事探せよ!とか思ってしまいますが、それは悪い奴らの思考にはないですよね。

私たちはこういった様々な手口の鷺から身を守る手段、対策をこうじていかなければいけません。

ミカン送る詐欺の対策はコレ!

これはオレオレ詐欺の進化verの詐欺の手口だと思っています。

電話だけでお金を振り込ませるものですので、顔が見えない中での詐欺対策を行わなければいけません。

今回、一番特徴的なのは2度の電話をしているということ。これを「予兆電話」と呼んでいるようです。

この 予兆→実際の詐欺 の流れを遮断するには、やはり「合言葉」が絶大な効果を発揮します。

例えば、うちの家族間で行っているのは、合言葉を電話毎に変えるという方法。

何かの用事で電話をしたら、必ず次の電話の時にお互いが分かるような合言葉を決める。

「次の合言葉はどうする?」

「じゃあ次の合言葉は 『次の旅行はどうする?』って聞くから、あなたは『指宿』って答えて!」

「わかった!じゃあ今からそれをメモするね!」

「ちゃんとメモした?」

「うん!ちゃんとメモした!」

ここまでやればOK!

これを毎回の電話で変えていきます。

そうすると、予兆電話があったとしても完全に対策することが出来ます。

 

みやぞんがCMをしている方法もいいですね!

 

特殊詐欺の種類とその対策

どこまでが特殊で、どこまでがそうでないか?その区別は曖昧ではありますが、少なくともその方法を聞いただけで「そんな手口があるなんて、、危険すぎる!」と思われるような手口は大体の確率で「特殊詐欺」と思った方がいいですね。

オレオレ詐欺

金融商品等取り引き名目

架空請求詐欺

ギャンブル必勝法提供名目

融資保証金詐欺

異性との交際あっせん名目

還付金等詐欺

警察庁のHPに特殊詐欺として挙げられている種類だけでこれだけの種別があるんですね。

この中でも一番目新しい詐欺の種類はなんといっても「オレオレ詐欺」ですよね。

この手口は通信手段の発達した、Face to Faceのコミュニケーションが希薄な現代を象徴する詐欺の手口ですよね。

このオレオレ詐欺が流行した数年前から、家族間でももっと直接的なコミュニケーションをとった方が良いのではないか?というような視点でアプローチされてきました。

今回のミカン送る詐欺についても同じようなことが言えると思いますね。

ミカン送る詐欺はまさに、オレオレ詐欺の流れを踏襲した詐欺手口だと言っていいと思います。

まだまだ進化し続ける詐欺に立ち向かう為に

今後もこういった新手口の詐欺が現れてくると思います。

ですが、しっかりと先述のようなコミュニケーションをとっていれば大丈夫です!

そう信じています。

子供を心配する気持ちは分かりますが、「お金」の問題は本人が解決すべきことであるとも思っています。

もし相談に乗るとしても、直接会って話すとかをしないとダメです!電話だけで片付けない!

元々のこういったスタンスがあればきっと立ち向かっていけます!

まとめ

しっかりと対策をしてしまえば大丈夫ですので、今回の「ミカン送る詐欺」も怖くはないでしょう。

ただ、普段とは違った様子だったり、声の違いだったりを瞬時に判別できるのは、普段からのコミュニケーションの密度の違いによって差が生まれてしまいます。

しっかりとその辺のことを踏まえたうえで、詐欺に遭わないようにしましょう!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.