宇野昌磨 世界選手権(2018)フリー(動画あり) 演技から見える彼の真価はこれ!

フィギュアスケート・平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨が、羽生結弦が欠場する中で真の優勝候補になりうるのか?というところに今回の2018年の世界選手権は注目が集まっていますが、果たして優勝できたのでしょうか?

ショートの前日練習では右足の不調により、5分で練習を終えるという事態になってしまいましたが、フリーではどんな演技をしてくれたのでしょう。こちらの記事ではその演技の結果も踏まえて動画なども掲載していきます。

宇野昌磨 世界選手権(2018)フリーの動画・結果

※2018年世界選手権の男子シングルフリーが終了し、宇野選手は見事銀メダルに輝きました!

 フリーの演技は下記の動画よりご覧ください!

今回の世界選手権と平昌五輪を比べた時に、状況として全く異なるのは、なんといっても「王者・羽生結弦」が、足の怪我によって欠場しているということです。

宇野昌磨の先輩スケーターとして、そして、世界王者として君臨している羽生結弦がいない中での世界選手権ですので、一般的な見方としては「宇野昌磨が優勝候補」ということで見られていますよね。

もちろんその通りなのですが、その若さ故の経験の違いがあるので、何とも簡単には優勝はさせてもらえないでしょう。

こちらでは、そんな宇野選手のフリーの演技を動画を見て振り返ってみたいと思いますが、まだこの記事を書いている段階で世界選手権2018のフリーはまだ競技を終えておりませんので、競技が終わり動画が公開された段階で記事を更新させていただきます。

※ショートプログラムでは5位に終わった宇野昌磨。その時のショートプログラムの演技をご覧ください↓

それまでは2017年の世界選手権の様子をご覧ください!

 

宇野昌磨 世界選手権での課題

平昌五輪では銀メダルを獲得した宇野昌磨ですが、金メダルを獲得した王者・羽生結弦とは決定的な差があります。

それはショート、フリー共に「表現力」の差です。

もっと言えば、ジャンプなどに関していえば公式大会での結果からみると、宇野選手は羽生結弦選手の上を行く難易度の4回転ジャンプを成功させているんですね。

羽生結弦は平昌五輪を迎える際に、最もその部分を恐れていました。宇野昌磨だけではありません。ネイサン・チェン選手などの有力スケーターも、ジャンプの難易度だけで言えば、羽生選手の上をいってるんですよね。

でも、羽生結弦の「表現力」がそのジャンプの難易度の差を埋めても有り余るほどの力量の為、常にトップ選手でいられるんですね。

宇野昌磨世界選手権2018フリー動画2

今回、宇野昌磨が羽生選手が欠場している中で、今後のスケート界により存在感を示す為には、その「表現力」を見せつけられるかどうか?という部分が非常に大きいと思います。

右足甲の痛みをこらえてのフリー

今回の2018年の世界選手権に関しては、大会直前にスケート靴を変えた事によって、右足の甲を痛めてしまい、ショートプログラムもかなりの気合いで乗りきったわけですが、フリーの時点でもその痛みは消えてはいないと思います。

もっと言えば、もし痛みが無かったとしても「気にはなる」状態だと思います。

その状態でフリーの演技に入っていかなければならないという事を踏まえると、身体的にも精神的にもリスクを抱えた状態で演技をしなければならないということですね。

まだ若い彼ですが、それでも無理を押して出場をするのは、今後の日本スケート界の為。

ここで自分までもが欠場してしまい、結果を出せなかった場合、日本男子勢からの出場枠が減ってしまうからですね。

もっと言えば、今後自分が出場できる可能性すらも潰しかねない事態になってしまうかもしれませんね。

その責任もあっての、痛みをこらえてのフリー演技。なんとしても頑張ってもらいたい!

宇野昌磨 ブログから見る超ポジティブシンキング

そんな宇野昌磨選手ですが、平昌五輪の後に自身のブログにこんな投稿をしています。

こんにちは昌磨です。

オリンピックが終わり、残るは世界選手権だけとなりました。
一つ一つの試合を全力で挑んで来た経験が自分の力になり、

オリンピックという大きな舞台で自分の演技が最後まで出来、

本当に練習して来た事が出せました。
その結果、銀メダルが取れたこと嬉しく思います。
今オリンピックのことを振り返ると緊張しなかった!ではなく他の試合同様、

程よい緊張感の中いつも通りの自分でいられたと思ってます。
また、試合を通して改めて自分の足りないところを発見できました。
今シーズン最後の試合笑顔で終えられるように練習に励みます!
応援ありがとうございました!これからもよろしくお願いします!

引用:http://www.shoma-uno.com/info#684

これを見ると、凄いポジティブだなー、と思います。

あの五輪の舞台で「程良い緊張感」と言ってしまう感じですからね。

このポジティブな姿勢があればきっと今大会も大丈夫なはず!

ぜひ頑張って欲しいです!

まとめ

今大会では宇野昌磨というスケート選手の真価が問われると思います。

平昌五輪後の大会なので、かなりの注目度が集まる中、自分らしく頑張ってもらいたいですね!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.