マススタートとは?ルールや見どころを平昌オリンピックの日本代表選手の展望も踏まえて丁寧に解説します

今回の平昌オリンピックから正式種目として採用されることになったマススタート。選手同士の駆け引きが見所となるわけですが、ルールがわからないとその面白さも半減します!

ということで、こちらの記事では今回の日本代表選手の動向も踏まえて、ルールや基本的な知識を解説していきます。

スポンサーリンク

マススタートとは?

 

※2018年2月24日追記:

高木菜那選手が平昌オリンピック・マススタートで見事優勝!!詳しくはこちら↓

高木菜那 マススタート(動画あり)自己ベストタイム・記録!五輪初代女王に輝いた走りはココが凄い!!
一つのオリンピックで金メダルを2個獲得!素晴らしい!高木菜那選手が団体パシュートに続いて、マススタートでも金メダルを獲得しました! 今回の金メダルに至った高木菜那選手の走りはどんなものだったのか!?せっかくなので振り返ってみたいと思います...

 

今回の平昌オリンピックから正式種目として採用が決まった、スピードスケートのマススタートという競技ですが、これは一体どんな競技なのでしょうか?

実際に行われている競技はこんな感じです。

 

 

総勢12名が一斉にスタートを切るこの競技。

1周400メートルをゴールまでに16周滑走します。その16周の間に獲得したポイントの高さで最終的な順位が確定します。

ポイントを一番獲得した人から順位が決まりますので、スタートからゴールまでの駆け引きが必ず発生することになります。

ポイントが加算されていくタミングは大きく分けて2つ。

一つは4周ごとに訪れるポイント加算

もう一つは最終的にゴールした時のポイント加算です。

4,8,12周それぞれを終えたときに、1位~3位までにそれぞれ5,3,1ポイントの中間ポイントが与えられます。

それらとは別にゴール順の1位~3位にファイナルポイントとしてそれぞれ60,40,20ポイントが加算されます。

この中間ポイントとファイナルポイントの合計を競い合う競技となる為、レースが開始されてからは、相手の動きを見ながら柔軟に戦略を変えていく必要があります。

また、先ほどの動画を見ていただければ分かるのですが、1周目はどの選手もゆるく滑走しています。

これは、かなり多くの選手が一斉にスタートすることになりますので転倒などを避けるための処置なんです。

テレビを見ていても「なんであの選手は追いぬいていかないの?」というような状況が生まれますが、1周目は「追いぬき」「加速」禁止というルールがあるので、そういうことです。

高木菜那 かわいい(画像)じゃないか!?高木美帆とのスケート姉妹だが性格は全く違うのも良い!!
平昌オリンピックでのチームパシュートで金メダル候補にあげられている日本。そのチームジャパンを引っ張るのが、高木菜那選手。 既に個人種目の1000m,1500mでメダルを獲得している高木美帆とは姉妹で、名実ともに日本を代表するスケート姉妹で...
高木美帆(平昌五輪)動画まとめ【最新】スケート界の宝と呼ばれるメダル最有力候補の実力やいかに!
今回の平昌オリンピックでメダル量産体制に入っている高木美帆選手。かつて、史上最年少でオリンピックの代表選手に選ばれた彼女の平昌オリンピックでの勇姿を動画にてまとめてまいります。スケート界の宝と呼ばれる実力を発揮することは出来たのか?
高木美帆 すじで本物としての証明を!史上最年少15歳で五輪代表に選ばれるも、味わった挫折と兄弟のキズナ
平昌オリンピックのスピードスケートの金メダル候補に名前が挙がっている高木美帆選手。そのすじは本物で、過去にはスケート以外の才能も開花させていたんですね。それらを様々な画像も含めて情報をアップしていきます!

 

マススタートのルールから見る「駆け引き」

 

マススタートは「団体戦であり、個人戦である」と言われています。

マススタートの決勝には各国から2人まで出場することがでるのですが、これがそう言われる所以です。

一人が他の国の選手のペースを崩し、自国の選手が戦いやすいように仕向ける。

それを各国の選手が行うと、さらに心理戦の要素が大きくなります。

もっと言えば、この心理戦の引き金になっているのは先述した「中間ポイント」がそうさせているということもあります。

最終的に加算されるファイナルポイントが大きな割合を占めますが、仮に中間ポイント全てを1位で通過した場合は、相当なポイントを稼げることになります。

そうなると、最終ポイントを狙っている選手も焦らざるを得ません。

こういった特殊なルールがあるからこそ、単純な走力のみで結果が読めないという面白さがありますね!

 

今回の平昌オリンピックでは、各国の参加者を2組に分けてそれぞれ準決勝として実施。

準決勝の上位各6人が決勝レースにのぞむ事になります。

メダルが期待される日本女子は、髙木菜那選手と佐藤綾乃選手が準決勝にエントリーされて、同じくメダルの期待もあった高木美帆選手は今回はエントリーされませんでした。

今回高木美帆選手は多くの種目に出場している為、日本チームとして考えた場合には、コンディションを考えて、少しでもメダル獲得の確率を上げたいという意図だと思います。

 

まとめ

 

マススタートを五輪で見れるこのワクワク感!

たまりませんね!

メダルの期待が持てるのもじつに楽しいです!

日本代表選手にはぜひ頑張ってもらいたいですね!

 

最後までご覧頂き有難うございます!

スポンサーリンク

 

高木菜那 かわいい(画像)じゃないか!?高木美帆とのスケート姉妹だが性格は全く違うのも良い!!
平昌オリンピックでのチームパシュートで金メダル候補にあげられている日本。そのチームジャパンを引っ張るのが、高木菜那選手。 既に個人種目の1000m,1500mでメダルを獲得している高木美帆とは姉妹で、名実ともに日本を代表するスケート姉妹で...
高木美帆(平昌五輪)動画まとめ【最新】スケート界の宝と呼ばれるメダル最有力候補の実力やいかに!
今回の平昌オリンピックでメダル量産体制に入っている高木美帆選手。かつて、史上最年少でオリンピックの代表選手に選ばれた彼女の平昌オリンピックでの勇姿を動画にてまとめてまいります。スケート界の宝と呼ばれる実力を発揮することは出来たのか?
高木美帆 すじで本物としての証明を!史上最年少15歳で五輪代表に選ばれるも、味わった挫折と兄弟のキズナ
平昌オリンピックのスピードスケートの金メダル候補に名前が挙がっている高木美帆選手。そのすじは本物で、過去にはスケート以外の才能も開花させていたんですね。それらを様々な画像も含めて情報をアップしていきます!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.