高木菜那 かわいい(画像)じゃないか!?高木美帆とのスケート姉妹だが性格は全く違うのも良い!!

平昌オリンピックでのチームパシュートで金メダル候補にあげられている日本。そのチームジャパンを引っ張るのが、高木菜那選手

既に個人種目の1000m,1500mでメダルを獲得している高木美帆とは姉妹で、名実ともに日本を代表するスケート姉妹です。

その高木菜那選手ですが、「超かわいい」と話題を呼んでいますので、かわいい画像のまとめや、彼女の性格、血液型、それと彼氏がいるかどうかなどをまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

高木菜那選手のプロフィール

 

平昌五輪でのチームパシュートで金メダル候補にあがっている日本女子チーム。そのコアメンバーになっている高木菜那選手のプロフィールをまとめてみたいと思います。

 

 

[su_box title=”高木菜那選手 プロフィール” style=”soft” box_color=”#4781fd” title_color=”#ffffff” radius=”4″]

氏名: 高木菜那(たかぎなな)

生年月日:1992年7月2日(25歳)

出身地: 北海道中川郡幕別町

身長: 155cm

体重: 48kg

血液型: A型

所属: 日本電産サンキョー [/su_box]

既に平昌オリンピックで1500m銀メダル、1000m銅メダルを獲得している高木美帆選手のお姉さんですね。

年齢的には2つ離れています。

スピードスケートを始めたきっかけは、ものごころついた時には兄がスケートを始めていて、それに影響されたのがきっかけだったようですね。

小学校5年生の時に学年別の小学生チャンピオンに輝き、中学に進学したあとも、1000m、1500mで全国区の成績を叩きだし、その名前が知られることになります。

高校2年の時に国体の1500mで優勝すると、一気にその活躍は世界への入り口となり、世界ジュニアスピードスケートでは銀メダルを獲得して、実力は世界レベルに到達しました。

また国内の大会では3000mという長距離の種目にも挑戦をしていき、次第に国内では長距離の強化選手として注目されはじめる事になります。

そして、4年前のソチ五輪には日本代表選手として選出されるに至り、今回の平昌オリンピックでは2大会連続出場を果たしています。

 

スポンサーリンク

高木菜那選手のかわいい画像まとめ

 

高木菜那選手が超絶かわいい!」という評判を呼んでおりますので、その高木菜那選手のかわいい画像をまとめてみたいと思います。

 

 

高木菜那選手は、妹の高木美帆選手と比べると、女の子らしいタイプの方ですね。

それは姉妹でも同じ認識らしく、いつも女の子らしい洋服や振る舞いを好む姉・高木菜那と、いつもボーイッシュはものを好む妹・高木美帆選手という性格のようです。

血液型もA型ということで、几帳面な性格のようですね。

見た目からはB型のような活発さが感じられるような表情が多いですし、チームパシュートの中でもとても活動的なイメージなので、勝手にB型のイメージがありましたが、、、

こんなにかわいい方なので、きっと彼氏がいるのだと思って調べてみましたが、詳しい情報は出てきませんでした。

きっとこの平昌五輪でも多くの人が注目していると思いますので、新しい情報が出てきましたら、再度記事を更新させていただきます。

 

高木菜那・高木美帆姉妹の確執

 

実は高木菜那選手と妹の高木美帆選手との間には、ちょっとした確執があった時期がありました。

それはバンクーバーオリンピックが開催された8年前のことです。

妹の高木美帆は代表に選ばれ、姉の高木菜那選手は代表選手からもれてしまったのです。

その頃、高木菜那選手は、

「妹の代表のユニフォームを燃やしてしまいたい」

「正直、転べばいいのに、と思っていた」

というような嫉妬心が芽生えていたと語っています。

 

[su_youtube_advanced url=”https://youtu.be/hKnZN-ejeXU” showinfo=”no” theme=”light”]

 

スポンサーリンク

高木菜那のオリンピックにかける思い

 

妹の美帆が出場したバンクーバーオリンピックでは、観客席から「応援」をしていた高木菜那選手。

それまでは妹が一番早い選手だと思っていたのが、「こんなにも妹よりも早い選手が世界にはいるんだ。。」と再認識したそうです。

そこから意識が変化して、妹のみならず、「世界レベルの選手に勝ちたい!」と心底思ったそうです。

この時点で高木菜那選手のオリンピックにかける思いはどんどん強くなっていきます。

つまりは、それまで妹の背中を追い、そのレベルに達しようと思っていたスケート人生を、もっと俯瞰してとらえ、もっと自分を高めたいと思ったのだと思います。

結果、バンクバー五輪から4年後のソチ五輪では高木美帆選手は落選。姉の高木菜那選手は代表に選出

まずは出場するとい夢がかなった瞬間でした。

 

高木菜那、パシュートで金メダルなるか!?

 

ソチ五輪では残念ながらメダルを獲得するところまでは記録をのばすことが出来ませんでした。

そして迎えた平昌オリンピック。

今度は本気になった高木美帆選手と共に姉妹での代表選出。

今季のワールドカップでは3戦連続で世界新記録を出している日本女子チームです。

今大会のパシュートは間違いなく、この高木姉妹の存在が大きく貢献しており、普通に実力をそのまま出せれば、日本チームが金メダルを獲得することはほぼ間違いない状態です。

(予選では少しミスが出てしまいましたが、それでも余裕の滑走で2位で準々決勝を通過)

 

おそらく今回平昌五輪は日本が主役であり、金メダルも手中におさめたと言っても過言ではありませんね。

 

まとめ

 

高木姉妹の活躍が期待されるパシュートですが、メダルの色よりも何よりも、姉妹で納得のいく滑りを見せていただきたいですね!

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    マジに 可愛い  
    いいなぁ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.