堀島行真 平昌オリンピック モーグル(動画あり)結果 予選・決勝共に超新星の世界一の高さで金メダルを狙う

今回の平昌オリンピックのモーグル競技は何と言っても堀島行真選手が最注目選手となります。こちらの記事ではモーグルの予選、決勝の模様を動画で振り返ってみたいと思います。結果や最新の情報が入りましたら記事は随時更新を行ってまいります。

スポンサーリンク

堀島行真 平昌五輪モーグルの動画まとめ!

※平昌オリンピックの予選・決勝の動画は、競技終了後に記事更新を行い、動画をUPさせていただきます。

見事!原大智選手が銅メダル獲得!

2月12日追記 堀島選手の決勝2本目で転倒でフィニッシュできず。。残念です!

動画は後ほどUPさせていただきます。

2月8日追記 堀島選手の予選の滑走動画をUPしました↓

2月12日 追記 原大智選手が見事銅メダル獲得!!

 

今回のスリースタイルスキーだけではなく、全種目を通して、最注目選手の一人と言っても良い堀島行真選手。

若干20歳の超新星は、日本代表のポスターのセンターを堂々と奪取 笑

 

これだけ期待の掛かった理由にはある理由があるのです。

それは、2017年度のアジア大会、世界選手権を制覇。そして、今年2018年に入ってからもW杯で1勝を上げるなど、目覚ましい活躍をしているからなのです

これが彼の凄さです。

世界選手権初出場で、絶対王者・キングズベリーを抑えて、優勝してしまうのです。

これで一気に世界の強豪からも注目されることになりました。

スポンサーリンク

突如として現れた超新星・堀島行真

それではここで堀島行真選手のプロフィールを見てみましょう。

堀島行真選手 プロフィール

名前:堀島行真(ほりしまいくま)

生年月日:1997年12月11日

出身地:岐阜県

所属:中京大学在学中

小学校4年生の時に本格的にモーグル競技を始めて、2014年に世界ジュニア選手権デュアルモーグルで7位入賞を果たします。

それ以降もメキメキと実力を伸ばし、2017年のアジア大会にてモーグル及びデュアルモーグルで優勝

そして、同じく2017年の世界選手権で初出場・初優勝を果たしました。それが先ほど見ていただいた動画になります。

この世界選手権優勝を機に「堀島行真」という名前を世界中に轟かせることとなりました。

2018年に入ってからもワールドカップのトレンブラン大会にてモーグル優勝を決めました。

その時の動画がこちら↓

 

もはや日本国内のみならず、世界中がこの選手に一目置いているのです。

最大の宿敵 絶対王者キングズベリー

この堀島行真の金メダル獲得の前に立ちはだかるのが、モーグル界の絶対王者である、カナダのキングズベリー選手です。

スキー王国カナダのまさにスキーの申し子。

全くブレない上半身から繰り出される安定したターンと、その安定感のままに入るエアは、まさに芸術。

25歳の若さにしてもはやカナダの英雄と呼ばれるほど、カナダでは知らない人がいないぐらいの選手です。

ワールドカップ総合6連覇、ワールドカップの通算優勝記録も更新している、名実ともに「絶対王者」の名を欲しいままにする選手が、今回の堀島選手の最大のライバルとなります。

堀島行真に寄せられる期待

 

やはり彼に期待を込めている方はちょっと探しただけでもかなりの数見受けられます。

堀島選手の最大の武器は「ターンの速さ」です。

世界選手権の様子から見ても分かる通り、「目にも止まらぬ速さ」というのはこういうことか、と思えるような速さでスピードを殺さずにエアーに入っていきます。

そのままの勢いで第2エア、最期のターンまで入っていくので、彼がタイムで負けることが少ないのです。

キングズベリー選手と比べると、ターンとエアーの技術的な部分ではほぼ互角か、エアーに関してはやや上です。

さらにそこにスピードが加わり、十分に金メダルを狙える戦湯である事が分かります。

まとめ

今回のフリースタイルスキーの中でも最有力の金メダル候補の選手です。

最後になって触れていないことに気付きましたが、堀島選手はエアーの「高さ」にも注目です。

エアーの高さ、ターンの速さで金メダルをもぎとれるか!?

最新の結果、動画は情報の更新があり次第こちらの記事でお知らせします!

スポンサーリンク

こちらもあわせて!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。