小室哲哉 引退会見(動画フル)はコチラ!看護師との不倫報道以前を振り返りながらしっかりと謝罪しながら説明する姿は寂しさも。。

小室哲哉が文春の不倫報道を受けての謝罪会見を都内で行いましたが、それが同時に引退会見となってしまいました。。C型肝炎を発症していたという事実も告白し、涙ながらに今回の報道に対しての謝罪を行いました。今回の引退会見について、フル動画がありましたのでそちらの動画と小室哲哉の過去の結婚歴・離婚歴などをまとめてみたいと思います。


スポンサーリンク




小室哲哉 引退会見のフル動画はこちら

小室哲哉が涙ながらに語った闘病生活との葛藤。。妻・KEIKOのリハビリ生活にも付き添いながら、なんとも辛い日々を過ごしたのでしょうね。でもその葛藤を他の女性に求めてはいけませんね。

文春の独白インタビューにも答えている通り、KEIKOはクモ膜下出血で倒れたあと、「女性」というよりは「女の子」に見えていたということを語っています。「女性」に対しての欲求を看護師のAさんに求めてしまった。それが今回の報道の発端になっています。

それではこちらが引退会見のフル動画となります。ご覧ください↓

小室哲哉が最初に語ったのは著作権詐欺事件から

小室哲哉の破滅への道はやはり著作権詐欺事件で逮捕されたところからだったと語っていますね。

あのときは、個人資産100億とも言われていた頃で、強烈なJ-POPブームに飛び乗り、安室奈美恵、華原朋美、篠原涼子、TRF、そしてglobeと、飛ぶ鳥を落とす勢いでヒット作を生み出し続けていました。

日本で送りだした音楽コンテンツの受けが良い為、小室哲哉は海外への音楽配信会社の出資に乗り出します。この時、かなりの個人資産を投入したと言われていますが、この出資が完全にスベる結果となったのです。

ここから小室哲哉の自転車操業の生活が始まり、遂には著作権譲渡詐欺に手を染めてしまう結果となりました。この時に、検察官にいわれたそうです。「この短期間で人生の上も下も経験している人は滅多にいません。地獄を見てきてください。」と。

この時に小室哲哉はKEIKOに離婚を申し出たそうです。「このままだと迷惑がかかるから。。」と。KEIKOはその申し出を断り、小室哲哉を支えていく覚悟をしたわけです。なぜ、この気持ちを分かってあげられなかったのか。。。それを考えると本当に悔しいですね。


スポンサーリンク




小室哲哉の結婚歴・離婚歴を振り返る

小室哲哉は過去に2回の離婚歴があります。

一度目は大谷香奈子という女性です。この大谷香奈子は「キララとウララ」というアイドルユニットとして活躍していたアーティストで、ご結婚されていたのは、TMN時代の1988~1992年頃ですね。

二度目は吉田麻美という女性で。彼女は小室哲哉が絶頂期に立ち上げた音楽ユニット「KISS Destination」のボーカルを務めており、ちょうどその音楽ユニットの立ち上げ間もなくに結婚しました。

ここまで大谷香奈子との離婚→華原朋美との交際→吉田麻美との結婚という形で、華麗なる女性遍歴を辿ってきた小室哲哉ですが、やはり浮気癖があったようですね。その時に吉田はある人物にその事を相談します。

それがKEIKOです。

この話を聞いた時は驚愕でしたね。。。本当にそんなことあるんだぁと。

最終的には小室哲哉はこの吉田麻美に多額の慰謝料と毎月の子供の養育費を支払うことを決めて、離婚する事になります。

このあとすぐにKEIKOとの電撃結婚をすることになりますが、「KEIKOの不倫略奪愛」という風な報道をされることもありましたね。そう言えば。。。


スポンサーリンク




小室哲哉の今回の不倫報道に登場した女性

今回の週刊文春の報道に関しては、登場人物は基本的には小室哲哉と看護師のA子さん。KEIKOを実家の大分に帰した上で、看護師のAさんとの密会を繰り返していたという事実があります。

それは冒頭で話をした小室哲哉自身のC型肝炎の闘病、そしてKEIKOの介護生活、多忙な仕事のストレスからくる葛藤。これがらが原因でこの看護師Aさんとの不倫関係に陥ってしまったことになります。

ちょうどこれが小室哲哉とこの看護師A子さんが出会って数年したぐらいの時の写真ですね。

そしてこちらが文春の報道に出てきた画像です↓

腕を組んでしまっていますから、完全にアウトですね。。

実はこの女性と小室哲哉は、過去に「クロスロード」というドキュメンタリー番組で一緒に画面に映っていたことがあります。それがこちらの画像です↓

人生って色々ありますが、これを見ると、悪いことは出来ませんね。。。

今回の小室哲哉の引退会見で見せた涙。。。個人的にはファンでしたのでとても悲しく思います。

今後の小室哲哉の引退会見後の新しい情報が出てきましたら、再度記事を更新させていただきます。


スポンサーリンク





こちらもあわせて!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。