小室哲哉 不倫相手は看護師!まさか自宅で寝たことを認めるとは思わんかったなぁ。。

遂に小室哲哉に不倫報道が出ました。報じたのはもちろん文春なわけですが、その報道の中で、不倫相手とされているのは、看護師として働くAさん。

自宅や高級マンションでの密会をしていたということで、文春的にはもちろんその相手の看護師を特定しているわけですが、今回の不倫疑惑は真実なのでしょうか?それともただの誤解なのでしょうか?

スポンサーリンク

小室哲哉 不倫相手は看護師のAさん。

今回の報道で分かっているのは小室哲哉の不倫疑惑の相手とされているのは、都内で看護師として働く「Aさん」ということでした。既に小室哲哉本人への週刊文春のインタビューも敢行されており、文春の発売と同時にそのインタビュー内容も明らかになるかと思います。

今回の報道でクローズアップされているのは、妻・KEIKOを大分の実家に帰した上で小室哲哉の自宅に看護師の女性を泊めたという点がおそらく一番フォーカスされている点だと思います。ただ、押さえておかなければいけない点は、不倫相手ではないか?とされている看護師の女性は誰なのか?ということですね。

もちろん週刊文春としてはその女性の特定は終えているわけですが、単純に一般人として疑問に思うのは、「にんにく注射」を看護師一人で出張で打ちにいくのでしょうか?笑

いや、そりゃあ小室哲哉のような有名人が通院するクリニックと、私のような一般人が通院する病院とでは違いがあると思いますが、思い返してみれば斉藤由貴さんの不倫報道の時も、事務所に出張で来てくれた医師との不倫でしたので、「またかよ!」と思ったのです。

正直、そんな出張システムのクリニックに行ったことがないので分からないのですが、ただの不倫の言い訳なんじゃないとかと思います。

現在後悔されている画像は下記。

 

 

報道の中では、

 

この女性、A子さんはシングルマザーで、柴咲コウ似の美女。小室とA子さんの出会いは数年前、彼女が看護師として勤めていたクリニックで、ビタミンB1を主成分とする“ニンニク注射”を受けたときに遡る。やがて小室のスタジオ、そして自宅に彼女を呼んで個別に接種を受けるようになり急接近。患者と看護師だったはずの関係が、いつしか男女の仲へと発展した。

 

というような紹介のされ方をされていますが、「自宅に彼女を呼んで個別に接種」って、そんなに一般的に行われていることなんでしょうか?しかも医師ではなくて看護師ですよw

 

まあ、そこからの想像はこの画像をみてどう判断するかですよね。個人的にはこの写真を撮られる時点で、どんな弁明をしようともアウトだと思います。

また自宅で注射かよ KEIKOと義母の心境は複雑極まりなく。。↓

小室哲哉 文春(画像あり)で不倫疑惑!また自宅で注射かよ KEIKOと義母の心境は複雑極まりないでしょう。。
あの献身的な妻・KEIKOの看病でイメージUPに繋がった小室哲哉ですが、文春砲がさく裂しましたね!しっかりと画像に収められたようです。 不倫相手は看護師のAさん。自宅に呼んで個別でビタミンの注射を打ってもらっていたところからの仲らしいです...

小室哲哉 看護師(画像あり)はこの人?

小室哲哉 看護師(画像あり)はこの人?勤務先は六本木のクリニックである事が濃厚か!?
小室哲哉に文春砲がさく裂した件で色々と情報収集をしていくと、なかなか面白い記事を発見しました。というのも、不倫疑惑の出ている看護師の女性のAさんについて、画像の他にも勤務先がどうやら六本木では無いかという情報が出ております。ひそかに囁かれて...

小室哲哉 ニンニク注射(クリニック情報あり)

小室哲哉 ニンニク注射(クリニック情報あり)がもたらす家族崩壊!あの言葉は嘘だったのか、、また地獄を見ることにならなければいいが。。
小室哲哉に襲いかかった文春砲。「裏切りのニンニク注射」という超刺激的な見出しでスクープされたヒットメーカーの不倫騒動はどこまで世間を騒がせるのか? 不倫相手とされている看護師の女性とも数年来の仲ということで、長い期間、妻・KEIKOを裏切...

 

小室哲哉はなぜ「一緒に寝た」ことを認めたのか?

今回の報道で不思議なのは、小室哲哉がこの看護師の女性と一緒に自宅の部屋で一緒に寝たことを認めているという点です。

他と比較のしようが無いのですが、例えば、昨年同じようなケースで不倫が発覚した斉藤由貴さんは、最初は頑なに不倫関係に無いことを認めませんでした。あの記者会見も皆さんの記憶に新しいと思います。

記者の「一線は越えたのか?」という質問に対しても「いや、そういったことではないので。。」という斉藤由貴ワールドを最後までつき通した感じです。

でも今回の小室哲哉の場合は、最初の報道の時点で事実は認めています。この女性と密会をしていた事実を。

それには何かの理由があるのでしょうか?

文春オンラインの記事では、

 

A子さんの存在に、KEIKOの母親は「ショックです……」と言葉少なに語るのみ。

 

という義母の心境が掲載されてはいますが、実際の所、妻・KEIKOにはこの看護師の女性の事は「信頼できる看護師」として話をしていた可能性もあります。そうでなければ、そう簡単に認めたりはしないでしょう。

 

12月中旬にある女性宅に泊まり、1月上旬には都内の高級ホテルで密会。ふたりは夕方、腕を組み部屋を後にした。そして1月13日、KEIKOを大分の実家に帰したその日、同じ女性を自宅に入れ、一夜を共にしたのだ。

 

こういった報道のされ方をしていますが、実際はKEIKOは把握していた可能性もあります。

 

本当に、最近の小室哲哉は音楽活動を真剣に行っているようですし、それが客観的にみてもわかるぐらいですから、その多忙な生活の中でビタミンを主成分とする「にんにく注射」を打って頑張る夫の様子をKEIKOは見ていたと思います。

 

看護師の女性とも二人きりになることもある程度想定できる状態になっていた。だから小室哲哉も最初の報道が出た段階で、早めに認めて、本当の話をしようと思ったのではないかと思っています。(そう思いたいです。)

 

自らの不倫疑惑については「誤解を招く甘い言動が多々ありました。本当に申し訳ないと思っています」とした上で“男女の関係”を否定。だが、A子さんと自分の部屋で“一緒に寝た”ことは認めた。

 

「誤解を招く甘い言動」これは良く聞く言葉ですね。昨年からもう聞き飽きました 笑

 

それ以外の小室哲哉のインタビューを文春発売後に公開されるようなので、その内容も分かり次第記載していきたいと思います。

 

最後までご覧いただき有難うございます!

スポンサーリンク

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.