トドメの接吻 ネタバレ(2話)あらすじ&感想 #2 なぜ・・殺される!?さらに加速する旺太郎の転落。殺人未遂で逮捕!?

ドラマ『トドメの接吻』の2話のネタバレ・あらすじについて書いていきます。放送中にも随時更新を行っていきますし、放送終了後も新しい伏線の発見などがあれば記載していきます。放送までは1話目を改めて視聴して感じている伏線などの情報も記事にしていますので、ぜひお楽しみいただければと思います!


スポンサーリンク




トドメの接吻 2話のネタバレ&あらすじ 感想

今回の2話目では、エイト(山崎賢人)が殺人未遂容疑で起訴されることになったようです。ただ、予告の中ではどういった形か分かりませんが、すぐに留置所からは出られた状態の様子が映っていたので、大した問題では無かったようです。

そして、エイト(山崎賢人)と美尊重(新木優子)の関係にも少しは発展を見せている状態になります。二人とも着物姿のシーンがあるので、「お見合い?」とも思ったのですが、ドラマのテーマが「邪道ラブストーリー」なのでそんなに簡単に事が進むとは思えませんが 笑

いずれにせよ、今回の『トドメの接吻』は原作無しの完全オリジナルストーリーです。

2話目のネタバレ、あらすじに関しては、2話目を見たときにライブ中継のごとく記載していきたいと思います!

それではネタバレ、あらすじはこちらから↓

トドメの接吻 2話のネタバレ&あらすじ↓

「あなたは狙われている」

そうエイトに告げるキス女・佐藤宰子。しかしエイトは自分がこ宰子のキスによって散々な目に合っている為、落ち着いてその話を聞くことは出来ない。そのまま、宰子に襲いかかるが、周囲にいた男性に止められ、交番に連れていかれることになる。取り調べをうけるエイトだが、これまでエイトが体験してきた不思議で、そして腹立たしい現象を交番の警察官に話をするが、信じてもらえない。


奈緒がエイトの店に御祖日に


スポンサーリンク




トドメの接吻 前回のお話を振り返って、伏線を発見したかも?

1話目を終えて感じた事は、執拗にエイトとカズマがやり取りを行っているということです。そんなに深い関係では無いはずなのに、後輩ホスト・カズマはエイトに対して超強力的な一面を発揮します。

特にホスト集団の派閥争いなどの描写がされていないにも関わらず、常にエイトの隣にはカズマがいる感じには不自然さを感じましたし、「キスで男を殺す女」=小暮いさ子 の逮捕情報などについても、すかさず情報提供するあたりは、今後の何かのヒントになっていきそうです。

また、門脇麦が演じる本当のキス女がエイトを襲った後、もしくはその現場にはカズマはかなりの回数立ち会っていますよね。これは偶然でしょうか?

ここにも何かヒントがあるかもしれません。

さらに菅田将暉が演じるストリートミュージシャンの存在と、門脇麦のキス女との関係も気になるところですね。1話目の終盤にキス女の学生時代の写真を見て、「みつけたー」というセリフを放っていること、そして、エイトに対して「タイムリープ」の話を教える所は、ただならぬ関係であることをうかがわせます。

1話目からかなりの回数のタイムリープを繰り返しているエイト。2話目以降ではどんな話の流れになるのか?注目が集まります!

エイトの両親と12年前のクルーズ事故について

まだまだこの12年前のクルーズ船転覆事故に関しての情報は少ない状態です。今、エイトの家族で生きているのはエイトと母親(奥貫薫)で、弟の光太は「行方不明」という設定。(実はカズマがエイトの弟である可能性の今のところ否定できない。。)

まだ親子の直接的な接点は母親からエイトにあてられた電話のみですが、そこにはエイトの中にある父親絡みの「壁」があるのでしょう。クルーズ船の事故以降、この家族にどんな変化、悲劇があったのかも、これからの話数の中で明らかになっていくことと思います。

また、母親がこのタイミングで興信所の男(岡田義徳)に弟の捜索を依頼していることからも、「弟はまだ死んではおらず、なんらかの形で登場するのでは?」という期待感をもたらしてくれています。今後はこういった所にも注目していきたい所です。

まだまだ謎の多い『トドメの接吻』ですが、その分期待感も膨らみますね!


スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。