斉藤由貴 モルモン教やめた?開業医との不倫疑惑にはコレが関係している?

斉藤由貴さんが敬虔なモルモン教徒である事は周知の事実ですが、今回の開業医との不倫疑惑の報道でモルモン教やめたのか?ということも噂されています。それを語るには現在の夫との結婚時期までさかのぼる必要があります。モルモン教が引き合わせた運命とは!?

 

スポンサーリンク

斉藤由貴 モルモン教やめたの?の真実

 

斉藤由貴さんはかなり古くからのモルモン教徒であることはかなり多くの人が知っている情報にはなるわけですが、知らなかったという人の為に、一度モルモン教とはどんな宗教なのか?ということをおさらいしていきましょう。

 

モルモン教として知られている末日聖徒イエス・キリスト教会は1830年にアメリカ合衆国にてジョセフ・スミス・ジュニアによって創始された。その呼称は教典のひとつであるモルモン書に由来する。宗教学上はキリスト教の新宗教に分類されている。キリスト教福音派の尾形守による著書『異端見分けハンドブック』では、三大異端としてエホバの証人、統一教会とともにモルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教会)を挙げており、伝統的な立場にあるカトリック・プロテスタント・正教会では公式サイトにて一致して異端と表明している。
日本語でモルモン教という場合、現在の末日聖徒イエス・キリスト教会を指し、分派した他の教会(コミュニティ・オブ・クライストなど)は含まれない。

 

というように、モルモン教自体はキリスト教から派生した新宗教であることを打ち出していますが、キリスト教の正統派からしてみれば、エホバの証人、統一教会と共に三大異端として、位置づけているようで、正統派・モルモン教の間にはある一定の距離、溝があるようですね。

 

ただ、この宗教がどうのこうのという事ではなくて、一番重要なのは斉藤由貴さんのこれまで歩んできた人生、芸能生活とこのモルモン教、果ては夫・小井延安(いさらいのぶやす)さんとの結婚までにこのモルモン教の存在があるという事です。

 

このモルモン教なのですが、宗教の性格を表す律法というのがあるようです。

 

代表的なものは3つ。

 

・飲食に関する律法
・献金に関する律法
・純潔の律法

 

この3つです。

 

飲食に関するものに関しては、他の宗教でも見られるタバコやアルコール、コーヒー、お茶などの嗜好品は摂取しないという事です。もちろん違法薬物に関しても同様です。

 

これは神様から授かった身体を健康な状態に維持する為の教えになります。芸能界という世界に身をおいてこれらを摂取せずに維持する事は大変だと思いますが、斉藤由貴さんは忠実にこの教えを守っていたようですね。

 

50代半ばにしてあの衰えない美貌というはこういったところからくるものなのでしょう。

 

次に、献金に関する律法ですが、これは教徒・信者ではない私からすると、キャン感的にその根拠が興味深いのですが、年収の10分の1を団体に献金するというものです。

 

これがおそらくモルモン教の教え、神様の加護を受ける為に必要なお金になっており、さらには教会の運営資金になっているのだろうと思います。斉藤由貴さんは芸能界でも現役でお仕事をされていらっしゃいますからかなりの額の献金になりそうですね。

 

最後の純潔の律法。これが今回の開業医との不倫疑惑にも絡んでくるのですが、これは結婚する前に男女の性的な関係を持つ事は許されないという教えになります。

 

これも意外といろんな宗教で言われている事ですね。破れば破門という処分も可能性としてあったり、もっと過激な宗教であれば、強制的に死を選択させられることもあります。でもこの律法に関して考察をしていくとかなり興味深い事がどんどん浮かび上がってきます。

 

 

スポンサーリンク

斉藤由貴さんの過去の不倫疑惑

 

その時代に斉藤由貴さんをメディアで見ていた方はご存知かも知れませんが、斉藤由貴さんは二度の不倫を行っております。

 

1回目はあの故・尾崎豊さんと、2回目は川崎麻世さんとの不倫疑惑です。

 

尾崎豊さんとの不倫は1991年3月にフライデーが報じたのが最初でした。

 

出会ったきっかけは「月刊カドカワ」での対談だったようです。

 

 

その後、二人で北海道小樽に旅行した所を撮られてしまったようです。この時はかなり世間的にも騒いでいたようですね。なんせ、この当時既に尾崎豊さんはご結婚されていたのですから。

 

斉藤由貴さんは当時結んでいたCMやその他契約を全て破棄され、かなりの糾弾をうける形になりました。芸能界ですからしかたないですね。結局この二人もその数ヵ月後に破局しています。

 

そして2回目の不倫は川崎麻世さんとの不倫は、1993年7月です。この時は不倫騒動そのものよりも、川崎麻世の不倫謝罪会見に妻・カイヤが同席した事がきっかけで川崎麻世がプチブレイクしたことの方が話題になったような気がします。

 

こちらもご存知の通り、斉藤由貴さんは破局しています。

 

そして、1994年に現在の夫・小井延安さんと出会い、結婚しています。

 

時系列で見てみます。

 

1991年3月 尾崎豊さんとの不倫疑惑
1993年7月 川崎麻世さんとの不倫疑惑
1994年12月 小井延安さんとの結婚

 

とくに小井延安さんとの結婚は交際からわずか数カ月でのスピード結婚です。

 

この流れに実は秘密があるのです。

 

スポンサーリンク

斉藤由貴さんにもたらしたモルモン教との運命

 

斉藤由貴さんの父親は熱心なモルモン教徒だったようです。その影響もあって斉藤由貴さんも入信するわけですが、まだまだ若かった斉藤由貴さんはついていけない部分があったようです。

 

そこで、その熱心な父親の教えに反動する形で2度の不倫に手をつけてしまったというのが大半な見方のようです。普通ならここまで世の中的に騒動を起こしてしまうと、先ほど挙げた「純潔の律法」によって破門になってもおかしくないです。

 

ただ、現時点で斉藤由貴さんがモルモン教やめたという事実はなく、現在も教徒であると考えられます。

 

これは先ほど挙げた二つ目の律法である「献金」が関連しているように思います。

 

要するに、当時の斉藤由貴さんは芸能界でもものすごい勢いで売れていた女優、歌手の一人です。当時の年収はおそらくですが、軽く億はこえていたと考えられます。歌の場合は歌唱印税もありますので。

 

そうなると、教会側も資金源になっているこの『献金』逃したくないわけです。さらに熱心な教徒である父親から教会に対しての働きかけもあったと思います。

 

そんなこんなで教会が行った対応は、「同じモルモン教徒と結婚してもらって、不倫などしにくくさせよう」という対応だったようです。

 

ここまでくると結構エグいのですがこのまま続けます。

 

そこで斉藤由貴さんに紹介されたのは、当時海外留学中であった小井延安さんでした。現在の夫の小井延安さんに関しては別の記事を書いておりますので後ほどリンクをのせておきます。

 

同じモルモン教徒、年齢も近い小井延安さんを紹介して結婚してもらえばいい、という事です。
(小井延安さんは斉藤由貴さんの1コ上です)

 

そんな教会の動きもあり、スピード婚に至ったわけです。

 

 

そして今回の開業医との不倫騒動

 

こんな経緯をたどって報道された開業医との不倫疑惑。「うん。結構今回はきついかもねー」というのが印象です。夫の小井延安さんがどう動くかですが、結婚後の男女関係はどうにもこうにも逃げられないですからね。

NEW!!遂に会見内容の記事をUPしました↓

 

遂に斉藤由貴さんの手つなぎデート写真が掲載されました!↓

 

不倫相手とされている開業医の情報については下記の記事で紹介しています。↓

 

先ほど説明していた現在の夫の小井延安さんの基本情報については下記で紹介しています↓

斉藤由貴さんの兄弟姉妹、家族関係のまとめはこちら↓

 

スポンサーリンク

Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。