籠池泰典 韓国人の国籍か?出身地は香川県だが実は経歴と名前から割り出せる!

籠池泰典がやっと逮捕されましたね。実は籠池泰典は韓国人であるということが噂されているということで、国籍や出身地などを調べてみました。

 


スポンサーリンク



籠池泰典は韓国人?国籍や出身地は?

 

籠池泰典が韓国人だと噂される理由はいくつかありますが、それはまず外見的な部分と態度、しぐさが大きい要素となります。

 

 

言語化しなくても分かると思うのですが、

 

・面長な顔

・切れ長の目

・強い自己主張

・的外れな受け答え

 

これらを見て、「韓国人なのでは?」と思った方は私だけではないはず。実際に私も色々とネット上の情報や雑誌、新聞などを見てはみましたが、真実はつかめませんでした。

 

ただ、上記で挙げた以外にも「籠池泰典はやはり韓国人なのでは?」と思わせるような情報に出会いました。それが、まさに彼の過去の経歴と名前に隠されているのです。

 

 


スポンサーリンク



籠池泰典は韓国人なのでは無いかと思われる経歴と名前

 

あまり知られていないのですが、籠池泰典は妻・籠池諄子の娘婿です。この籠池諄子の父親が世間を騒がせた「森友学園」の創始者・森友寛です。

 

籠池泰典はかなり特異な経歴を辿っています。

名前:籠池泰典
生年月日:1953年2月7日(64歳)
出身地:香川県高松市

これが公開されている籠池泰典の基本情報です。
出身は香川県の高松市の出身であるという事は確かでしょう。

 

この香川県高松の地で、実家は海運業を営んでたようです。会社の名前は、「籠池海運」(そのまま!)

 

しかし、この会社の経営がどんどん傾き、倒産をきっかけに一家で兵庫県尼崎市に移住することになります。それが小学校3年生のときです。

 

そこから中学、高校はおそらく公立の学校に通っていると思います。いくら実家が会社をやっていたからと言っても、倒産したばかりでお金も無かったことが予想されますまらね。あくまでも予想の話ですが。

 

そして、高校を卒業した籠池泰典は関西大学商学部に入学します。そのままストレートで卒業し、奈良県庁に入庁します。

 

ここでひとつ疑問が出てくると思います。

 

この記事では「籠池泰典は韓国人ではないのか?」という考察をしている中で、なぜ地方自治体の公務員の経歴が出てくるのかと。

 

これについて私も調べてみたんですが、国家公務員は外国籍の方はなれませんが、地方公務員の場合は外国籍でもOKみたいです。しかもほとんどの自治体でです。

 

なので、これが韓国人ではないという根拠にはならないわけです。

 

で、その後奈良県庁 → サクラクレパスに転職 をしています。大阪に本社を置く、大手の文房具メーカーですね。まあ、いまはあんなですけど、当時は優秀だったことが見て取れます。

 

そして、このサクラクレパス時代に現在の妻・籠池諄子と出会い、結婚したということです。ここで籠池泰典は娘婿となりました。

 

当然のことながら、その籠池諄子の父親が経営していた学校法人絡みで、幼稚園の経営だったりを繰り返し、現在の森友学園問題にいたります。

 

その幼稚園の経営のときに、日本人ではあまり考えられないような行為を行います。実は籠池泰典という名前は「通名」ということが分かっているのです。在日韓国人の方にとってはごく一般的で、本名をそのまま名乗ると、差別を受けやすくなったり、生活に支障をきたす場合があるということでこの通名を使うのだそうです。

 

籠池泰典の過去の幼稚園経営の際に使っていた名前は、色々あるようですが、「籠池康憲」であったり、「籠池康博」であったりと、通名をころころ変えています。

 

それは、経営をしていた幼稚園では度重なるトラブルがあり、開設しては閉め、開設しては閉めを繰り返しており、そのたびにイメージを変えるためにこの通名を変えているということでした。まあ、苗字がめちゃくちゃ特徴的なので、バレバレなわけですが。

 

この通名を多用することも、「韓国人なのではないか?」と噂される理由のひとつとなっています。

 

今後の展開

 

逮捕からの裁判に続くかとおもいますが、マスメディアもこぞって追いかけると思いますので、目新しい情報が出てきたらまた記事を更新したいと思います。

 

妻・籠池諄子に関しての記事もありますのでぜひご覧ください。

 

こちらの関連記事も読まれています↓

 

 

 

 


スポンサーリンク



Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。