お守りの正しい処分の方法は?自宅で捨ててもOK?遠方の場合は?


月日の経ったお守りが自宅にあるという方いらっしゃいますよね。
私もそうです。1つどころか2、3個あります。

 

そんなとき、このお守りをどうしたらいいのか困った経験がありませんか?
自宅で捨てたら縁起が悪いのではないか、遠いところのお守りだから返しに行くにしても、遠くて行きにくい、このような理由でお守りの処分の方法って迷いますよね。

 

今回はお守りを自宅で捨てるのはよいのか、また、遠方のお守りの場合、遠くても自分の足で返しに行くべきなのかについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お守りの正しい処分の方法ってどんなの?

 

まずはお守りの正しい処分方法について知って行きましょう。

 

一番いいのは、もちろん、いただいた神社やお寺に自分で行って返すことです。
長い間見守ってくださった神様に直接お礼参りに行くことが、お守りの正しい処分の方法になります。

 

間違ってもそのままゴミ箱へポイなんてしてはいけません。
目安としては、いただいてから1年後が理想的です。

 

お守りの効力は1年間と言われています。1年間、守っていただいたという感謝の気持ちを込めて、いただいた神社やお寺にお礼参りに行きましょう。

 

ではお守りの正しい処分方法は、自分で返しに行くことだけなのでしょうか?そうなると遠方からいただいたお守りなどは困ってしまいますよね。

 

他の処分方法をご紹介して行きたいと思います。

お守りの処分って自宅で一般ごみとして扱っても大丈夫?

お守りを一般ゴミとして何もせずそのまま捨てるという行為はタブーです。

 

では、そのまま捨ててはいけないということは何か、自分で処分できる方法はないのでしょうか?

 

自宅でお守りを処分する方法が2つあります。

 

まず1つ目は、自分で焼却するという方法です。方法としては、お守りを真っ白い紙に包み、ひとつまみの塩をかけて燃やします。
このように、自宅で焼却する際は火に十分注意してください。空気が乾燥していたり、風が強い日ですと火事になるおそれもありますので、日取り選びも大事になってきます。また、火の後始末もしっかり行いましょう。

 

もう1つの方法は、一般ゴミとしてゴミ箱に捨てる方法です。こちらのが安全で簡単ですね。方法としては、焼却する時と同じで、真っ白い紙に包み、ひとつまみ塩かけゴミ箱に捨てます。

 

ちなみに、両方に共通する真っ白い紙と塩は清めるという効果があるため、怠らないようにしましょう。

 

そして何より大事なことは、感謝の気持ちを込めて処分することです。
これは神社やお寺に返すときも同じです。お守りに感謝の気持ちを込めて、しっかり処分しましょう。


スポンサーリンク

お守りの処分 遠方の神社で購入した場合はどうする?

 

遠方のお守りだとなかなか返しに行くタイミングも時間もないですよね。そんなときは、自宅近くのお寺や神社で返しに行くというのでもいいのです!しかし、1つ守らなければならないのは、神社でいただいたお守りは神社に、お寺でいただいたお守りはお寺に返すということです。

 

また、郵送でも返すことができるので、遠方で行くことができないけど、どうしてもいただいた神社、お寺に返したいというときは郵送で返しましょう。
特にお金を包むことはせず、感謝の気持ちをを十分に添えて郵送しましょう。

 

しかし、お寺や神社によっては郵送によるお守りの処分を行っていないところもあるようですので、郵送前に事前にお寺や神社に電話で確認するといいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

お守りの処分の方法は様々な方法があります。

 

どうしても返しに行けない場合は、感謝の気持ちを込めて、自宅で処分することも可能です。また、いただいた神社やお寺とは異なるけれど、近くのお寺や神社に返すことや郵送による処分が可能なお寺や神社もあります。

 

しかし、行けるならばちゃんと、いただいた神社やお寺に自分で返しに行き、お礼参りをすることをオススメします。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。