汗を大量にかくのは病気 顔の場合は?何科に行けばいい?種類は?

 

もうすぐ夏になり汗の季節ですね。もちろん今までも暑い日があれば汗をかくなんてこともあったと思いますが、本格的に汗が目立ってくる季節になってきます。

中でも、顔だけに汗をかいてしまう、そんな人もいらっしゃると思います。脇や背中よりも、顔ばかりに汗をかいてしまう、少し不安になりますよね。私も汗っかきで、よく顔に汗をかきます。周りの友達などに「汗かきすぎじゃない?顔汗だらけだよ」などとよく指摘されています。

他の人とは違うのかな?もしかしてなんかの病気!?なんて不安になることもありました。同じような思いをされている方もいるはずです。そんな方達の助けになりたい!

今回は顔に多く汗をかいてしまう原因について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

汗を大量にかく病気 顔の場合はどんな病気の可能性がある?

 

さっそく、顔に大量の汗をかいてしまう原因となる病気についてです。

 

通常汗は、健康な状態であれば、全身から出て体温調節をしています。そして、その体温調節の際に汗を出してくれるのが、エクリン腺という汗腺です。エクリン腺は運動することなど、体内の熱の発生によって活性化されます。

 

しかし、運動不足などで熱の発生が極めて少ないと、汗を出すことが減ってくるため、末梢のエクリン腺が働かなくなってきます。そうなると、体温調節を行うには、常に瞬きしている目や、口のある動きの多い顔などのエクリン腺から出る汗が増えてくるのです。

 

また、多汗症の1つである顔面多汗症という病気により、顔面の発汗が多くなることもあります。まだ原因不明であるため、根治的治療はありませんが、交感神経が活発になりすぎていることで発症していると考えられています。ですので、受診すれば対処療法を受けることができますよ!

 

汗をかく病気って何科に行けば診てもらえるの?

何かを受診すればよいのかは、汗をかく原因によって異なります。

 

単に多汗症による多量の発汗に場合は、皮膚科を受診しましょう。多汗症の治療法はたくさんあります。一医療機関だけでなく、他の病院にも足を運び自分に合った治療法を選びましょう。

 

基本的に皮膚科では、塩化アルミニウム液などを使用する薬物治療や、交感神経そのものを遮断させるための手術、交感神経に刺激を与え麻痺させることで発汗を抑制させる胸部交感神経ブロックや星状神経節ブロックがあります。

 

また、発汗の多い部分に汗電気を流すドライオニックという治療やボツリヌス毒素を体内に注入し、発汗を抑制するボトックス注射などもあり、治療法はさまざまです。

 

しかし、極度な不安や緊張など精神的な理由による発汗の場合はまず、精神科や心療内科を受診しましょう。そこでは、発汗の原因となる不安を取り除いてくれたり、緊張を和らげてくれるカウンセリングなどを行ってくれます。


スポンサーリンク

汗をかく病気って他にどんな種類があるの?

では他に汗をかく病気は多汗症や精神的な原因以外でどのような種類があるのでしょうか。

 

1、自律神経失調症
自律神経失調症とは交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、通常交感神経の働きをバランスよく副交感神経が抑制してくれるはずが、これにより、副交感神経が効かなくなり交感神経だけが暴走してしまうのです。そのため、汗が出っぱなし、つまり多汗の原因となります。

 

2、糖尿病
糖尿病による自律神経異常により、多汗をもたらします。

 

3、ホルモン異常
ホルモンの分泌異常により汗をかきやすくなることがあります。例えばバセドウ病ですと、体内の代謝に関わる甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、代謝がよくなり大量の汗をかきます。また、更年期障害では、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少します。脳がいくら卵巣にエストロゲンを増やせと指令を与えても、卵巣機能自体が低下しているため応えられず、脳がパニックを起こし、自律神経の乱れにつながってしまい多汗になってしまうのです。

 

それぞれの種類に治療法がないわけではないので、まずは原因究明するためにも医療機関を受診しましょう!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

汗をかくって日常生活中に誰にでもあることですよね。人より汗が多かったり、顔面だけにやたら汗をかくといった症状が出ると不安になります。一人で悩んでいることはありません。何が原因かわからない場合は一度、総合診療科を受診してみましょう。適切な科に導いてくれますよ。

 

多汗症にも治療法がたくさんあります。自分に合った治療法を選び適切な治療を受けることをオススメします♪

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。