今井絵理子 コメント全文!中学の息子が嘆く母の略奪不倫 辞職確定か!?

 

今井絵理子参議院議員が今回報道された不倫疑惑についてコメントを全文公開しました。間違いなく交際があったと認めている所をみるとどこかのタイミングで辞職がありそうですね。まあ、客寄せパンダの役割が強かったですからしょうがないです。

 


スポンサーリンク



今井絵理子がコメント全文公開 辞職確定か?

 

週刊新潮が報道したスキャンダル。橋本健神戸市議との略奪不倫ですが、橋本健と同じタイミングでコメントを発表し、謝罪しましたね。

 

早速ですが、そのコメント全文を振り返ってみて見ましょう。

本日発売の「週刊新潮」掲載記事についてご説明致します。

この度は、心から応援してくださっている皆さまには、私の軽率な行動により多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことに対しまして、深くお詫び申し上げます。そして、自由民主党が大変な時期に私事でさらなるご迷惑をおかけしましたことにつきましても重ねてお詫び申し上げます。誠に申し訳ありませんでした。

昨年の参議院選挙の際には、全国各地で様々な方からご支援をいただき、全くの素人だった私に一から選挙をご指導いただき、おかげさまで当選を果たすことができました。ご支援ご指導いただいた中には国会議員の先生のほかに、多くの全国各地の地方議員の方々もいらっしゃいました。本日の記事にある市議もその中の一人です。

私が立候補することで以前お付き合いをしていた方とは、すれ違いの生活になり、当選してからは慣れない仕事に一から勉強をする日々になり、昨年末頃にはお互い話し合い新しい人生を歩むことになりました。

今年に入って地方での活動も多くなり、市議ともお仕事で一緒になる機会が増えました。議会の話や政治の話などこの世界の先輩である市議の話は興味深く、私も政治家として付き合う立場から、個人的に好感を持つようになりました。そして、多くの友人や知人を交えて話をしていた仲から二人だけでお話をする機会も増えるようになりました。その際に、市議から「長いこと結婚生活は破たんしていて、別居している。妻と離婚の協議をしているが、近く離婚調停になる。」というお話を聞きました。

 そして、最近になって市議から交際の申し込みがありました。私も好意を抱いていたのは事実ですが、市議の結婚生活が長く破たんし、現在離婚調停をしているとはいえ、法律上はまだ妻帯者なので“一線を越えてはいけない”と思い、「きちんとけじめをつけてから考えましょう」と申し上げました。そして、今日までこの約束を守ってもらっています。

 しかし、掲載された写真や動画などを見ると疑いの目を向けられることはごもっともなことだと思い、深く深く反省しています。そして深い失望感を与えてしまったこと、信頼を傷つけてしまったことに対し、今はただ頭を下げることしかできません。

ただ、これだけは言わせてください。雑誌のタイトルであるような「略奪不倫」ではありません。断じてないということを言わせていただきます。どうかご理解いただけたらと思います。今後の市議との関係については、皆さまの信頼回復を優先に行動を律してまいります。

 子育てについては現在、自宅に同居する母のサポートを受けながら仕事と両立しております。しかし、夜遅いお仕事や早朝の会議などで自宅に帰れないことがあるため、家族で話し合い、都内にマンションを借りて利用していました。中学生になった息子が学校のない日は一緒にマンションで生活しております。今回の騒動により、皆さまの誤解を招いてしまったことは大変申し訳なく思っております。今後は、しっかりと自覚を持って行動してまいります。

今日の私を支えていただいているすべての皆さま、そして何よりも世界で一番愛している息子へ、私の人生をかけて向き合っていきたいと思います。

本当にこの度の私の軽率な行動により深く傷つけてしまった方々へ、心からお詫び申し上げます。

 

定型文のような謝罪コメントなのですが、色々とツッコミたいところがある為、一個一個見ていきましょう。

 


スポンサーリンク



今井絵理子の立候補前後に付き合っていた彼氏

 

今回今井絵理子が公表したコメントには下記の記述があります。

私が立候補することで以前お付き合いをしていた方とは、すれ違いの生活になり、当選してからは慣れない仕事に一から勉強をする日々になり、昨年末頃にはお互い話し合い新しい人生を歩むことになりました。

 

この彼氏は沖縄時代の元同級生で逮捕歴のある彼氏ですね。で、元々は沖縄の地方メディアだけが報じていただけだったのですが、今井絵理子がシングルマザー代表として参議院選挙に立候補するとの情報が流れた時に、一気に週刊誌が騒ぎ立てました。

 

この彼氏は、沖縄で風俗店を経営する男で、風営法、児童福祉法違反の容疑で逮捕されています。当時の沖縄タイムスが次のように報じています。

那覇市松山のテナントビルの一室で、14歳の女子中学生と16歳と17歳の無職少女2人を雇い、男性客相手にみだらな行為をさせた疑い。容疑者は行為を認めたが「自分一人でやった」と一部否認しているという。

 

この元彼が逮捕された際は、同じ風俗店の男がもう一人逮捕されており、逮捕当時に既に元彼は店の経営から身を引いていて、店に名義人だったために逮捕されたとのこと。この事件の主犯格についてはそのもう一人の男の方で、元彼は関わっていないという事でした。

 

その証拠にこの元彼は逮捕後10日間ほどで釈放されています。

 

現在はこの元彼と今井絵理子は当然のことながら別れており、元彼の方は障害児童のデイサービスセンターに勤務しているという噂です。今井絵理子の息子も難聴という障害を負っており、その関係で価値観が合ったのだと思われます。

 

 

 


スポンサーリンク



今井絵理子の「一線を越えてはいけない」発言

 

メディアでも話題になってはいますが、例の「一線を越えてはいけない」発言ですが、これってどこまでが【一線】なのか?という事について皆さんはどう思われるでしょうか?

 

個人的には完全に一線は越えてますよ。

 

間違えてはいけないのは今井絵理子、橋本健共に一般人ではなく、公人であること、国民の税金で飯を食っているという事です。一般人と同じ基準でとらえてはいけないのです。

 

やはりこの辺の認識、理解の甘さが国会議員一年生という事でしょう。

 

小泉チルドレン、安部チルドレンで1期のみで消えていった国会議員はめちゃめちゃ多いわけですが、今井絵理子もその仲間入りとう事になりますね。おそらく再選は無理。人気中の辞職もあり得ます。

 

通常の状態であれば辞職まではいかないかもしれませんが、今は自民党は揺れにゆれていますから、「もう騒ぎはコリゴリ」の安部首相にとっては選択肢のうちの一つに入ってくるでしょうね。

 

ちなみに、これは完全なる予測ではありますが、ホテルに二人きりで宿泊し、一夜を共にし、それが一回や二回の話じゃないとしたら、「男女の一線」は越えてると思いますよ。

 

 

 


スポンサーリンク



今井絵理子の子供は大丈夫か

 

今井絵理子のコメント全文の最後の方にもありますが、そもそも、息子はもう中学生なわけですよね。この騒動を見てどうおもうのでしょうか?その辺の影響を考えているんでしょうか?

 

母は元SPEED
母は今は国会議員
母は仕事で忙しい
母は不倫をしていた
母は新幹線で手を繋ぎながら爆睡していた
母は結婚している男と二人でいつも一緒にいる

 

このぐらい、何を示しているのか分かりますよ。

 

難聴とは言え、学校にも通っているでしょうから、周囲からの目も気になります。正直この国会議員の再選は考えられないでしょうから、息子の方が健全に育ってくれるかが心配ですね。

 

それを考えると、橋本健側の子供の環境も気になります。まだ離婚は成立していない段階でのこのスキャンダル。こちらはもっと問題で、普通の学校に通われているのでしょうからね。心のケアが必要です。

 

逆に、「あいつは父親でも何でもない」と言っている可能性もありますが 笑

 

 

今後の展開について

 

今回の騒動は一旦おさまっているかに見えますが、まだまだ自民党自体はブレブレの状態が続いているので、今回の報道が余波を受ける可能性がありますね。

 

引き続き情報を追っていきたいと思います。この報道に関する他の記事も読んでみてください。二人の最低っぷりが分かります 笑

↓↓↓

 

 

 


スポンサーリンク



Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。