桂花楼 ツイッター開始!!しかしコレがジャニーズからの入れ知恵という噂も。

チャイナハウス桂花楼がついにツイッターでの営業情報の配信を開始したみたいですね。この桂花楼は嵐・相葉雅紀くんのご実家である事は、あまりにも有名な話。ジャニーズの営業上の理由からかこれまでSNSでの配信を控えていたようですが、今回なぜSNSでの配信に踏み切ったのかを調べてみました。


スポンサーリンク



桂花楼 ツイッターでの配信開始1日でフォロワー4万人!

 

チャイナハウス桂花楼はジャニーズの筆頭グループ嵐の相葉雅紀くんの実家です。

 

場所は千葉県の幕張本郷駅近くの中華料理屋さんです。↓

 

このお店では桂花楼グッズなるものがあるんですが、この桂花楼が相葉君の実家であることが有名過ぎて、相葉君を前面に出さなくてもグッズがぼこぼこ売れるんです。

 

 

 

で、これなんですが、相葉君はジャニーズ事務所所属ですよね。その兼ね合いで実家が中華屋さんをやっている。これってジャニーズ的にはどうみているのか気になりますよね?

 

だって、本来であれば違う会社の所属アーティストの名前で全く関係無いグッズを売っているのですから。中華屋さんなので売る必要もないのにですよ?

 

それをジャニーズはどう考えているのだろうと疑問に思うのですが、考えて見ればこの状態を何年も続けているわけですし、別に相葉君がどうとか言っているわけでもないので、その辺はジャニーズ事務所も寛容なのかもしれません。

 

ただ、嵐ファンの間ではこの桂花楼が嵐の聖地になっている事は確かで、毎日行列は必至なわけです。ただ、実家であるだけでここまでの人気は保てません。この桂花楼さん、めちゃめちゃうまいんです!

 

私も知り合いから聞いたエピソードですが、私の知り合いは「千葉に遊びにいった時にたまたま入って、すごく美味しかったから、あとからお店の情報を調べてみたら相葉君の実家だった」というエピソードがあります。その知り合いは別に相葉君とか嵐ファンではなかったので最初は分からなかったようですね。しかも店に入ったのは平日だったようです。

 

平日でも列が出来るくらいの中華料理屋さん。魅力的ですね。そこからさらに相葉君の実家となればそれはそれは流行るでしょう。

 

 


スポンサーリンク



桂花楼グッズはどうやったら買える?

 

相葉君の実家のチャイナハウス桂花楼では、このお店ならではのグッズが売っているんです。桂花楼のWEBサイトにはWEBショップの役割もあるのですが、そこでは販売されていません。

 

なぜか?

 

それは実際に足を運んでお店に来てもらって、料理を食べてもらって初めて購入できるようにしたいからです。

 

考えられてますね 笑

 

 

 

 

でも、これもビジネスですから仕方の無い事です。遠方でなかなか行けない方に関してはオークションで手に入れたり、比較的近くに住んでいるファンから譲り受けたりするわけです。

 

これだけ考えても、超ヒット商品ですよ!

 

 


スポンサーリンク



桂花楼はなぜいきなりツイッターを始めたのか?

 

これに関しては様々な憶測が飛んでおります。これまで頑なに行わなかったSNSでの情報発信。このタイミングで始めるという事になにか特別な意味でもあるのでしょうか?

 

色々調べて見て分かったのですが、それは噂レベルですが、ジャニーズがあえてSNSでの発信を勧めたというものです。

 

昨年SMAPが解散し、キムタク、中居くん以外のメンバーがジャニーズを離れる事になります。その次の稼ぎ頭である嵐にまで何か問題が起きてしまったらジャニーズとしては後が無い状態なのです。

 

そこで、メンバーに規制していた様々なルールを緩和して、ジャニーズにつなぎとめようという動きであるという噂があります。個人的には、「それは無い!」とは思っております。

 

たかだかSNSの配信でどこまでその影響があるのでしょうか?SNSでの配信を規制するくらいなら、普通はグッズの販売を禁止します。相葉君のキャラに少し抵触する部分もありますし。(相葉君の実家でなければグッズは売れていないものと思われる)

 

という事で、その辺は詳細はまだわかりませんが、「ご両親が機械オンチだったから今まで出来なかった」とか普通にありそうですよ 笑

 

 


スポンサーリンク



さいごに

 

桂花楼の中華料理屋さんとしての人気は間違いなくあります。嵐メンバーの実家であるという事を差し引いてもです。なので、もし興味があればぜひ行ってみてください。ツイッターのフォローもお忘れなく!

Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。