上西小百合ツイッター炎上 サッカー試合めぐり殺害予告 会見答弁まとめてみた

上西小百合衆議院議員のツイッター炎上問題。サッカー試合をめぐって殺害予告まで来ている状態まで発展してしまった事に、議員は警察に相談したという事で会見を開いたようですので、その答弁一覧をまとめてみました。

 


スポンサーリンク



上西小百合 ツイッター炎上 たかだかサッカーの試合で殺害予告受け会見

 

上西小百合議員の会見内容の一部下記のような感じでした。

 

(上西議員)
自分のツイートが警察が関与する結果を招いてしまった事を深く反省しなければならないと感じています。普通に考えてサッカーの試合で殺害予告が出る事などは、許し難い部分もあるが、今回の件に関しては反省しています。

 

(質問1)
あのツイートがこれだけのトラブルを生むという事について想像は出来なかったのか?

 

(上西議員)
私はスポーツに関しては専門家でもなんでもないので、正直、あそこまで反響を呼ぶような状況は想定していなかった。私のようなサッカー素人のコメントなど目もくれないだろうと思っていた。これからは表現の方法をかえていかなければならない。

ただし、政治の分野では変わる事はありません。

 

(質問2)
「表現を変えていく」というのはどのように変えていくのか?浦和レッズに対しての謝罪等はどうするのか?

 

(上西議員)
今後サッカーに関してのツイートを行っていくというのは分からないし、今は答えられない。浦和レッズに対しては、先ほど代表アドレスに、メール送信させていただいた。こういったことになってしまった今だからこそ、真のファンと直接対応させていただきたい。私も意見を言いたい。

 

(質問3)
「踏み込んでしまった」というのはどのへんの事を言っているのか?

 

(上西議員)
素直に試合をみた感想をした、その反応に対して血がのぼった状態で反応をしたという事が踏み込んでしまったという事です。

さすがに、ああいった予告がでるような所まで発展するとは思ってないじゃないですか?スポーツの世界ですから。

 

(質問4)
浦和レッズのサポーターと対峙したいという旨のメールを送ったという事ですが、どういった規模での話をされていますか?

 

(上西議員)
私だけでは決められないので、レッズさんとお話をしてから決める事になります。

 

(質問5)
「真意を伝えたい」という事でしたが、その真意はどんなものなのでしょうか?

 

(上西議員)
過激な発言に対して抗議したわけですよね?その抗議はサッカーを応援している全ての人に対して向けているわけではなく、一部の過激な誹謗中傷を送ってくるようなサポーターに対して送っているという事が真意です。

 


ここまで見ていても、「本当に反省しているのか?」という態度の会見でした。申し訳ないですが、こういった国会議員がいること自体がもはや問題で、そこの国会議員を選んでしまった側にも問題があると感じました。

 

 


スポンサーリンク



上西小百合は浦和レッズのサポーターを舐め過ぎた

 

上西小百合のコメントで、

 

「その抗議はサッカーを応援している全ての人に対して向けているわけではなく、一部の過激な誹謗中傷を送ってくるようなサポーターに対して送っているという事が真意です。」

 

というコメントがありますが、この方は本当にサッカーを知らないんだなと感じました。浦和レッズのサポーターって「赤い悪魔」と呼ばれるぐらい熱狂的なんですよね。正直なところ、レッズサポーターは全員過激です 笑

 

それを分かっていればあんなツイートをしないでしょう。また、上西小百合はツイッターを使用するべきではないでしょう。メディアの特性を分かっていないと思います。ツイッターは短文であるが故に、意見がはっきり分かれるメディアです。その特性を理解出来ないのなら、今後国会議員としてはツイッターを使用する資格は無いかと思います。

 


スポンサーリンク



上西小百合は特に反省の色無し

 

会見を通して、上西小百合が反省をしているという印象は受けませんでした。忘れてはいけないのは、この問題の発端がこの国会議員にあり、すべてはこの議員が悪いという事です。サポーターの反応は当然なものだと思います。

 

それを彼女が理解出来ないのであれば、国会議員は降りていただきたいですね。この会見は見れば見るほどイラつきを覚える会見でした。

 

人に何かを伝えるのが下手過ぎて、議論になりませんね。次の選挙も出るらしいですが、もし次も当選するのであれば、正直それを選んだ選挙区の有権者もどうかしてると思わざるを得ませんね。それぐらいまで言っていい状態だと思います。

 

さいごに

 

私が思うのは、「素直に謝ればいいのに」ということ。国会議員は大事なことはうやむやにして謝ればいいという態度なのに、こんなどうでもいいことでは頑なに謝らないですよね 笑

Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。