結婚式の二次会から参加する場合のご祝儀は?金額は?渡し方は?

 

結婚式の二次会のみに参加される方も中には多いですよね。

 

私も何回か、披露宴の時間帯に外せない仕事があったり、そもそも二次会からしかお呼ばれされていなかったりという事があります。

 

その時に気になるのが、「ご祝儀って渡すの?」という事でした。

 

こういった時のマナーだとか、ルールだとかが分からない方も多くいらっしゃると思いますので、これを機にしっかりと対応方法を覚えておきたいですね。

 

今回は私の経験談も踏まえてご説明させていただきたいと思います。

 

スポンサーリンク

結婚式の二次会から参加する場合のご祝儀は渡す?渡さない?

ご友人の結婚式に呼ばれて、事情があって二次会から参加する、もしくは二次会にのみ呼ばれたという方も少なくないと思います。

 

普段は披露宴からの流れでそのまま参加している二次会なので、会費を出して終わりですが、二次会からの参加の場合は、ご祝儀を渡すのがマナーなのか、そうでないのかすら分からない方も多いと思います。

 

私も何回か二次会のみ参加した事があったので色々と調べた事がありますので、経験談も踏まえて説明させていただきます。

 

基本的には、結婚式の二次会から参加する場合は、二次会のほとんどが会費制で行われる為ご祝儀を渡す必要はありません

 

二次会開催費用のいくらかは新郎新婦が出しています。

 

例えばそれが、「参加者からは5000円だけいただいて、あとは自分達で出そう!」とか、逆に「自分たちは大体○○万円まで出そう。そしたら会費は○○円になるね」みたいな事で決めていくんですね。

 

なので、二次会から参加する場合は会費をそのままお祝金と捉えて大丈夫です。

 

よって、二次会から参加する場合は、別でご祝儀を渡す必要はありませんし、失礼にもあたりません

 

しかし、「どうしても気になるし、別でお祝いを渡したい!」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

そんな場合はどうするべきか?

 

次でご説明させていただきます。↓

 

結婚式の二次会から参加する時のご祝儀の金額は?

どうしてもお祝いでご祝儀を渡したいという場合は、渡しても特に問題ありません

 

それは会社の先輩・同僚、昔からのご友人、親戚でも特に変わりありません。

 

また渡す場合の金額に関しては、披露宴に参加する場合の金額と同等でなくても大丈夫です。

 

例えば私は東京に住んでいるのですが、特別親しい方の結婚式以外は、ご祝儀は3万円が普通だと思って渡していますが、二次会から参加の場合は、そんなに多く渡されても新郎新婦も困ってしまいます。

 

二次会は別で会費をもらう側なのですから。

 

ですから、二次会のみに参加する場合は、5000円から10000円ぐらいを自分の気持ちとして渡すのがベストです。

 

ご自身もご結婚される時に分かると思いますが、二次会から参加してくれる事だけでも十分にお祝いしてくれている気持ちになります。

 

あなたと新郎新婦との関係はこれからも続きます。

 

あなたも結婚して、子供が出来て、そして相手にも子供が出来ていろんな行事を重ねて、、、という風に、あなたとの関係はこれからも続いていくのです。

 

今回の件だけに固執し過ぎないようしましょう。

 

では次は、もしご祝儀を渡す場合の渡し方についてお教えしますね。

 

スポンサーリンク

結婚式の二次会から参加する時のご祝儀の渡し方は?

 

もしご祝儀を渡す場合はどんな風に渡すかを考えなければいけません。

 

なぜなら、二次会の幹事や受付の方、それに新郎新婦は当日はものすごく忙しいです。

 

参加者の個別の対応で時間を取られては気の毒ですので、その辺は気を付けましょう。

 

一番のベストな渡し方は、当日では無くて事前に祝儀袋に包んで、「お祝い」として渡しておくのが一番望ましい渡し方になります。

 

二次会の当日に受付の方に渡してしまうのは一番ダメな方法ですね。

 

受付の方からすれば、参加者からもれなく参加費をもらう事が出来ればそれでOKですし、そこでお祝い金を受け取ったとしても、対応が分からないので結局は新郎新婦に聞く事になります。

 

そうすると、新郎新婦にも手間をかけてしまいます。

 

もし当日に渡すのであれば、幹事の方に渡すようにしましょう。

 

幹事の方は二次会のとりまとめを、新郎新婦と共に密におこなっています。

 

しっかりと対応してくれるでしょう。

 

ですが、社会人としては「事前に渡しておく」というのが一番ベストな方法だという事に変わりはありません。

 

また、お金以外の方法として「プレゼントを渡す」というのもOKです!

 

新郎新婦が気を遣ってしまいそうな場合にはお金ではなくて、贈り物で祝ってあげると良いと思いますよ。

 

贈り物の場合も事前に渡すのがベストですが、二次会当日を避ければ、後日でもOKです。

 

中には二次会当日に渡す方もいらっしゃるようですが、正直なところ、もらう側からすればちょっと迷惑になるかなと 笑

 

贈り物としては、二人の新生活に必要になるものとか、二人に共通の趣味があればそれに合わせたものとかでもOKです。

 

分からなければ「商品券」が一番良いと思います。

 

新郎新婦の欲しいものを購入する時に足して買う事が出来ますからね。

 

まとめ

 

結婚式の二次会から参加する場合は、こういった感じで祝ってあげると良いと思います。

 

ですが、忘れてはいけないのは何事も第一に新郎新婦の事を考えてあげるという事です。

 

祝ってあげたい!という気持ちは分かりますが、独りよがりになってしまうと、新郎新婦も困ってしまいます。

 

これから新しい生活を始める二人を暖かい気持ちで送りだしてあげてくださいね!

 

※記事の本文を書き終わったら、一度深呼吸して、
本文を音読してみる。流れが悪いところがあれば、見直す。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。