真木よう子 ツイッターを本人名義で開始 神対応と激やせ離婚の原因

 

 

真木よう子さんがツイッター始めたみたいですね。

 

6月28日にアカウントを開設してから瞬く間にフォロワー数を伸ばし、7月11日22時現在、そのフォロワー数は11万人を突破しています。

 

ツイッターの強みを活かした、「生」の情報発信をしていて、かなりのリプ数(返信数)になっているようです!

 

そんな真木よう子さんの現在を掘り下げてみると、とても興味深い噂があったんです。

 

 


スポンサーリンク



真木よう子さんがツイッターを本人名義で開始!

 

まずは真木よう子さんのプロフィールを見ていきましょう。

 

 

生年月日: 1982年10月15日(34歳)
出身地 : 千葉県印西市
血液型 : A型
職業 : 女優、タレント、歌手
元夫 : 片山怜雄
所属事務所 : フライングボックス
出演映画 :
・パッチギ
・ベロニカは死ぬことにした
・ゆれる
・さよなら渓谷
等々

出演ドラマ :
SP
龍馬伝
遅咲きのヒマワリ?ボクの人生、リニューアル?
最高の離婚
MOZU
問題のあるレストラン

 

という感じです。

 

個人的には、ドラマ『SP』での刑事役の真木よう子さんがかなり強烈に印象に残っていて、私だけではなく、このドラマをきっかけにして真木さんを知った人も多いと思います。

 

芸能人、有名人の情報発信のツールとして人気のツイッターですが、これまで真木さんはツイッターのアカウントを持っていなかったんですね。

 

TVとかで見ていても分かりますが、何かをつぶやいて情報を発信するような方ではないんですよね。

 

でも最近、すこし意識が変わったのか出演するTV番組もバラエティに富んでいて、いろんな角度から自らをさらけ出している事が多いですね。

 

そんなこともあり、ツイッターのアカウントを開設した事はそんなに不思議ではありませんでした。

 

おそらく今後も、自身のブランディングの為にどんどんツイッターやその他のメディアで情報発信をしていく感じだと思います。

 


スポンサーリンク



真木よう子さんが激やせしている原因は?

 

前回のほんまでっかTVで、この夏の新ドラマのPRで真木さんがゲスト出演されていたのですが、顔、首まわりがげっそりしていたんですね。

 

いろんな原因が考えられるのですが、一つはドラマの撮影による過労もしくは役づくりが一番可能性として高いと思います。

 

特にドラマの撮影は放送の1ヶ月ぐらい前から、怒涛のような過密スケジュールで進められます。

 

ほとんどの役者さんは、撮影中は体重が減るんです。

 

また、昼のシーン、夜のシーンそれぞれがあるので、撮影スケジュールも時間帯はバラバラなわけです。

 

寝不足の中、痩せない為に無理やり食事を撮る、なんて事も聞いた事があります。

 

そんな生活を送っていれば、あれだけ痩せるのはうなづけます。

 

また、元々スタイルが良いので、たぶんですが、太りにくく痩せやすい体質なのだと思います。

 

そんな事もあって、あのほんまでっかTVの出演時の激やせっぷりだったんだと思います。

 

 


スポンサーリンク



真木よう子さんは実は離婚している

 

これは知らない人が多いのですが、真木よう子さんはバツイチです。

 

2008年に結婚して、2015年に離婚されているのです。

 

お子さんは女の子が一人。
2009年に出産されています。

 

出産後は、元々スリムな真木さんでしたが少しぽっちゃりしているのが印象的でした。

 

現在は小学校2年生ですかね。

 

そもそも、旦那さんはどんな方だったのでしょう。

 

元旦那さんは 片山怜雄さん という元俳優さんですね。

 

結婚当時は小説家を目指していて、リリー・フランキーさんに弟子入りしていたようです。

 

少し考えれば分かりますが、収入的には確実に真木よう子さんの方が上で、ご家庭では完全に専業主夫の状態だったようです。

 

そんな状態から離婚の原因に繋がるのですが、結局は夫婦生活のすれ違いによるものでした。

 

真木よう子さんって、ちょっと男勝りな部分があって、映画やドラマで共演した俳優さんと毎日のように飲み歩いていたそうです。

 

片山さんとしても、収入を奥さんに頼っているので何も言えなかったようですね。

 

そんな時に、真木よう子さんと演出家・長塚圭史さんがフライデーされたんです。

 

それが夫婦生活に終止符を打つ事になりました。

 

 


スポンサーリンク



真木よう子さんの今後

 

そんな真木さんですが、色々ある闇の部分を抱えながらも、独自路線でブランディングし始めています。

 

実際の所、メディアでの立ち振る舞いも少し前とは全然違いますし、ツイッターでのつぶやきや動画の投稿も、ふっきれた感があって、とても好感が持てます。

 

過去は過去なので、これからの女優業を頑張っていただきたいですね!

 

 


スポンサーリンク



Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。