竹俣紅 スカートの中が原因で破門か 出身高校の偏差値が神レベル!?

 

 

将棋界のヒーローに一気に躍り出た藤井四段。

ですが、女流棋士の世界も負けてはいません!

 

若い世代の台頭が多い将棋界の中で、女流棋士の世界も盛り上がっているみたいです。

 

女流棋士といえば美人が多いと言うイメージが多いですが、竹俣紅さんは典型的な現代の美人だと思います。

 

タレント活動もしており、クイズ番組などに出ることも多いです。

 

竹俣さんの事を知るなかで、少し気になるキーワードがあったので、その辺掘り起こしてみました。

 


スポンサーリンク



竹俣紅 スカートの中 とはどんな意味?

 

[竹俣紅 スカートの中] で検索されていることが多いですね。

 

それはどういった意味なのかをご説明します。

 

それを説明するにはまず竹俣さんのプロフィール・経歴から説明する必要がありそうです。

 

プロフィールは下記の通りです。

 

生年月日:1998年6月27日生まれ
職業:女流棋士・タレント
大学:早稲田大学政治経済学部
所属事務所:ワタナベエンターテインメント所属
師匠 : 森内九段

 

将棋の棋士と言うのは、必ず既にプロになっている棋士の方の弟子になるという決まりがあります。

 

例えば今話題になっている藤井聡太四段は、杉本七段の弟子になっています。

 

では竹俣さんの師匠は誰なのでしょうか。

 

上のプロフィールでも書いている通り、森内九段が竹俣さんの師匠になっています。

 

この森内九段、あの羽生さんと名勝負を繰り広げたライバル関係にある超実力者です。

 

一時期は羽生さんよりもタイトルを持っていた事があります。

 

竹俣紅さんはこの森内九段の門下生です。

 

その上で説明をしますが、なぜ「スカートの中」と言うキーワードが出てくるのか。

 

それは竹俣紅さんがスカートの丈が短いと言うことで、この森内九段から破門になったと言う噂が流れたからです。

 

この森内九段、将棋では冷静沈着かつ、ときには大胆な手を打つことで有名です。

 

基本的には棋譜に忠実に将棋を打つタイプで、かなり礼儀を重んじる実力者です。

 

故に、将棋に対する姿勢もとてもまじめな方なんですね。

 

一方でこの竹俣紅さんは将棋以外の活動、
例えばバラエティー番組などのタレント活動も頻繁に行っていて、
年齢もそうなのですが、とても可愛らしい服装をすることが多いんです。

 

女流棋士と言うと、あまりメディアに出ないと言うことがあるのですがこの竹俣さんに関しては、所属事務所がワタナベエンターテイメントと言うこともあり、他の女流棋士の方よりもメディアに出ることが多いようです。

 

ある時、その竹俣さんがテレビに出演しているのを見た森内九段が、将棋に対する姿勢なども含め、普段の格好に対しての指摘をし、門下生としての竹俣紅さんを破門したという噂が流れたのです。

 

その時の森内九段の激怒ぶりは凄いものがあったと言う噂まで流れました。

 

そういったこともあり、インターネット上で竹俣紅スペーススカートの中と言うキーワードで検索されることが多かったのです。

 

しかし、これはあくまでも噂がネット上で拡散したものに過ぎず、竹俣さんはいまでも森内九段の弟子です。

 


スポンサーリンク



竹俣紅さんの早稲田大学に入学までの経緯

 

竹俣さんは、ストレートで早稲田大学政治経済学部に入学しています。

 

気になるのは出身の高校です。

 

出身の高校は渋谷教育学園渋谷高等学校と言う中高一貫教育の学校です。

 

偏差値で言うとなんと75と言う超難関校になります。

 

関東圏の中高一貫教育校の中では超トップクラスの学校になります。

 

中学受験をするわけですが、かなりの受験対策を必要とする学校で有名です。

 

基本的に、東大や一橋大学、慶応大学、早稲田大学、上智大学など超難関校の受験に強いとされていて、入学した時点でそれらの難関大学に合格するための教育を受けることになります。

 

将棋の棋士の方は、そもそも地頭が良かったり、思考回路がすごく速く動くということを言われますが、本当に優秀な頭脳を持った方だということがよくわかります。

 

多くの棋士の方は、プロになった時点であまり学歴にこだわらない方が多いです。

 

トップ棋士の方で大学を卒業していることが少ないです。

 

この竹俣さんは 1年間の休場届を提出し、学業とその他のタレント活動優先する期間を設けています。

 

そういった休場届の提出もあり、先ほどあげたような森内九段から破門されたというような噂が出てきたのだと思います。

 


スポンサーリンク



竹俣紅さんの年収って気になりませんか?

 

将棋の世界ですから年収が高いと言うイメージがあるかと思いますが、実は女流棋士は男性の棋士よりも年収が低いとされています。

 

その理由は、開催される将棋の大会の賞金に依存するわけですけれども、その大会の賞金が男性の棋士の大会よりも低いんです。

 

また、賞金を稼げるタイトルも多くないので、そもそも賞金を稼ぐと言う機会が少ないのです。

 

その為、女流棋士の場合、いろんな地方のイベントに参加したり、講演会を開いたり、ということを行って将棋以外でのマネタイズをするわけです。

 

竹俣紅さんの場合は、その将棋以外の収入と言うのがタレント活動にあたると考えてもらえば良いかと思います。

 

おそらくですが将棋だけで考えれば、年収は100万円から200万円程度であると思います。

 


スポンサーリンク



他の森内九段の門下生は、、、

 

先ほどもあげましたが、竹俣紅さんは、森内九段の門下生です。

 

この森内九段ですが、それまでは弟子を取ったことがなく、竹俣紅さんが初めて撮った弟子と言うのがすごく驚きです。

 

確かに羽生さんとかも弟子の話とかは聞かないので、超実力者やタイトルを複数保持している人が弟子を取る事は珍しいのかもしれません。

 

今度、その辺の話題も記事にできればと思います。


スポンサーリンク




Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。