父の日に義理の父へ渡すプレゼントはこのメッセージで決まり!

 

「結婚して初めて迎える父の日なんだけど、みんなどうしてるの?」なんていう方って結構しますよね。

 

私も結婚当初は、旦那に「どうする?」なんて聞いても、「んーーーー。。」みたいな反応ではっきりしなかったのを今でも覚えています。

 

こちらの記事では、私の体験談も含めて、そんな悩めるあなたに、私の体験談も踏まえて、おすすめのプレゼントを紹介します。

 

特に、私がいつも贈っている贈り物であれば義理の父上との関係も良好になっていきますし、費用もそんなにかからないんです。

 

父の日に義理の父に何をあげたらいいかわからない!そもそも皆は渡しているの?なんていう方は必読ですよー!

 

スポンサーリンク

父の日に義理の父には何か渡してる?

 

ご結婚されている方は、父の日に義理の父にプレゼントを渡すかどうかを悩んでいる方が非常に多いと思います。

 

私も結婚して初めて迎える父の日は、どんな事をすれば良いかどうか困っていました。

 

そもそも、一年のイベントを通して、父の日以外にも、母の日もあるし、誕生日もあるし、これを読んでいる「妻の立場」であるあなたは、家族が2つありますよね。

 

実家の両親と、義理のご両親の二つですね。

 

どちらにも全部のイベントでお金を出していたらキリがありません。

 

だからこそ、そもそも渡すのかどうか?という事について考えているのだと思います。

 

結論としては、「渡さないよりも、渡す方が良い」という事になります。

 

プレゼントをもらって嬉しくない人はいないと思いますし、いつもはぶっきらぼうだったり、そっけない態度をとる義理の父だったとしても、父の日を意識してくれるだけで、心がほっとするものだったりしますからね。

 

では、具体的にはどんなプレゼントを渡すのが良いのでしょうか?という疑問にぶつかりますよね。

 

という事で、次に世間一般では義理の父にどんなプレゼントを渡しているのかをお教えします。

 

父の日の義理の父のプレゼントはどんなものが良い?

 

世間の皆さんが「義理の父」に渡しているプレゼントで一番多いのは、間違いなく「お酒」ですね。

 

旦那さんからどんなお酒が好きかを聞いて、贈り物として贈るパターンです。

 

いつも義理の父上が呑んでいる銘柄でもいいですし、それとは別の銘柄で「この銘柄は○○が良いんです!」などの、あなたの観点で選んであげると喜ばれます。

 

遠くに住んでいる場合でも、父の日の専用ギフトとして通販で頼めば、送り先を指定して頼む事ができて、実際は重い商品ですが、わざわざそれを運ぶという手間も省けますね。

 

「お酒はあんまり呑まない人なんです。。。」という方も少なくありません。ですので、その次に多いのが、ネクタイか時計ですね。

 

まだ現役でスーツを着て働いている方へのプレゼントとしては、最適です。

 

これは義理の母上に普段はどんな柄のネクタイを付けているのか、どんな色のスーツを着ているのかを聞けば、こちらでそれに合わせて選んであげれば大丈夫です。

 

また、ネクタイとハンカチのセットなんかでもGOODです!

 

時計などはブランド製を購入してしまうと、価格がすぐに分かってしまうので、私はあげたことがありません 笑

 

あくまでも一般的に私の周りのママ友とかに聞いてみて多かったものですね。

 

これらが一般的に義理の父にあげてるプレゼントなんですが、私はどれもいまいちピンとこなかったんです。

 

お酒もあまり呑まないし、仕事もスーツを着る仕事ではないので、「なんかピンとこないなー」なんて思いました。

 

だから私は旦那と相談して独自路線で行こうと考えました。

 

それが次で紹介するものです。

スポンサーリンク

父の日は義理の父へメッセージを贈るのが吉!

 

私の最終的にとった手段としては、プレゼントは旦那に考えてもらって、私はそのプレゼントに添えるメッセージカードを書くという形です。

 

よくよく考えて見れば、旦那も自分のお父さんに父の日のプレゼントを渡すわけで、私から渡してもダブルで贈り物をする事になると。それってどうなの?とか思いました 笑

 

誕生日とかもありますし、年齢を重ねると、還暦だのなんだののイベントも重なってきます。

 

それに、一度プレゼントを渡すとそれを毎年続けなければならないのではないかと感じてしまうし、もらう側も、もらえない年があるとちょっとがっかりしてしまいますよね。

 

でも、プレゼントは旦那さんに任せて自分はメッセージを書く事に集中すれば、あなたが気を遣わなければいけないのは「父の日を忘れなければいい」という事だけです。

 

書くメッセージの内容もそんなにこったもので無くていいです。

 

特に同居していない場合は、ありきたりの「ありがとう」は必要ありません。

 

そういった内容よりも、日常の旦那さんの事だったり、結婚生活の事だったり、あなた自身の仕事の事だったりを教えてあげる感じのメッセージの方が、あなたの思いは伝わります。

 

それにそちらの方が親近感がわくのか、私の場合は毎年「いつもありがとうね。最近は仕事はどう?」と電話をくれます。

 

そんな風に、肩ひじはらないでお手紙やメッセージカードを贈るのがベストです。

 

それにこっちの方が、夫婦感も出せますし、お金も掛かりません!

 

すごくおすすめです!

 

まとめ

 

こんな感じで私のおすすめプレゼントをご紹介させていただきました。

 

もちろん、一般的に皆が渡しているような鉄板のプレゼントでもOKです!

 

でも迷ったらこの「メッセージ・お手紙」は旦那さんとのコミュニケーションのきっかけになりますし、義理のお父上とも接点を持つ事ができますよ!

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。