宇野なおみ 語られない現在と父親 姉との関係 ブサイク子役と呼ばれて

 

『渡る世間で鬼ばかり』というドラマで、

特徴的な役を演じていた子役・宇野なおみさん、覚えてますか。

 

 

この名前を聞いてもわからない人もほとんどだと思います。

 

 

実はこの宇野なおみさん。今は、一流大学を卒業して、
女優を続けておられるという事なので、その辺の情報を追ってみます。

 

 


スポンサーリンク



宇野なおみの現在はこんな感じ

 

現在宇野なおみさんは、舞台やミュージカルなどのメディアに出ないところで女優業を続けています。

 

主なプロフィールは下記のような感じです。

名前:宇野なおみ
生年月日: 1989年8月26日
出身地:東京都
身長:154cm
デビュー作:渡る世間は鬼ばかり 野々下加津 役(TBS)
その他出演作品多数

 

所属するさかがみ企画という事務所も、

個人事務所に近いような芸能プロダクションで、
基本的にはテレビやその他のマスメディアに出るようなアーティストや女優、俳優さんはいらっしゃいません。

 

業界で言うところの、いわゆる小規模プロダクションということになります。

 

家族構成は両親と、お姉さんがお一人いらっしゃるみたいですね。

 

その中でもお父様はフリーアナウンサーの宇野和夫さん

 

お姉様は宇野あゆみさんで、お姉さんも女優をされていらっしゃいます。

 

そういった家族構成もあり、親子でトークショーなどのお仕事をやってらっしゃるようです。

 

1998年の渡る世間は鬼ばかり、子役デビューをしてから、
その後レギュラーでの出演となりあの子役の特徴的な演技ということで注目を集めましたね。

 

あれから20年近く経つわけですが、今も女優を続けられているという事になりますね。

 

ただ、彼女もいろんな意味で波瀾万丈な人生を歩んでいるといえます。

 

次の章にまとめてみました。

 

 


スポンサーリンク



宇野なおみさんの出身大学は早稲田大学!しかし高校は?

 

宇野なおみさんの出身大学は早稲田大学文化構想学部という学部になります。

 

 

既に卒業されています。

 

早稲田大学というだけで基本的にはどの学部もレベルが高い学校というのはほとんどの方がご存知ですね。

 

その中でも文化構想学部いうのは下記のようなことを学ぶ学部のようです。

  • 文化の様相と構造を解明し、表象の分析と文芸の創造に取り組み、人間と社会の本質に迫ることによって、新しい時代にふさわしい文化を構想する。
  • 文化学の叡智を現代の課題で照らし、これまでの学問領域を大胆に乗り越えて、広領域的・学融合的アプローチを実践する。

 

私は経済学部なのでそういった数字を扱う学部とはまたちょっと違う学問のようですね。

 

女優さんが選びそうな学部です。

 

偏差値は 60-67.5 がボーダーラインというところになっていて、
いずれにしても優秀な学生が集まる学部であるということは間違いありません。

 

宇野さんも相当勉強していたと思いますが、
実はこの宇野なおみさんは高校を卒業していないという事実があります。

 

どういうことかというと、一度、東京都立六本木高等学校という学校の定時制に通っていたようなのですが、途中で仕事が多忙になって中退してしまったということです。

 

その後、「高等学校卒業程度認定試験」を受けて、見事合格。

 

高卒の認定を受けて、早稲田大学を受験したようです。

 

単純に考えてみれば、高卒認定を受けて、早稲田大学合格するということは、
簡単なことではありません。

 

独学での勉強は必要ですし、密度の濃い勉強時間を確保しなければならないからです。

 

そういう意味では子役時代から培ってきた集中力がものをいったのかなと思います。

 

 


スポンサーリンク



宇野なおみさんの父・和男さんと姉・あゆみさん

 

宇野正美さんのお父さんである宇野和男さんは、フリーのアナウンサーということでそちらの経歴も調べてみました。

 

キャリアのスタートはテレビせとうちで、ラジオたんぱなどを経てフリーになったようです。

 

主に競馬の実況を担当することが僕過去には天皇賞の実況も担当していたということです。

 

わかる人にはわかるかもしれませんが、サイレンススズカが故障した第118回天皇賞の実況を担当していたということで有名です。

 

現在もそのフリーアナウンサーの仕事は継続されていて、
イベントやトークショーなどの司会などをされているようです。

 

宇野なおみさんとも親子でトークショーなどを開いたりするなど、
活動の幅は現在も広げて行っているようです。

 

宇野なおみさんのお姉さんの、宇野あゆみさんですが、
お仕事は女優と声優の両方をこなしているということでしたので、
具体的な経歴を調べてみました。

テレビドラマ
大好き!五つ子Go!!(斎藤結衣)
はぐれ刑事純情派
ファイト
茂七の事件簿3 ふしぎ草紙(2003年 NHK)
柳橋慕情

映画
ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT(川瀬マリ)
ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET ムサシ(13才)少年編(川瀬マリ(13歳))
学校の怪談

吹き替え
アニマルレスキューキッズ(フロ好きのクマ)
カーラの結婚宣言
クッキ ?菊熙?
シェルビーの事件ファイル
ハリー・ポッターと謎のプリンス(ラベンダー・ブラウン[1])
名探偵モンク
ワーストウイッチ(シビル)

 

 

事務所には所属せずにフリーで動いている女優さんのようです。
事務所に所属するといろいろな制約が出るためあえてフリーで活動しているのだと思います。

 

おそらくですが、声優をやるということに関しても、
自分の好きな仕事をするというようなスタンスのようです。

 

女優としての出演作品は下記のようなドラマや映画になります。

 

声優としては、映画やアニメの吹き替えをやっているようですね。

 

 


スポンサーリンク



さいごに

 

渡る世間は鬼ばかりでのあの特徴的な子役デビューから20年ほど経ちますが、
現在も女優を続けていらっしゃるという事で、なんだか時が経つのは早いですが、志を女優というところに持ち続けている宇野なおみさんが、懐かしく思いました。

 

一流大学を出ているので今後もそういったインテリジェンスを生かして、活動の幅を広げていってもらいたいと思います。

 


スポンサーリンク



Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。