八甲田山の紅葉の見ごろっていつ?渋滞やその他の観光ポイントは?

 

 

日本百名山の1つにも数えられている八甲田山。実は青森県青森市の南側にそびえる複数の山峰の総称です。

 

秋には八甲田山の連峰全体が紅葉し、壮大な自然の風景を楽しませてくれます。

 

今回は八甲田山の紅葉を楽しむために、紅葉の見ごろや渋滞状況、そして紅葉の他にはどんなスポットがあるのか、まで見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

八甲田山の紅葉の見ごろっていつごろ?

 

 

八甲田山の紅葉は、例年9月下旬頃から10月下旬ごろまで楽しめます。

 

特に10月上旬から10月中旬までが紅葉のピークで、この時期が一番の見頃です。観光客のピークもこのころです。

 

場所別に見ていきましょう。

 

まずは山頂です。見頃は10月上旬です。

 

北八甲田の田茂萢岳の麓から山頂付近(標高1314m)まで、ロープウェイに乗り、山頂公園駅を目指します。

 

またそのロープウェイから眺める紅葉を360度の大パノラマで堪能することができます。

 

赤黄緑に彩られた山腹から遠く岩木山や北海道までを望むことができ、その眺望は雄大かつ絶景です。

 

ゴンドラの終着地点は、田茂萢岳(たもやちだけ)の山頂公園という場所。天気がよければ、ここから青森市内や下北半島が望めます。

 

「ロープウェイ山頂駅」を下車すると、ハイキングを楽しめる、八甲田ゴードラインという全長約3キロのトレッキングコースがあります。

 

八甲田ゴードラインは短いコースを選べば、1キロ前後・約30分の散策が可能。全て歩いても約1時間なので、紅葉を楽しみながら散策するにはピッタリのコースです。

 

ゴードライン周辺は湿地帯となっていて、遠方の紅葉と近景の高山植物を合わせて楽しめます。

 

またコースの途中にある「睡蓮沼」は、ゴードライン最大のビューポイントです。沼に映る山々と周りの自然を楽しむことができます。

 

次に山麓です。見頃は10月中旬~下旬頃となります。

 

八甲田ロープウェイの出発点です。山頂付近より紅葉時期が遅いので、山頂付近の紅葉時期を逃してしまった人はコチラで紅葉を楽しみましょう。

 

八甲田山は早い年だと「10月末頃」に初雪を観測します。運が良ければ山頂付近の冠雪と紅葉が一緒に楽しめます。

 

山頂、山麓どちらにも言えますが、紅葉の見ごろ時期は寒いです。防寒対策を忘れないようにしましょう。

 

特に山麓で冠雪と紅葉を楽しみたい場合は、防寒対策は万全にしてくださいね。

 

それと山の天気は非常に変わりやすいので、雨に備えた準備も忘れないで下さい。

 

 

 

八甲田山の紅葉シーズン中は渋滞とかするの?

 

 

では紅葉シーズンの渋滞をみていきましょう。

 

八甲田ロープウェイ山麓駅へ向かう国道103号線、394号線は急こう配、急カーブが多いため、違法駐停車などによる渋滞は見られませんが、394号線の城ヶ倉大橋周辺は渋滞が発生しやすい場所です。

 

駐車場及び駐車帯は早い時間帯から混雑し満車となってしまいます。

 

もし確実に駐車したいと考えているのであれば朝の7時前、遅くとも8時までにはお目当てのスポットに到着するようにしましょう。

 

酸ヶ湯温泉近くの「酸ヶ湯公共駐車場」や「八甲田ロープウェイ駐車場」は収容規模が大きく比較的遅い時間帯に訪れてもなんとか駐車は可能です。


スポンサーリンク

 

 

八甲田山の紅葉以外の観光ポイントを教えて!

 

紅葉を楽しんだあとは、紅葉以外の観光スポットで八甲田山を楽しんでみましょう。

 

八甲田山を語る上で外せないのが、八甲田雪中行軍遭難事件でしょう。

 

高倉健さん出演の映画「八甲田山」の題材ともなりました。

 

命がけで行進し立ったまま仮死状態で発見され、救難活動のきっかけとなった後藤房之助伍長を記念して雪中行軍遭難記念像が建てられています。

 

周囲は開けていて景色が良く、田代高原や青森市街が眺望できます。

 

絶景を眺めながら、歴史に思いを馳せてみましょう。

 

次にオススメなのは温泉です。

 

現在活動は比較的穏やかとなっていますが、実は八甲田山付近は複数の火山群の集まりです。

 

八甲田山付近では火山活動に由来する温泉が数多く存在し、泉質もそれぞれ異なるこの温泉群を巡る国道103号線や県道40号線は八甲田秘湯回廊とも呼ばれています。

 

これらの温泉は全てで日帰り入浴が可能となっております。

 

また男女混浴の千人風呂が有名な酸ヶ湯温泉というのもあります。

 

八甲田では以前は酸ヶ湯温泉の他に谷地温泉でも一部混浴が可能でしたが現在は時間制となっており、混浴の温泉は酸ヶ湯温泉のみとなっています。

 

家族でゆっくりと温泉に浸かりたいのであればオススメです。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

見ごろや渋滞問題を考慮しながら、今年の秋は是非とも八甲田山に出かけ、紅葉の色づきを楽しみながら自然の壮大を感じてみてくださいね。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。