子供の歯ぎしりがひどいのは何で?やめさせるには?治らない場合は?

 

 

子供が小さいうちは、何かと心配なことが多いですよね?

 

特に歯のことは、虫歯や生え方など、気になることがたくさんあります。

 

私の子供は、小さいうちによく歯ぎしりをしていました。

 

日中はしないのに、なぜか寝ている間だけ。。。

 

気になって、無理にやめさせようとしたりしました 笑

 

 

歯ぎしりをすると、歯並びに影響が出るのでは、と気になって仕方がなかったです。

 

今考えると、そこまで心配することでもなかった気もしますが、親としてはとても心配になりますよね。

 

まずは、歯ぎしりをする原因からみていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

子供の歯ぎしりがひどい原因は何?なぜうちの子が?

 

他の子はしていないのに、なんでうちの子が。。。と思うかもしれません。

 

でも、子供のうちの歯ぎしりってそんなに珍しいものでもないんです。

 

大人の歯ぎしりは、よくないことばかり耳にしますよね?

 

では、子供の場合はどうでしょう?

 

実は、子供の歯ぎしりには、大切な役割があったんです!

 

子供は、歯ぎしりをすることであごの成長と位置決め・永久歯の位置決めをしています。

 

歯が生えたての頃は、歯がゆくてしていることもありますね。

 

子供の歯ぎしりは、ほとんどの子が自然に治るので、そこまで心配することではありません。

 

もし、永久歯が生えそろうくらいになっても治らないときは、歯医者さんに診てもらいましょう。

 

そうはいっても、歯ぎしりはやめさせたいですよね?

 

次に、歯ぎしりをやめさせるにはどうすればいいのか、みていきましょう。

 

 

歯ぎしりをやめさせるにはどうすれば良いの?

 

子供の歯ぎしりが、悪くないのはわかったけど、できればやめさせたい!

 

そんなときは、まずご飯のときによく噛んでいるのか見てみましょう。

 

噛む回数が少ないと、歯ぎしりをすることで噛み合わせをよくしようとします。

 

昔から、よく噛んで食べるように言われますよね?

 

あれは、?み合わせをよくするためだったんです。

 

ほかにも、猫背の子は歯ぎしりをする傾向にあります。

 

最近は携帯ゲームやスマホなどを使う子供が増えてきています。

 

下を向いてするゲームなどは、猫背になりやすいので、日ごろから正しい姿勢を心がけるのが大切ですね。

 

では、もし永久歯が生えてきても歯ぎしりが治らなかったときはどうすればいいのでしょう?

 

次に、もし治らなかったときの対処法をみていきましょう。

スポンサーリンク

 

歯ぎしりが治らない場合はどう対処すれば良い?

 

永久歯が生えてくるころといっても、個人差があります。

 

遅い子もいれば、早い子もいるので、どのくらい生え変わったかをみてあげましょう。

 

学校でも歯科検診があるので、それを参考にするのもいいですね。
では、本題に入ります。

 

もし、歯ぎしりが治らなかった場合、まずは歯医者さんに行かないといけません。

 

そこで、夜にマウスピースを着ける必要があるのか、歯列矯正をしなければならないのかが決まります。

 

もし、マウスピースで対処する場合は、寝るときに装着するようになります。

 

最初は気になって寝にくいかもしれませんが、慣れると普通に寝れるようになります。

 

マウスピースは、市販でも売っていますが、合わないことがあるので歯医者さんで作ってもらうことをおすすめします。

 

次に、歯列矯正をする場合です。

 

もし、マウスピースでは対処しきれないときは、歯列矯正が必要になってきます。

 

今は、歯の裏側に金具をつけることができるので、そんなに目立たなくなりました。

 

でも、費用が高いので、医師と相談して決めましょう。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

歯ぎしりは小さい頃はあまり気にしなくていいことがわかりましたね。

 

歯とかみ合わせの問題・姿勢と、気をつけないといけないことが多いですが、これは大人も同じです。

 

最近は、どうしても姿勢が悪くなり、猫背になりやすい傾向にあります。

 

子供に注意するだけでなく、まずは、大人も気をつけてみましょう。

 

もし、歯ぎしりについてどうしても気になるなら、歯医者さんに相談してみるのもいいと思います。

 

でも、まずは家でできることを試してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。