赤ちゃんに発疹が急に出来てしまった!救急に駆け込む?対処法は?

 

赤ちゃんの肌の様子って気になりませんか?

 

ニキビのような湿疹、じゅくじゅくした湿疹、乾燥からくる肌荒れ・・

 

月齢や生活環境で、赤ちゃんの肌は常に変化しています。

 

でも時には放置してはいけない湿疹、発疹もあります。

 

何かほかの病気が隠れているサインかもしれません。

 

赤ちゃんに急に発疹ができた時の対処法や、病院へ連れて行く必要があるのはどんな場合かお話したいと思います。

 

これからの育児の参考になればと思います。
それでは、どうぞ。

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんに発疹が急に出来てしまった場合はどう判断すれば良い?

 

 

まず、発疹のタイプで判断してみましょう。

 

 

・乳児湿疹、脂漏性湿疹、アトピー性皮膚炎、あせも

 

これは熱を伴わないもので、とくに赤ちゃんの機嫌も悪くありません。

 

赤ちゃんの肌はデリケートなので、外部からの刺激を受けやすくなっています。

 

食べこぼしやよだれ、汗などが肌を刺激し、発疹が現れます。

 

また赤みや乾燥がひどい場合はアトピー性皮膚炎の可能性も。

 

心配な場合は受診しましょう。

 

 

・じんましん

 

食べ物や温度差でアレルギー反応を起こしてしまいます。

 

発疹が出た時の食品をメモしておくのがいいですね。

 

また部屋の温度も一定に保つようにし、寒暖差が大きくならないように気を付けましょう。

 

 

・熱を伴う発疹

 

発疹による病気は、熱とともに現れることがほとんどです。

 

以下のような病気が疑われますので、早目に受診しましょう。

 

>突発性発疹

 

>溶連菌感染症

 

>ヘルパンギーナ

 

>手足口病

 

>水ぼうそう

 

>麻疹

 

>風疹

 

 

いずれも高熱を伴うことが多く、全身に広がることがよく見られます。

 

風邪のような症状が出るものもありますので、そちらの治療が優先されます。

 

また感染力の強いものもありますので、周囲にもうつさないように気を付け てください。

 

 

赤ちゃんに発疹が出来てしまった場合は迷わず救急に駆け込む?

 

発疹が出たらまずは慌てず、赤ちゃんの様子を見てあげてください。

 

発疹以外に変化がなく、機嫌がいいのであればまず急は要しません。

 

時間とともに消える発疹もありますので、救急に連れて行く必要はありません。

 

発熱している場合でも、けいれんなどの症状がなければ一般外来で大丈夫です。

 

夜中に急に発熱しても、慌てず次の日に受診す るようにしましょう。

 

ただアレルギー性じんましんは要注意です。

 

食べ物などによる急性アレルギー症状が、じんましんということになります。

 

これがアナフィラキシーへ移行してしまうと大変です。

 

のどの粘膜が腫れあがり、呼吸困難に陥ることがあります。

 

最悪の場合、死に至ることもある怖い病気です。

 

呼吸困難などの症状が現れたら、迷わず救急車を呼んでください。


スポンサーリンク

 

赤ちゃんに発疹が出来てしまった場合の対処法は?

 

赤ちゃんの肌は大人の半分の厚みしかなく、とてもデリケートです。

 

そのため、発疹が肌に現れることはよくあることだと思います。

 

月齢の低いうちは皮脂分泌が盛んで、ニキビのような湿疹ができます。

 

この時期はとにかく肌を清潔に保つことが大事です。

 

特に授乳後の口周りの汚れ、よだれはこまめに優しく拭き取ります。

 

拭き取った後は、ベビーローションなどで肌を整えてあげるといいでしょう。

 

そして月齢が上がれば逆に乾燥が目立つようになり、肌が赤みを帯びて荒れます。

 

乾燥は4か月頃からひどくなるので、この時期から保湿は気を付ける必要があります。

 

乾燥した肌は外部から刺激を受けやすく、肌が赤く腫れて発疹を伴うことがあります。

 

部屋も加湿器で十分な湿度 を保ち、こまめに保湿クリームを塗ってあげましょう。

 

どちらも病気で発疹を起こしているわけではないので、あまり慌てることはありません。

 

ただ赤ちゃんが、かゆみから肌をかきむしってしまうことがあります。

 

うちの子の場合、荒れた肌がかゆくてかいてしまい、とびひになってしまいました。

 

とびひは他の部分にも感染してしまうので、早期の治療が大切です。

 

できるだけ清潔にしていても、肌が炎症を起こしている状態ではなかなか治りません。

 

じゅくじゅくした湿疹に変わってきたなら、一度小児科や皮膚科を受診してください。

 

急に発疹はまず熱があるかどうか、呼吸は乱れていないか注意してください。

 

 

まとめ

 

 

今回は赤ちゃんの発疹についてのお話でしたが、いかがでしたか?

 

少しでも参考になったなら嬉しいです。

 

初めての子育ては、不安の連続です。

 

突然の熱や発疹で、何か大きな病気では?と心配になりますよね。

 

そんな時こそ慌てずに、一呼吸おいてみましょう。

 

赤ちゃんの発疹がどのようなものなのか、冷静に判断してください。

 

夜間や休日、一人では解決できない場合は「#8000」に電話してみることもおすすめします。

 

あなたの住んでいる地域の小児緊急相談事業に接続され、小児科医や看護師が相談にのっ てくれます。

 

そしてその判断材料のひとつに、今回のお話が活かされることがあれば幸いです。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。