産後の体型戻しはいつから、いつまでがOKなの?その方法は?

 

つい最近出産を終えたあなた、産後の体型について心配になったことはありませんか?

 

私はこれまでに3人出産しましたが、妊娠前と変わらない体型です。

 

もしかしたら、年齢とともに多少は変わってしまっているのかもしれませんが・・

 

周りの人からも「変わらないね~」とお世辞でも声をかけてもらえるだけ、大目にみてくださいね。

 

今回は私が産後に気を付けていたこと、体型を戻すコツをお話したいと思います。

 

産後は赤ちゃんのお世話で自分のことは後回しにしがちですよね。

 

とにかく自分のために時間をかけられない時に、無理なくできることが重要です。

 

後悔しないためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

産後の体型戻しはいつから始めてOK?

 

産後約1か月は、産褥期と呼ばれる期間です。

 

これは出産で消耗した体力の回復のための時期です。

 

この時期に無理に体型を戻そうとすると、体調を崩してしまいます。

 

今後の育児にも影響が出ますので、産後の1カ月検診が終わるまでは
安静にしておくことをおすすめします。

 

妊娠中から運動が制限され、産後は筋力が落ちている状態です。

 

また出産や慣れない育児、夜間の授乳で疲れやすい体になっています。

 

何より母乳を作り出すには、通常より多くのカロリーを消費します。

 

赤ちゃんにしっかりと栄養を与えるためには、ママの食事がとても大切です。

 

栄養バランスの摂れた食事で、授乳で失った栄養素をたくさん補う必要があります。

 

この時期に食事制限などのダイエットすることは、絶対に避けてください!

 

極端に言うと、よく食べてよく寝ることが許される時期なのです。

 

私も本当によく食べてましたし、赤ちゃんの睡眠に合わせて寝るようにしていました。

 

それでも産後は特に何もしなくても緩やかに体重が落ちていきます。

 

赤ちゃんの体重と羊水、この分は分娩とともに減りますよね。

 

残りは妊娠中に増えた血液量、産後の体力維持のために蓄えられた皮下脂肪です。

 

授乳をしていれば、この分は産後1か月~6か月ほどで自然と減っていきます。

 

本格的な体型戻しは、産後3か月頃から始めるのがおすすめです。

 

ママの体力も回復しだすころですし、ベビーカーなどでお出かけできるようになります。

 

お散歩がてら、ウォーキングなどの軽い運動から始めることが効果的です。

 

 

産後の体型戻しはいつまでに行なえば間に合う?

 

産後には体型が戻りやすい時期があります。

 

この時期を逃すと戻りにくくなりますので、気を付けなければなりません。

 

基本的に産後6か月頃までが体型を戻しやすい期間と言われています。

 

私も6か月頃までは、本当にスムーズに体重が落ちました。

 

とくに制限などしていませんでしたが、やはり授乳でかなりのカロリーを消費していたと思います。

 

ただ赤ちゃんの離乳食がはじまると、授乳の回数も減ります。

 

当たり前のことなんですが、今まで消費していたカロリーも少なくなります。

 

このあたりから、少しずつ食事の量は気を付けた方がいいですよ。

 

高カロリーのものや、インスタント食品は乳腺炎を招く原因になります。

 

食べ過ぎは肥満につながることもあるので、注意してください。

 

また産後の体型には骨盤が大きく関係しています。

 

骨盤の歪みを放置しておくと、体型は戻りにくくなりますよ!

 

他にも下半身のむくみの原因 にもなりますので、骨盤矯正はとても重要です。

 

骨盤も同じように産後6か月頃までが動きやすくなっています。

 

それ以降になると骨盤は固まりだすので、この時期までに開いた骨盤を矯正しましょう。

 

私も産後すぐから骨盤ベルトを付けていましたし、産後1年間は補正下着のお世話になりました。

 

おかげで骨盤もある程度は矯正でき、育児につきものの腰痛もあまり感じませんでした。

 

体型戻しは長い人で1年~2年かかる人もいますので、焦りすぎもよくありません。

 

しかし骨盤が動きやすい期間をうまく活用するなら、産後半年~1年が体型戻しにベストです。


スポンサーリンク

 

産後の体型戻しのすごく効果的な方法はコレ!

 

先にお話したように、体型戻しは骨盤がカギになっています。

 

妊娠中から開きだす骨盤は、産後もそのままの状態になっています。

 

徐々に閉じてはいきますが、対処するとしないとでは大違いです!

 

産院でもすすめられると思いますが、産後すぐから骨盤ベルトを巻きます。

 

これは産褥期に無理なくつけられるタイプで、骨盤の補助的な役割をしてくれます。

 

この時期に強い締め付けのある下着の着用は向いていません。

 

あなたの体調を崩す原因になりますので、この骨盤ベルトで十分です。

 

その後体力が回復し徐々にお腹の膨らみが落ちてくれば、次のステップです。

 

ある程度補正力のきいた下着をつけて、さらに骨盤の歪みを戻していきます。

 

日中はやや強めの補正下着、夜はリラックスできるようなゆるめの下着と使い分けてもいいですね。

 

私は夜は普通の下着にして、骨盤ベルトだけサポートとして巻いていました。

 

また体力が戻ってきだすと、軽い運動もできるようになります。

 

まだ赤ちゃんの月齢が低いと、外ばかりに出かけられませんよね。

 

そんな時はストレッチで血流をよくしてみましょう。

 

骨盤の歪みは血流を悪くして、太りやすい体質にしてしまします。

 

骨盤矯正とストレッチを合わせることが効果的ですよ。

 

いろんなストレッチがありますが、私はス クワットをしていました。

 

もちろん軽いスクワットで、よく子供を抱いたままあやすついでにしていました。

 

その時も膝を曲げる角度は浅めにし、しっかりと足を肩幅に開いて安定した体勢で行います。

 

呼吸もゆっくりと腹式呼吸をしながら、3回1セットを日に3回ほどしていました。

 

これだけで効果は出やすいと思うので、ぜひできる範囲でトライしてみてください。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

産後の体型は、女性なら多くの人が気 になるものです。

 

出産のせいにして、そのまま体型が戻らなくていいのか・・
私の場合はNOでした。

 

授乳で体重は落ちても、体型はケアしてあげないと戻りません。

 

体型の崩れは腰痛や肩こりの原因にもなりますので、放置しておくと厄介です。

 

これからお子さんの子育ては、まだまだ体力勝負になってきます。

 

妊娠前の体型に戻すことは、あなたの健康にもいいことです。

 

これから取り組まれる方もぜひ、今回のお話を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。