赤ちゃんを連れての結婚式 いつから行ける?持ち物は?大変は事は?

人生に一度、大舞台の結婚式。家族揃って招待されることもありますよね。

 

時には、赤ちゃんもぜひ一緒にと言われることもあります。

 

大好きな友人の結婚式や大切な親戚の式ならばぜひ参列したいものですが、まだまだその場の状況を理解出来ない赤ちゃん連れでの結婚式への参列は賛否両論であるのも事実。

 

本当に赤ちゃんを連れて行って良いのか迷いますよね。

 

今回は赤ちゃんを連れての結婚式参列について、気をつけるべきポイントを見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんを連れての結婚式っていつから連れて行けるものなの?

 

では、生後何ヶ月から一緒に参列して良いのでしょうか。生後の期間ごとに見ていきましょう。

 

生まれて間もない生後1~2ヶ月ですと、赤ちゃんを連れての結婚式の参加は、かなり無理があります。

 

産後結婚式に参加する場合は、赤ちゃんはどなたかに預かってもらった方が安心です。

 

預け先がなく、会場に連れて行く場合は披露宴会場ではなく、別室を用意してもらうようにしましょう。

 

首が座り始める3ヶ月~4ヶ月であれば、参列しても良いでしょう。

 

首が座ると、抱っこがだいぶ楽にできるようになります。?ですので、抱っこひもは必需品です。

 

赤ちゃんが寝てしまっても抱っこひもがあれば?両手を使うことができますので、抱っこひもやスリングなどを持っていきましょう。

 

生後5ヶ月~6ヶ月になり、離乳食に慣れてきているようであれば、結婚式の最中に離乳食をあげられるように離乳食を持参しましょう。

 

まだあげ始めの場合などは、?結婚式中の離乳食は避けることをおすすめします。

 

7ヶ月~8ヶ月になり、お座りができるようになるになれば、子供イスを使うことができます。

 

子供イスを使う場合は事前に新郎新婦に伝えておきましょう。

 

生後9ヶ月~10ヶ月にもなりますと、そろそろハイハイができるようになるころです。

 

赤ちゃんも自分で動き回りたくなってきます。とは言え、結婚式の最中はそういうわけにもいきません。

 

赤ちゃんの気が紛れるようなおもちゃを持って行きましょう!

 

一人歩きができるようになる11ヶ月~1歳は長時間じっとしていることが難しくなってきます。

 

いざというときには外に出られるように、?できれば入口近くの席をお願いしておくと良いでしょう。

 

 

赤ちゃんを結婚式につれていく場合の持ち物 これは忘れないで!

 

では、赤ちゃんを連れての参列に必要なものは何があるのでしょうか。

 

基本的には、普段持ち歩いているマザーズバックの中身と同じと考えてよいでしょう。

 

授乳期や離乳食期の赤ちゃんは、粉ミルクや離乳食を持参しましょう。

 

食事はできる限り持参したほうが何かと安心です。

 

新郎新婦側には、赤ちゃん用の食事を持参することをひと言伝えておきましょう。

 

水分は結婚式場側で用意してくれる場合が多いものですが、事前に会場に確認しておくとよいですね。

 

おむつ替え関係は普段の外出よりも少し多めに用意しておきましょう。

 

特に、使用済みおむつ入れ(ビニール袋)は、会場によっては使用済みおむつを持ち帰る必要があることを想定して、用意しておくことをおすすめします。


スポンサーリンク

 

赤ちゃんを結婚式に連れていった時に大変だと思う事はどんな事ですか?

 

赤ちゃん連れで一番気を遣うことは「泣き声」です。

 

特に、しんみりした演出の場面で、赤ちゃんの泣き声が入ってしまったら、雰囲気を壊してしまう可能性があります。

 

少しでもぐずりそうになったら、披露宴会場を出る、授乳室や控え室に移るなど、会場ゲストへの配慮を忘れないようにしましょう。

 

赤ちゃんは、寝るときに決まった「おもちゃ」や「音」があるケースが多いですよね。

 

とても小さな音の場合は、同じテーブルの方にあらかじめ断って使用してもよいかもしれませんが、かなり大きな音や音楽が出るおもちゃである場合は、必ず会場を出て使用しましょう。

 

授乳にも気を付けましょう。現在は便利なグッズも増え、公共の場でも気兼ねなく授乳ができることが増えてきました。

 

けれども、結婚式にはさまざまなゲスト層が出席しています。

 

本来授乳は公の場では遠慮すべきもの、という考えの人がいる可能性を考えて、できれば会場の授乳室や控え室などで行なうほうがよいですね。

 

長時間の披露宴の間も安心して着席していられるように、「胸あて」の準備を万全にしておきましょう。

 

 

まとめ

 

産後の体調は本当に誰も予測できません。

 

直前にどうしてもダメになることは絶対にありますので、その旨は伝えておきましょう。

 

そして赤ちゃん連れで結婚式に参加する場合は、周りの協力も不可欠です。

 

仲の良い友人、旦那さんなど協力者に支えてもらいながら、素敵な結婚式をお過ごしくださいね。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。