赤ちゃん連れで結婚式に参加する時の注意点は?必需品はその他のマナー

 

お友達のご結婚おめでとうございます♪

 

すごく楽しみですよね。

 

でも楽しみな半面・・・子連れとなると、どうしよう大丈夫かな。。。

 

と嬉しさよりもぐずって泣いた時どうしようとかおむつ・食事のことなどなど考えると大丈夫かなと思うことばかりで、軽くパニック!!

 

になったこと私も、ありました。

 

私が結婚式に招待された時娘はちょうど2歳前でした。

 

子供は預けるところがない、でも結婚式には参加したい、友達も子供を連れてくることを承諾してくれている。

 

じゃ思い切って参加の方向で事前にありとあらゆることを想定して参加させてもらおう!と結婚式に出席しました。

 

事前に考えていたことも用意していたこともありその結果大きな失態もなく無事に楽しく結婚式に参加することが出来ましたので参考になれば幸いです!!

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんを連れて結婚式に参加する場合の最も注意すべき注意点は?

 

何といってもまわりに迷惑をかけないこと!これが大前提です。

 

もっとも注意すべきことはグズった時、またはグズル予感がした時には、すぐに退席しましょう。

 

ピークにグズルところまで気持ちがいってしまった時にはなかなかおさまらなくなってしまいますので飽きてきたかな?と感じた時には気分を一旦リセットするためにも退席して、好きなおやつをあたえたり、その日に用意しておいた簡易的なおもちゃなどを与えて少し遊ばすことです。

 

そのために結婚式場に事前に問い合わせ、授乳室があるのかおむつを替えるところがあるのかを事前にリサーチしておくことも大切です。

 

私の時は控室を用意して頂いていたため、そこでちょっとしたおやつなどを食べさせたりもできましたし、大きな会場でしたのでロビーにはお子様ずれの方が出てきて子供をあやしているという姿も何組かはいらしたので、退席さえすれば外ではなんとか歩きまわれるスペースもあったためご機嫌に過ごすことはできました。

 

祝辞の時や御両親へのあいさつの時など、もしぐずってしまいそうな気配があれば退席を。

 

ここは是非見たいという場面があれば、先持って子供の気持ちを満足させたうえで式場に戻るという方法を私はとりましたのでここ!というおさえておきたいところには参加することは出来ました。

 

先に先に子供の気持ちを優先し考えることによって何とか乗り切れましたよ♪

 

 

赤ちゃんと結婚式に参加する場合に持っていくべき必需品はコレ!

 

事前にベビーカーの持ち込みは可能か確認しておくとベストです。

 

寝てしまった時にとても重宝します。

 

結婚式場によってはベビーベットを式場の後ろの方に設置してくれていたところもありました。

 

こちらも確認事前にして頂くといいと思います。

 

抱っこひもが好きなお子様は抱っこひももお忘れなく。

 

あとは何があるかわかりませんので、お子様のお着替えは何着か持っていくことをお勧めします。

 

お着替えさせていきなりふだん着になってしまうと少し残念ですので、持参するものもお出かけ用の洋服を持参するのがベストです。

 

お気に入りのおもちゃももちろんいいですが、この日のために新しく買ったおもちゃを持参するのもぐずった時には効果大です。

 

子供は新しいものには目がないですものね。これはほんとおススメです。

 

ただ結婚式ですので音の出るおもちゃはNGですよ!

 

それ以外でしたら ウエットティシュもお忘れなく。

 

おしりふきがあるからいいわと思いがちですが、おなじウエットティシュでもおしりふきと書かれているものがテーブルにのっていたらちょっといい気はしませんものね。

 

退席した時にはいはい時期のお子様やなんでも掴んでなめてしまう時期のお子様には必需品ですので、お忘れなく。

スポンサーリンク

 

赤ちゃん連れで結婚式に参加する場合のその他のマナーは?

 

事前に新郎新婦様どちらにも 子供がぐずったり体調が悪くなったら退席する旨をお伝えしておくとことをおススメします。

 

会場のスタッフの方にも『子連れなので何かありましたらお世話になるかもしれません』と始まる前に一言伝えておきましょう。

 

私の場合ですが、一言添えるだけで何かあったら頼めるぞと自分の気持ちも落ち着きましたので、事前に声をかけて良かったように思います。

 

御一緒した席の方にもよろしくお願いしますと一言事前に挨拶しました。

 

後は御祝儀ですが、離乳食や軽食をご用意して頂いてる場合でしたらもちろん御祝儀にプラスαするなどの配慮が必要だと思いますし食事の用意がない場合でも御祝儀かギフトかそれぞれに内容に応じてご検討くださいね。

 

 

まとめ

 

大勢の人が集まる場所は苦手だった娘ですが、特に大きくグズルこともなく、逆にいろんな方にかまってもらえるのが嬉しくご機嫌な時が多かったです。

 

事前準備など連れていくのは大変ですが、いくつかの点をおさえて出席すれば大丈夫ですよ。

 

子供の何とも言えない笑顔によって式場がより一層華やいだり笑顔になったりすることは間違いありません。

 

幸せオーラが全開の結婚式を存分に楽しめますように♪

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。