敬老の日は何歳から祝う?失礼の無いように嫁として注意すべき点

世界的にも長寿国として知られている日本。お年寄りの多い私たちの国では、他国にはない珍しい祝日があります。

 

それは敬老の日。

 

私も幼い頃に祖父母へ自分の描いた絵や工作品を渡しましたが、子供の作る拙いものでも凄く喜んでくれて、来客に自慢するように見せてくれていた記憶があります。

 

品物の良し悪しではなくお祝いする気持ちで喜んでくれるんですよね。

 

お子さんがいるご家庭では、やはり敬老の日は祝ってあげたいとお考えではないでしょうか。

 

ただ、敬老の日=お年寄りというイメージがあり、近頃のお年寄りは心身共に健康で若々しい方も多く「自分はまだ老人じゃない!」と、お祝いされること自体を不快に感じてしまう場合もあります。

 

その為、その対象が旦那さんのご両親の場合は特に失礼のないようにしたいところ。

 

今回はそんな敬老の日でお悩みの方のために、敬老の日に関することや注意点について説明させていただきますので、是非参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

敬老の日は何歳からが ご老人 と言えばいいの?定義出来る?

 

そもそも敬老の日というのは読んで字の如く、お年寄りを敬う日です。

 

でもお年寄りって何歳からなのか分かりませんよね。

 

老人福祉法では65歳以上の方を老人として定めていますので、その考えから行けば65歳から敬老の日をお祝いするのが一般的ではあります。

ただ、近頃の65歳くらいは趣味はもちろん仕事などまだまだアクティブに動いている年齢。

 

本人からしてみれば自身がお年寄りとは考えていないことの方が多いです。

 

その為、明確に○○歳から老人!と当てはめてしまうのは失礼になってしまう場合がありますので、年齢を定義して考えるのは避けたほうが良いでしょう。

 

最近では敬老の日はお年寄りを敬う日というよりは、おじいちゃん・おばあちゃんに感謝する日という考え方に変わってきています。

 

孫が祖父母を祝う日という考え方なら年齢も関係ないですし、孫から祝われることは嬉しいことでしょうから、お子さんがいらっしゃるご家庭でしたら年齢は然程気にする必要はないと言えます。

 

 

敬老の日で祝う相手に失礼の無いように祝うには何に注意すれば良い?

 

敬老の日に一番注意しなければいけないこと、それはプレゼントする品物です。

 

年齢が離れていると何をあげたら喜ぶのか分からないでしょうし、同居していればまだしも離れて暮らしている場合はリサーチも出来ないので注意が必要です。

 

物を贈る場合の注意点としては、基本的に相手の趣向に合ったものや必要な物、使い方が簡単なものを贈るようにしましょう。

 

よく洋服や小物をプレゼントされる方も多いですが、洋服の場合はお腹周りなどのサイズが大きめの方の場合、万が一サイズが合わなかったら目も当てられません。

 

また、相手の趣向に沿ったものを選ばなければ使わず終わってしまうなんてこともあります。

 

洋服や小物をどうしてもプレゼントされたい場合はサイズと趣向をしっかりチェックしましょう。

 

それから、電子機器や家電類は苦手な方も多いです。プレゼントされても使い方が分からず迷惑なだけということにも成りかねません。

 

電子機器や家電類をプレゼントされる場合は相手が本当に欲しがっているもの以外は基本的に避けたほうが無難でしょう。

 

品物でのプレゼントでは決めかねるという場合は、近頃のおじいちゃんおばあちゃん世代は物に困っていない方も比較的多いので、物よりも思い出をプレゼントすることをおすすめします。

 

可能な限り直接会ってお祝いしましょう。孫の手作り品はもちろん、家族みんなでの食事会や旅行も喜ばれます。


スポンサーリンク

 

敬老の日に嫁としてのあなたが注意すべき点はコレ!

 

敬老の日のポイントはある程度ご理解いただいたところで、失礼のないよう万全を期すためにも、お嫁さんである貴方が注意するべき点を挙げさせていただきます。

 

まず、必ずプレゼントを贈る日や訪問日のスケジュールを事前に連絡して確認をとりましょう。

 

何故かというと突然の来訪は気心知れた関係であったとしても失礼に当たるからです。

 

相手の方だって予定というものがあります。

 

プレゼントを早く見たいでしょうし、せっかく孫と会えるのであれば時間を作ってゆっくり会いたいはず。

 

ちゃんとスケジュールを確認して都合のつく日に合わせましょう。

 

また、心身共に若々しいとは言っても、やはり若い世代と比べれば遠出したり外出するのが億劫になります。

 

お祝いするんだし、せっかくなら普段できない贅沢をさせてあげようと思って色々計画を立てることもあると思いますが、逆に疲れてさせてしまう場合もあります。

 

相手の体力や趣向を考慮して、行き慣れた場所や遠出するなら宿泊を含めてゆっくり観光出来るようなプランでお祝いをすることをおすすめします。

 

 

まとめ

 

年齢やプレゼントの中身というよりは、お祝いする気持ちのほうが重要な敬老の日。

 

少し注意点はあるものの、こうして調べながら敬老の日をどうしようかと考えている貴方のその気持ちがあれば、間違いなく喜んでもらえますので、是非敬老の日にはお祝いしてみてください。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。