自転車通園のレインコートとレインポンチョはどっち?子供の場合は?

 

梅雨の時期の自転車での登園ってめんどくさいですよね 笑

 

家から近い距離に保育園や幼稚園があったとしても、自転車使う以上は雨対策を考えないといけないですから。

 

自分だけなら気にならない事も、お子さんも一緒だとすごく神経を使わなければいけなくて。

 

朝からバタバタしながら準備をして、旦那さんを送り出して、子供の準備をして外に出て、、、、

 

そして雨に向かって自転車を漕ぎ出す。。。

 

すごく億劫になります。

 

そこで、今回は自転車で通園しているお子さんを持つあなたに、レインコートとレインポンチョのどちらがいいか?

 

雨の日でもオシャレに送り迎えが出来るコーデ。

お子さんの雨対策についてお伝えしますね!ぜひ参考にしていただばと思います。

スポンサーリンク

自転車通園の場合のレインコートとレインポンチョ

 

自転車で通園をしている場合、私もそうだったんですが、まず自転車に乗っているときに濡れるんですよね。

 

自分だけならいいんですが、子供も濡れてないかな?大丈夫かな?とか、気にしながら園に向かわなければいけない状態になります。

 

そして、園に着くと屋根の無い駐輪場に自転車を止めて、中に入らなければいけません。

 

その時も、子供一人で自転車に乗せておくわけにもいかないので、子供をスムーズにおろしてなるべく濡れずに中に入る必要があって、すごくバタバタします。

 

レインコート、レインポンチョのどちらかを着ていれば、極力雨で濡れるという事は避けられるのですが、レインコートの場合は、自転車が漕ぎにくいですし、レインポンチョの場合は若干ながら脚が濡れてしまうという事態になります。

 

結局どちらが良いのだろうという事で、私が最終的に落ち着いた恰好を次でお伝えします。

 

レインコートとレインポンチョはどっちががいいの?

 

先ほどもお伝えした通り、レインコートとレインポンチョは一長一短ですが、私のおすすめはレインポンチョの方です。

 

自転車をこぎやすいという事もありますし、園に着いたあとも動きやすいので、子供を早く中に入れる事ができます。

 

子供を自転車から下ろすのも、雨の日ではめんどくさくて仕方がありません 笑

 

個人的にレインコートは足元がもたつく感じがあって、自転車も漕ぎにくいので、私はレインポンチョを着て保育園への送り迎えをしていました。

 

ですが、レインポンチョは脚が濡れやすくなってしまうので、ダメージをなるべく抑える為に、長いレインブーツを履いていました。

 

それと、レインポンチョについているフードだけだと頭(髪の毛)が濡れてしまうので、フードの中に納まるぐらいの大きさのレインハットをかぶり、その上からフードをかぶっていました。

スポンサーリンク

 

レインポンチョ+長めのレインブーツ+レインハットというコーデで梅雨を乗り切っていたのを覚えています。

 

これだと色の組み合わせさえ間違わなければ、ファッション性も維持出来ます。

 

雨が降っていようと、他のママさんってメイクもしっかりしてくるじゃないですか?

 

それにはすごい脱帽をするんですが、そんな他のママさんの目もあります。ファッション的な所も気にしていたのですが、この組み合わせであれば問題無しです!

 

あとは、おすすめとしてはレインポンチョは少し安いものでも大丈夫です。でも、レインブーツだけはしっかりとしたものを購入する事をお勧めします。

 

アウトドアブランドの製品を購入してください。

 

そうすれば冬の寒い日も対応出来ますし、今のアウトドアブランドのブーツはデザインも凝ったものが多いのでおすすめです。

 

結局、おしゃれは足元を見られるという事からもブーツはしっかりとしたものを購入しましょう。

 

レインコートとレインポンチョ 子供の場合はどっち?

 

次は子供の雨対策ですが、二通りに分かれます。

 

レインコートかレインポンチョのどっちが良いか?という事ですが、結論としてはどちらでも大丈夫です。

 

というのも、自転車で通園する場合、自転車の前部分か後部分に乗せて通園すると思います。

 

どちらにしても狭い椅子に座る事になるので、レインコートでもレインポンチョでもさほど変わりは無いんです。

 

ですが、いずれにせよ「レインパンツ」を履かせるようにしてください。

 

園に着替えを持っていくのもありですが、極力手間を省く為には完全防備に近い形で送り迎えをする必要があります。

 

前でも後ろでも、レインコートでもポンチョでも、レインパンツと長靴をはかせて、下半身が雨に濡れないようにしましょう。

 

これが私の一つ目の提案です。

 

次の提案は「レインカバー」です。

 

レインカバーは子供をカバーで覆って雨から守れるカバーですが、これを使えば自転車に乗っている間は、ジャンバーを着せておくぐらいで大丈夫です。

 

ですが、レインカバーの場合は駐輪場についてからは折りたたみ傘をさして玄関に向かうなり、玄関までの雨は多少我慢するかしなければなりません。

 

私としては「完全防備」バージョンをオススメします 笑

 

レインカバーも使っていると破れたり、風の影響を受けやすい事もあるので、個人的にはあまり好きではなかったです。

 

それも環境によって違うので、これらのデメリットを知った上でためしてみるのもいいと思います。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

梅雨の時期はお子さんがいてもいなくても気分が落ちます。。。

 

ですが、レインブーツを選んだり、ポンチョを選んだり、ファッションの一部として考えられれば、苦痛だった自転車通園もきっと少しは楽しくのなるのではないでしょうか?

 

ぜひお試しください!

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。