結婚式のスピーチ 主賓の場合の例文は?格言や時間もこれで決まり!

結婚式のスピーチって緊張するし何を話していいのかわからなくなりますよね。

 

中でも緊張するスピーチといえば、主賓としてのすぴーちではないでしょうか。

 

どうやって切り出しスピーチをはじめてれば良いのか、また、ご指名いただいてスピーチしているのだから、かっこいい格言でスピーチをしめたい、など考える方がいらっしゃると思います。

 

他にも、スピーチにどれくらいの時間を費やせば良いのかなどわからないことだらけですよね。

 

今回は、結婚式で主賓としてのスピーチを頼まれた時の、スピーチの内容や時間などを紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

結婚式のスピーチ 主賓としての例文はコレ!

 

まずは軽く、スピーチの流れを説明したいと思います。

 

導入:

新郎新婦、ご両家のご家族に対し祝福の言葉と披露宴にお招きいただいたことへの御礼、自己紹介、諸先輩方への恐縮の意を示す言葉、着席の促し

 

テーマ:

新郎または新婦とのエピソードトークとはなむけの言葉

 

結び:

最後にもう一度祝福の言葉、と御礼の言葉、新郎新婦への応援・激励、幸せの祈念

 

では、主賓としての例文を導入部分だけ紹介したいと思いまします。

 

「(新郎)さん、(新婦)さん、本日はご結婚、誠におめでとうございます。また、ご両家のご親族の皆さま方にも、心よりお祝い申し上げます。そして本日は、素晴らしい披露宴にご招待いただき、誠にありがとうございます。只今ご紹介に預かりました、(自分の名前)でございます。諸先輩方をさしおき、誠に僭越ではございますが、ご指名をいただきましたため、一言ご挨拶を述べさせていただきたいとおもいます。どうぞ皆様ご着席なさってください」

 

このように主賓としてご挨拶をする場合の注意点としては、まず、目上の年長者の方に対して恐縮の意を示すことが大切になります。

 

来席した方の中には自分よりも年上の方がいるはずですので、「諸先輩方をさしおきながら僭越ではございますが~」敬意の言葉を忘れないようにしましょう。

 

また、主賓のご挨拶の際、媒酌人・新郎新婦がご起立してくださるため、すぴーの導入部分には必ず着席を促す言葉を入れるようにしましょう。

 

 

結婚式のスピーチを主賓としてカッコよく格言で締めたい!

 

やはりスピーチはかっこよく格言で締めたいですよね。

 

これは、私が友人の披露宴に参加した時なのですが、主賓の方が「愛する者と暮らすには一つの秘訣がある。それは相手を変えようとしないことだ。

 

欠点を直そうとすると、たちまち相手の幸せまで破壊してしまう」という格言をスピーチに入れていました。

 

この格言は、海外の格言で、「お互いに欠点があるのは当然のこと。

 

結婚生活をうまくいかせるためには、お互いの欠点を非難し変えようとするのではなく、認め合いながら暮らしていくこと」という意味だそうです。

 

他にも格言はたくさんありますが、スピーチをする際は、1つに絞って話しましょう。

 

たくさんの格言を組み込んでしまうと、一番伝えたいことが何なのかはっきりしなくなってしまいます。


スポンサーリンク

 

結婚式のスピーチ 主賓として話す際の時間はこれぐらいがちょうど良い

 

最後にスピーチの時間についてです。

 

だらだら10分も20分も話していたら、皆さま疲れてしまいます。

 

かと言って、一言でお終いなど短過ぎても、手抜き感がでて気持ちも伝わりません。

 

ですので主賓としてのスピーチの場合、3分~5分が良いでしょう。

 

短過ぎず、長過ぎずですね。この時間なら皆さまも気持ちよく聞いていられます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

いざ結婚式の主賓としてスピーチを頼まれた場合、文章や構成を考えたり、言葉遣いや格言について調べたりで大変ですよね。

 

とにかく、お祝いの言葉や御礼の言葉、陳謝のことを忘れず、格言を含める場合は1つにして伝えたいことをはっきり明確に伝えましょう。

 

残りはエピソードトークなどに花を咲かせ、短過ぎず長過ぎないスピーチにまとめられるように心がけることが大切です♪

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。