秋の彼岸はいつからの事?お彼岸のお供え、手土産のマナーは?

結婚して家庭を持つと、独身の頃には気にしたことがなかった行事や習慣に戸惑うことがありますよね。

 

特にお盆やお彼岸など、地域や家庭によってやり方、考え方が異なるものはなおさらです。

 

私も結婚当初、お彼岸というものの知識がなく、戸惑ったことがあります。

 

ここではお彼岸のお供えや手土産について、私自身の経験を踏まえてお伝えしたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

秋の彼岸はいつからの事を言うの?お彼岸の意味は?

 

お彼岸は春と秋の年2回ありますが、秋のお彼岸は秋分の日を真ん中にした1週間です。秋分の日が、例えば9月23日だとすると、9月20日から26日が秋のお彼岸というわけです。

 

春分の日・秋分の日を彼岸の中日(ちゅうにち)」と言い、最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸の明け」と呼びます。

 

春分の日、秋分の日は年によって日がずれますから、お彼岸も毎年同じ日とは限らないので注意が必要です。

 

彼岸というのは「彼方の岸」つまり「あの世」の事です。

 

あの世は西の彼方にあり、「この世(此岸・しがんと言います)」は東にあると考えられています。

 

春分の日と秋分の日は、太陽が真東から上り、真西に沈みます。

 

そして、昼と夜の長さがほとんど同じとなる日です。あの世とこの世の距離が最も近い日、つまりご先祖様と私たちが近付く日と考えられているのです。

 

そのため、お彼岸にはお墓参りをして、ご先祖様を敬い感謝をするという風習につながったのです。

 

お墓参りなどを行う季節行事として「お彼岸」という言葉を使いますが、これはお彼岸の期間にお寺で「彼岸会(ひがんえ)」という法要が行われるところに由来していると思われます。

 

ちなみに、お彼岸にお墓参りをするのは、仏教国の中でも日本だけなのだそうです。

 

春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」、秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」として、「国民の祝日に関する法律」で制定されています。

 

ご先祖様を敬い、五穀豊穣を願って自然に感謝するという日本の昔からの習慣が、お彼岸にお墓参りをするという風習につながったのだと思われます。

 

 

お彼岸の際のお供えのマナーはどんなのがある?

 

お彼岸に嫁ぎ先や親せきのお仏壇にお参りされる場合、お供え物を用意していくのが一般的とされています。

 

相場は3000円~5000円ほどで、日持ちのするお菓子や飲み物(ジュースやビールなど)を選ばれる方が多いようです。

 

他の方と似たような品物になることもありますから、なるべく日持ちのするものを選ぶと良いでしょう。

 

食料品以外では、お線香をお供えするもの良いでしょう。

 

お線香にも種類が色々ありますが、中には香りに敏感な人もいますから、好みが分からない場合は無難なタイプを選ぶほうが安心です。

 

お彼岸にはお供え物を持っていく場合が多いのですが、家庭によっては現金をお供えする習慣となっていることもあります。

 

嫁ぎ先のことで様子が分からない場合、ご主人が知っていれば良いのですが、もし分からなければご兄弟などに相談してみると良いでしょう。

 

事前に分からなかったときは、念のため、当日は両方用意していくことをおすすめします。

 

現金の場合も相場はお供え物と同じ、お供え物と現金の両方という場合も、合計で同じくらいの金額とします。

 

お供え物の掛け紙は弔事用のものを使います。

 

結び切りの水引だけが印刷されているものを用いますが、水引の色が地方によって異なるので注意が必要です。

 

「黒白」「黄白」「双銀」があり、「黄白」は関西や北陸で使用されることが多いようです。

 

これらは地域や家庭によって違いがあるので、分からない場合は、早めに聞いておくのが良いでしょう。

 

掛け紙の表書きは「御供」とし、下に、ご夫婦の場合はご主人の名前をフルネームで書きます。

 


スポンサーリンク

お彼岸の際の手土産のマナーはどんなのがある?

 

お彼岸でご主人の実家へ帰省する場合、手土産についても考えなければなりませんね。

 

一般的にはお彼岸にお供え物を持参する場合は、手土産なしでお供え物だけで良いとされています。

 

しかし、遠方からの帰省であったり、実家に泊まる場合などは、お仏壇の他にご両親にも何かお土産を用意しなければ、と思うかもしれません。

 

手土産を持っていく場合、お供え物と同じようなものになってしまっては、せっかくそれぞれ用意する意味がないですよね。

 

お供えに日持ちのするお菓子を用意したなら、手土産にはすぐに開けて食べられる生菓子にする、また住んでいる土地の特産品なども手土産としては良いでしょう。

 

もし生菓子などを持っていく場合、当日集まる人数を考えて数を用意する必要があります。

 

ご両親と自分たちだけなのか、兄弟の家族、親戚も集まるのか、子供はいるのかなど、配慮が必要になりますね。

 

ただ、これらは一度始めると、途中では止めにくいものなので、最初から頑張りすぎないことも大事です。

 

 

まとめ

 

結婚してから、それまであまり考えてこなかった行事やお付き合いが結構あることに驚かされました。

 

お金もかかりますし、正直、ちょっと面倒だな・・と感じる時もありました。

 

しかし、何年も同じことをやっているうちに、今では「そろそろお彼岸だから、お供え物の準備をしなければ」などと自分の季節行事の一つにしっかり組み込まれています。

 

お彼岸を、亡くなった方たちのことや自分たち家族のルーツについて考えるときと捉え、ご両親やご親戚とのコミュニケーションの良い機会だと考えられてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。