敬老の日のメッセージカードの文例はコレ!作り方と写真を入れて工夫を!

敬老の日にプレゼントと一緒に添えるメッセージカード、もちろん市販のカードにメッセージを書いても気持ちは十分に伝わりますが、ひと手間加えてのメッセージカードはより気持ちも伝わりやすいかと私は毎年工夫をしながら作成しています。

 

自分がやってもらって嬉しいことは相手も嬉しい!をコンセプトに(笑)

 

日頃の感謝を伝える絶好の機会ですので、私が作成しているメッセージカードですが簡単ですので是非!

 

相手の喜ぶ顔を浮かべながら作成してみせんか!

 

スポンサーリンク

敬老の日のメッセージカードに困っているならこの文例を参考に

 

メッセージの文章は送る方との間柄にもよりますが、今回は自分の御両親あてにということですので、素直な気持ちを文章にすることで充分気持ちは伝わると思い、私でしたらいつもこのような文章にしております。

 

 

敬老の日おめでとう。

 

いつも大変お世話になっております。ありがとう♪

じぃじとばぁばのお陰で子どもたちも立派に育っております。

 

じぃじ、いつもいろいろ買ってくれてありがとう。○○より

 

ばぁば、いつもおいしいご飯ありがとう。○○より

 

これからも健康第一で元気に楽しく過ごしてください!!

 

 

 

と、孫からのメッセージを一言添えるようにしております。

 

字が書けるようなら『ありがとう』と子供の字を間にいれるのもいいと思います。

 

孫からも頼りにしているよ!というメッセージが何よりも嬉しいようですので文章の中には一言入れる

 

ようにしています。

 

 

敬老の日のメッセージカードの作り方はこうすれば間違いない!

 

私はいつも手作りにしています。

 

100均で色画用紙を購入してきて、ハートの形に切り抜きます。

 

作り方は色画用紙を半分に折りハートの半分の形に切り抜きます。

 

開くとハートの形になります。

 

作るのが苦手な方は出来上がった物を購入してもいいと思います。

 

ですが色画用紙でしたら何枚も入って100円ですしお安く可愛くたくさん作れるのでお勧めです。

 

ハートに切ったカードに、書きやすいようにペンで線をひいたり、マスキングテープやシールなどでデコるのも良い感じに仕上がります。

 

あと、手間はかかるのですがプラ板もお勧めです。

 

こちらも100均で購入可能。

 

プラスチックのシートに油性のペンで絵や文字を記入します。

 

それをオーブンで焼くと小さく縮小されたプラスチックになり金具をつけるとキーホルダーの出来上がり!

 

子どもの描いた絵がそのままプレゼントになってしまうという優れモノです。

 

是非お試しください!

 

世界に一つだけしかないメッセージ・プレゼントになるのでとても喜ばれ、私は大好きです。

 


スポンサーリンク

メッセージカードは写真を遣ってひと工夫加えると喜ばれます。

 

もう少しインパクトを!求める方は写真を貼って作成するのもいいですよね。

 

今はスマホから簡単に印刷できるのでとても便利な時代となりました。

 

印刷する際に裏面がシールになっているものを使うと便利ですよ。

 

お花や、お孫さんの顔、飼っているペットなどの写真等々、贈る側の好きなものを集めて貼ってみてはいかがでしょうか。

 

吹き出しを書いてメッセージをいれるとか、みんなで映った集合写真などもいいですよね。

 

私は《笑顔メッセージカード》~開いただけで笑顔になれるよ~カードを作成しました。

 

思いっきり笑った子供の顔のアップ・面白い変顔の写真・とにかく見ただけで笑顔になってしまう写真を集めて貼ると言うだけのカードですが大好評でした!

 

メッセージはいつもありがとう!これからも元気に楽しく過ごしてね♪の言葉だけですが、開けると笑顔になるというカードにいつ開けても心が温かくなるよ。と本当に喜んでもらえました。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか!?

 

贈り側が義理の御両親でも、少し文面を丁寧に変えて作成すれば問題ないと思います。

 

いくつか紹介いたしましたが、私のお勧めはやはり《笑顔メッセージカード》です。

 

作っているうちに手間は忘れて楽しくなること間違いなし!!

 

今年の敬老の日には是非!送って頂きたいなと思うカードです♪

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。