結婚式のスピーチは上司は誰に頼む?依頼はどんな方法で?お礼は?

 

人生の門出とも言える結婚式。思い出に残るような素敵な結婚式にする為にも事前準備は必要不可欠です。

 

受付や余興など、式を挙げる本人たちでは賄えない事は、人に依頼する必要があります。

 

私も友人の披露宴で余興を頼まれましたが、多くの人の前で行う事で緊張もするし、ましてや失敗の許されない晴れの舞台なので、依頼される側もなかなか気合が必要なんですよね。

 

特に結婚式の最初に行われる主賓によるスピーチに関しては殊更責任重大です。

 

依頼する場合もなるべく失礼の内容にしておきたいところ。

 

今回はそんな結婚式のスピーチに関してまとめてみましたので、これから結婚を控えている方は是非参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

結婚式のスピーチを上司にお願いする場合は誰に頼めばいい?

 

結婚式の主賓によるスピーチですが、主賓とはその字の通りで来賓客の中でもメインとなる方の事を指します。

 

一般的には仕事関係の最も役職の高い 上司が主賓になるので、スピーチも通常なら代表取締役といった方が行う事が多いです。

 

ただし、場合によっては断られてしまう場合や、大きな企業の場合は代表取締役といった方に依頼する事が難しい場合もあると思います。

 

そういった場合は、次に役職の高い上司や直接関わりのある上司に依頼しましょう。

 

あまり無いですが、万が一上司が来られない等で依頼できない場合は、親族の肩書として最も高位になる方に依頼すると良いでしょう。

 

 

結婚式のスピーチを上司に依頼するときはどんな方法でお願いすれば良い?

 

スピーチを上司など目上の方に依頼する場合、基本的には直接お会いしてお願いするのがベストです。

 

そうは言っても、代表取締役といった役職が高位の方の場合はなかなか時間が取れなかったり、遠方でなかなか会えなかったりすることも多いですよね。

 

そんな時は電話や手紙を使いましょう。

 

事前に断りも無く、招待状に祝辞依頼の旨を同封するような事は相手に対して失礼に当たりますので、きちんと事前に依頼するようにしましょう。

 

依頼する際はまず結婚式の日時を決めてからお願いするようにしましょう。

 

式の2ヶ月前までに結婚すること・結婚式の日時・主賓として出席してほしいこと・スピーチをお願いしたいことの4点を伝えることをお忘れなく。

 

即答はせず、スケジュールの都合等で少し考えたい方もいるはずですし、万が一断られた場合は別の方へお願いする時間も必要ですので、いつまでに返答をお願いしたいのか併せて伝えるようにすると良いでしょう。


スポンサーリンク

 

結婚式のスピーチを上司にお願いした時のお礼はどうすれば良い?

 

スピーチを快く受けてくださった方には、お礼を忘れずに行いましょう。

 

式の当日は、まずお車代として1万円を用意します。

 

ご祝儀袋に入れ表書きにお車代と記載したものを招待した側の親から挨拶も兼ねて、目立たぬように個別に渡します。

 

ただし、その方が遠方から来られており、既に宿泊代や交通費を負担・手配している場合はお車代は必要ありません。

 

また、地域によっては引き出物のランクを上げたり、商品券を引き出物の袋に入れておいたりする場合もあります。

 

披露宴終了後のお見送りの際にスピーチをしていただいたことへのお礼を伝えることをお忘れなく。

 

また、後日会う機会のない方にはお礼状を送り、会社などで会う機会がある方には早めに口頭でお礼をするようにしましょう。

 

可能なら、後日お礼を持ってご挨拶に向かうのがベストです。

 

その際に渡すお礼はお金ですと失礼に当たりますので、何か品物を用意して贈ると良いでしょう。

 

新婚旅行に行く場合もあると思いますが、その場合も個別でお土産を個別で用意して渡すようにしましょう。

 

 

まとめ

 

スピーチをしていただいた方には、招待されて良かったと思われるような結婚式にしたいですよね。

 

その為にも失礼の無いように、丁寧な対応を心がけましょう。

 

たくさんの方に祝福されるような素敵な結婚式になるよう、祈っております。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。