初盆の際の香典の金額 身内の場合は?表書きはこれ!その他作法は?

 

お盆の時期が近づいてきましたが、親族の初盆を迎えられるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

特に結婚されたばかりの方で、相手方の親族の初盆であれば、失礼があったら困るので色々不安ですよね。

 

香典の金額やマナーについては、これから先の親戚付き合いにも影響していくと思いますので最低限の知識は身につけておきたいところです。

 

私の経験も踏まえて、初盆においての作法など紹介していきたいと思いますので是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

初盆の時の香典の金額は身内の場合はどれくらいが相場なの?

 

身内の場合の一般的な相場は、実父、実母、兄弟の場合、1万円-2万円。実祖父、実祖母の場合は、5千円から1万円となります。

 

ただ、このように故人との関係性によって金額が変わるのは決まりやしきたりが厳しい地域だけで、初盆に関してはお葬式やお通夜と違って、一律の金額に設定されることが多いです。

 

ちなみに私は旦那の祖父の初盆の時、私たち夫婦含め親戚全員が1万円をお供えしました。

 

ちなみに結婚式などのおめでたい席とは違い、香典などの不祝儀と呼ばれるものは家族単位でお供えして下さい。

 

また、食事があるかないかで金額が変わってきたり、そもそも初盆の際は香典をもわらないとしているところもあります。

 

地域や家庭によってしきたりが違いますので、必ず家族や親戚に確認をしてから準備をしてくださいね。

 

思い込みでマナー違反をして不快な思いをさせてしまうより、これらの予備知識を元に確認してみましょう。

 

そして金額が決まったら、お供えするときの不祝儀袋を用意することになるわけですが、不祝儀袋の書き方はわかりますか?

 

間違えて恥をかいてしまわぬよう、是非この機会に覚えておくと良いですよ。

 

 

初盆の際の香典の表書きはどう書けば良いの?

 

お葬式の時と同じく「御霊前」と書かないよう気をつけてください。

 

初盆の際は、「御仏前」「御佛前」「御供物料」などを使います。

 

この名目を上段に書いたら、その下の中央部分に自分の名前をフルネームで書きます。

 

夫婦でお供えする場合は、夫の名前だけでも良いのですが、故人が近しい親族の場合、妻の名前も連名にしましょう。夫の名前の左横に妻の名前だけ書きます。

 

不祝儀袋は、水引と呼ばれる帯の色が、白×黒、白×銀、銀×銀となっているものを選んで下さい。

 

関西では古くからの風習を大事にする傾向があるので、水引も基本に忠実で、葬儀では他の地域と同じですが、初盆などの法要では白×黄色を使用しています。

 

そのご祝儀袋に入れるお札の向きに関してですが、初盆となればもう悲しむ時期も過ぎ偲ぶ時期になっているということもありますし、様々な諸説や人によって考え方が違うので、あまり気にしなくても良いです。

 

ただ、最低限失礼にあたることのないよう、お札の向きを揃えるだとか、お札があまりに汚れていたりシワだらけで粗末なものではないか確認しましょう。


スポンサーリンク

 

初盆を迎えるにあたって気を付けたいその他の作法は?

 

作法として一番気になるのは、服装ですよね。

 

初盆では、喪に服すというよりも、あの世から帰ってきた故人をみんなでお迎えすることが目的なので、喪服ではなく、略喪服と呼ばれるものを着ることが多いです。

 

喪服よりも少しカジュアルで大丈夫です。

 

男性の場合、黒でなくとも地味な紺やグレーのスーツでも良いですね。気をつけたいのが、カフスボタンやネクタイピン、靴に金具がついているものは避けてください。

 

女性の場合も、同じくダークな色であればスーツでなくてもワンピースや、ブラウスとスカートの組み合わせでも良いと思います。

 

気をつけて欲しいのが、露出をし過ぎないよう、暑いからといってノースリーブだったり胸元が開いている服は選ばないようにして下さい。

 

初盆は、このように略喪服で行くことが多いですが、念のために親族にも確認しておいて下さいね。

 

私はとても無知だったので、親族に「平服で大丈夫よ」と言われ、勘違いしてしまい危うく、本当に普段着で行こうとしてしまうという恥ずかしい過去があります 笑

 

法要で言う平服とは、今説明した略喪服のことを指します。

 

逆に、よく良かれと思って喪服で参加してしまう人がいますが、それは逆に迷惑や失礼にあたることもあります。気をつけましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は初盆においての基本的な知識をご紹介しました。

 

しかしお伝えした通り、法要というものは、各々地域や家庭によってしきたりが違いますので、まずは親族にしっかり確認してみて下さい。

 

今回お伝えした最低限の知識さえ身につけておけば、親族に質問もしやすいかと思います。

 

故人が、安心して帰って来られる良い初盆を迎えられるよう祈っております。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。