熱中症だと汗が止まるって本当?出ない時はどうする?その他の異常

 

気候がだんだんと過ごしやすくなってくると、あっという間に暑い季節ですね。

 

外で過ごすことも多くなり、熱中症にも気を付けなければなりません。

 

さて、熱中症と聞くと、どんな症状が思いつきますか?

 

吐き気やめまい、頭痛や倦怠感などの症状を思い浮かべる人は多くいるはずです。

 

もちろんこれらは熱中症のサインですので、見逃してはいけません。

 

しかし、暑いはずなのに汗を かかないといった症状もあるんです!

 

汗をかかないって、いったいどういうことなの?と思いますよね。

 

私も以前こういった症状があり、中度の熱中症になったことがあるんです。

 

今回はみなさんに熱中症と汗の関係と、対処法などお話したいと思います。

 

私の体験談が、少しでもお役に立てたらと思います。

 

 

スポンサーリンク

熱中症の時は汗が止まるって本当?その原因は?

 

汗が出なくなるといった症状は、熱中症の中度の症状になります。

 

暑いのに汗がでない、これは普通ではありませんよね。

 

体から危険のサインが出ています、必ず医療機関を受診してください。

 

中度の症状ということは、初期症状を見逃していたということになります。

 

ここまでくるまでに、たくさん汗をかいたり、めまいや立ちくらみ、気分が悪いといった症状がありました。

 

その時に私は、水分補給や涼しい場所で休むこと、体の熱を冷ますなどの処置を怠ってしまったのです。

 

ではどうして汗が出なくなるのでしょう?

 

汗をかくのは、体の中にこもった熱を外に逃がし、体温調節をするためです。

 

ですが、熱中症初期に対処ができていないと、体は限度を超えて熱くなります。

 

そうすると、体内の水分と塩分のバランスが崩れ、熱を外へ逃がせなくな るという訳です。

 

ここまでくると体温調節もできなくなり、そのままにしておくと危険な状態になります。

 

熱中症対策は、命を守るために本当に大切なんです。

 

 

熱中症の時に汗が出ない時はどうすれば良いの?

 

汗が出なくなるということは、体温調節ができない状態であることはお話しましたね。

 

重症化すると、意識障害や痙攣などを引き起こすので、早い段階で病院へ行ってください。

 

ここで は病院につくまでの間にできる対処法をご紹介したいと思います。

 

 

・涼しい場所へ移動する

 

・頭を低くして寝る

 

・衣服をゆるめ、風通しをよくする

 

・首、脇下、足の付け根の太い血管を冷やす

 

・スポーツドリンクや経口補水液で水分を補給する

 

 

これらを行うことで体温の上昇をある程度抑えることができます。

 

体温を下げるということが、今後の回復に影響してきます。

 

暑いところにいたから、夏バテかと勘違いしてしまうこともありますのでご注意を。

 

帰宅後におかしいと思ったら、とりあえずエアコンのきいた部屋で休んでください。

 

その時も外との温度差は5~6度程度に設定し、体を冷やしすぎないよう注意してください。

 

幸いにも私の夫が早い段階で対処してくれたの で、病院の点滴だけで回復することができました。

 

体が熱く感じたり、熱がこもっていると感じた段階の応急処置は早めにとってください。


スポンサーリンク

 

熱中症の時に気を付けるべきその他の汗の異常はどんな場合?

 

熱中症による汗のかきかた、これも気を付けるべき点ですね。

 

初期の熱中症の症状として、大量に汗をかくという現象があります。

 

ふいてもふいても汗が止まらない、おかしいぐらい汗をかいている・・

 

これはもう熱中症の 危険信号ととらえてください。

 

このタイミングで体温を下げる処置や、水分・塩分補給することがとても重要ですよ。

 

暑いんだからたくさん汗をかいて当たり前、という考え方はやめましょう。

 

すでに軽度の熱中症にかかっています!

 

また汗をかいているときに、めまいや立ちくらみがないかも確認してください。

 

これらの症状と大量の発汗があれば、より熱中症にかかっている可能性は高いです。

 

このサインを見逃すと、さらに熱中症が重度になります。

 

今までかいていた汗がぴたりと止まる・・汗をかいていない、危険です!

 

先にお話ししたように、体温調節ができない状態になります。

 

吐き気や頭痛、倦怠感などをともない、口から水分補給できなくなることも。

 

重症化す ると多臓器不全で命を落とすケースもありますので、すぐに病院へ行きましょう。

 

汗が知らせる体の危険サインを見逃さないようにしましょう!

 

 

まとめ

 

今回は熱中症による汗についてのお話でしたが、いかがでしたか?

 

汗をかきすぎることも、極端に汗が出なくなることも、熱中症のサインなんですね。

 

そして何より熱中症には予防対策がとても大切です。

 

涼しい場所での休憩と、こまめな水分補給は欠かさないようにしてください。

 

もちろん日差し を避けるための帽子なんかも効果的ですよね。

 

熱中症は屋外だけではなく、室内でもなる可能性があります。

 

暑さを我慢することはせず、エアコンなどを活用し、適度な涼しさで快適に過ごすことをこころがけましょう。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。