結婚後のお盆のマナー知ってますか?お金とかお供えの事とか。

 

結婚後 、初めてのお盆を迎えるにあたって、色々悩み見ますよね。

 

お盆のマナーってこれでいいの?

 

何を持参したらいいの?!

 

私も最初のお盆で帰省する時などは頭がハテナ?だらけだったことを思い出します。

 

お気持ちお察しいたします。

 

『気持ちだけで充分』『気を使わないでね』と言うお言葉はありがたい半面、まともに受け止めてしまうととんでもないことになりかねませんものね。

 

私は初めての集まりで、お供え物等用意する前に、お姑さんが事前に用意してくれていて持っていくだけにしてくれていました。

 

ありがたかったのですがこれはこれで何もできないと思われているのかと少しさみしくなった思い出があります。

 

やはり気の利くお嫁さんね。と思われたら嬉しいですし、旦那様も鼻高々ですものね。

 

では、そう思ってもらえるように役立つことをまとめてみました。ご覧ください。

 

スポンサーリンク

結婚後に迎える初めてのお盆のマナーは何かあるの?

 

お盆のマナーのいくつかをまとめてみました。

 

まず、帰省するのに手土産は持っていってくださいね。

 

気持ちですので持っていかなければならないこともないですが、お世話になることは確かですし気持ちを形にするという意味でも必要だと思います。

 

手土産はご両親のお好きなものを持参すると喜ばれると思います。

 

何が好きなのか事前にリサーチ出来ていればいいですが知らなければ今後のこともありますし帰省した時会話の中で何気なく聞いておくことも必要かもしれませんね。

 

今回わからなければ無難なものを選ぶか、旦那さまに相談して下さいね。

 

あと手土産とは別にお供え物もお忘れなく!

 

お供え物の内容は後の方でまとめましたので見てくださいね。

 

服装の確認もした方がいいです。

 

基本、喪服でしたら問題ないですが、地味な私服でもいいところもありますし、こちらも地域やご両親の考え等々ありますので一度ご確認することをお勧めいたします。

 

お盆のマナーこれを知らないと恥をかく お金編

 

お供え物とは別に、お供えにお金を包むのか包まないのかという疑問もあると思います。

 

こちらは地域や初盆か初盆ではないか等で変わってきます。

 

事前に聞いておくことが出来ればベストですが、わからない時は最低限のマナーをふまえあとは気遣いが出来ているかどうかが大切なことになるかと思います。

 

最低限のマナーとしまして
金額は初盆でしたら5千円~1万円程度・初盆以外なら3千円程度が相場になるようです。

 

香典袋に、御仏前・御佛前・御供物料と書くのが一般的ですが、地域や宗派によって違いますので御実家にご確認された方が確かだと思います。

 

お金のことはちょっと聞きにくかったりしますが、お金のことだからこそ確認した方が無難かと私は思います。

 

きちんと出来た事に越した事がないですし、最初の印象も大切ですし、頑張っていきましょう^^

スポンサーリンク

 

お盆のマナーこれを知らないと恥をかく お供え編

 

御供え物は何にしたらいいのか?

 

金額や内容について調べてみましたのでご覧ください。

 

金額はこちらの相場も3千円~5千円程度になります。

 

御供え物は基本的には故人が生前好きだったものをお供えするということが一般的ですが、仏様に対して感謝の思いを表してお供えする意味もありますのでそれだけにこだわらず最近の傾向は、日持ちするものや、個包装になった物などが好まれているようです。

 

地域にもよりますが御供え物をみんなで分けるという習慣のある地域もありますので、その時個包装は大変重宝します。

 

御供え物の種類はお菓子・夏には喜ばれる水菓子・季節のフルーツ食べ物以外でしたら、御線香やろうそくなどはいかがでしょうか。

 

とくに最近は御線香も香りがいいものや、煙少なめ等、色々な種類が出ておりお手頃な値段でもありますのでお勧めです。

 

私のお勧めは『京都せんべいおかき専門店 小倉山荘』と言うところのおせんべいです。

 

私は何かあるたびに利用しているのですが、個包装にもなっていますし、何といっても美味しい!

 

その上お値段もお手頃で上品な包装です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

少しは参考になればうれしいです。

 

あまり難しく考えずに最低限のマナーをふまえていれば大丈夫だと思います。

 

一番大切なのは御供養する気持ちですものね。

 

その気持ちを忘れずにすれば、御両親・御親戚、もちろん仏様も喜ばれると思います。

 

親戚一同が集まる機会も早々にはないですので、親交を深めて楽しい帰省になりますように。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。