五山送り火の地元の人しか知らない穴場スポット5選はココ!

 

8月の京都の伝統行事と言えば、五山の送り火。

 

再び死後の世界に帰る先祖の魂を送る盆行事でもあります。毎年8月16日の夜に、京都にある5つの山で「大文字」「妙」「法」「舟形」「左大文字」「鳥居形」の送り火が夜空に浮かび上がる光景は非常に幻想的で、毎年多くの観光客で賑わいます。

 

ただ、各送り火の点灯時間は20-30分と言われており場所も全て離れている為、しっかり鑑賞場所をチェックしていなければ、あっという間に火が消えてしまいます。

 

私の失敗談として、何も確認せずに大文字を観ようとしたら、位置が悪く字体が全く見えず炎の塊状態で、慌てて移動したのですが、間に合わず終了してしまったという事がありました。

 

年に一度、たった数十分しか行われない貴重な伝統行事だからこそ、しっかりと観たいですよね。

 

それ故に人気の鑑賞スポットは混雑します。

 

出来るならゆったりと観たい…という貴方におすすめしたい、観光客は知らない地元民だから知っている穴場を、各文字毎にご紹介いたします!

 

スポンサーリンク

大文字の穴場スポット

 

五山の送り火の中では一番最初に点火され、市内のどこからでも鑑賞できる位置にある大文字は、東山如意ヶ嶽にて20:00に点火されます。

 

この大文字は五山の送り火の紹介等でメディアで報道されたりCMなどでも使われたりすることがあるので、全国的にも有名な送り火です。

 

人気の鑑賞スポットとしては鴨川沿いや吉田神社の境内でもある吉田山の山頂公園が挙げられますが、どちらも人が多くゆったりと鑑賞することは難しいでしょう。

 

そんな大文字の穴場スポットは、吉田神社を少し西に行った場所にある日本でも屈指の名門大学・京都大学の正門周辺です。

 

基本的に観光客が行くような場所ではないので人は少ないので、ゆっくり鑑賞できます。

 

こちらからは大文字を吉田神社の鳥居とセットで観ることが出来るのでおすすめです。

 

妙法の穴場スポット

 

五山の送り火では二番目に点火される妙・法。二つの山に二字なのですが、五山の送り火では一字として扱われています。

 

妙は松ヶ崎西山(万灯籠山)・法は松ヶ崎東山(大黒天山)にて20:05に点火されます。

 

妙・法の山は他の山に比べて低く遠くから眺めることが出来ない為、鑑賞スポットも限られます。

 

また、送り火終了後の21:00から涌泉寺にて題目踊り・さし踊りも開催されます。

 

人気の鑑賞スポットとしては、妙はノートルダム女学院付近、法は松ヶ崎浄水場付近といった北山通沿いが挙げられますが、先にもお話ししたように山が低い為、片方ずつしか楽しめないのが難点です。

 

そんな中、両方を楽しめる穴場スポットがあります。

 

市営地下鉄烏丸線の鞍馬口駅から東に進んだ場所に位置する出雲路橋の東側です。

 

こちらからは妙・法が両方見えるだけでなく、別の送り火の舟形も見ることできます。

 

また、妙だけになりますが、ノートルダム女学院付近にある宝が池スポーツ広場からは点火作業も見えるほど、かなり間近で鑑賞することが出来ます。

 

送り火の臨場感を味わいたい方はこちらをおすすめします。

 

舟形の穴場スポット

 

 

五山の送り火の中で三番目に点火される舟形は、五山の中では一番北にある山・西賀茂船山にて20:10に点火されます。

 

こちらは漢字ではなく、船の絵文字が使われています。

 

諸説では、舟形の送り火を執り行う西方寺の開祖・慈覚大師円仁が唐からの帰路、暴風雨に巻き込まれた際に「南無阿弥陀仏」と唱えたところ無事にたどり着くことが出来た為、このような絵文字を使われるようになったのではないかと云われています。

 

人気の鑑賞スポットとしては船岡山公園が挙げられますが、こちらは五山の送り火の鳥居形以外の文字を全て観ることが出来る人気スポットの為、場所取りだけでも大変ですし帰りは非常に混雑するので、この場所で鑑賞するにはかなりの覚悟が必要です。

 

舟形をゆったり鑑賞できる穴場スポットは、上賀茂神社の西側にある御薗橋の東側です。

 

橋の下は広い河原があるので、川のせせらぎで涼を取りながら舟形を鑑賞できるので、おすすめです。

スポンサーリンク

 

左大文字の穴場スポット

 

五山の送り火の中で四番目に点火される左大文字は、金閣寺大北山にて20:15に点火されます。

 

こちらの山は険しい岩山で、かつては固定された火床がない為に毎年形が変わっていたそうです。

 

現在では栗石とコンクリートで作られた火床が出来上がっている為、美しい左大文字を観ることが出来ます。

 

また、その点火方法は大文字のように一斉点火ではなく、筆順に沿ってゆっくりと点火されるため、他の送り火に比べて長く火が灯っているのも特徴です。

 

人気の鑑賞スポットとしては金閣寺周辺が挙げられますが、金閣寺は国内外でも人気が高い京都の観光スポット。

 

左大文字がよく観える為、多くの観光客で賑わい非常に混雑します。

 

混雑を避けて鑑賞できる穴場スポットは、京福電気鉄道北野線の北野白梅町駅を降りてすぐ、南北を走る道・北大路通があり、この通りの北側からなら何処でも左大文字を目の前で観ることが出来ます。

 

この周辺にある平野神社やわら天神宮でも観ることが出来るので、風情ある神社と共に送り火を楽しみたい方は足を運んでみてください。

 

鳥居形の穴場スポット

 

他の山と比べて遠い位置にある一番西にある嵯峨鳥居本曼荼羅山にて20:20に五山の送り火では一番最後に灯される鳥居形は、京都市中心部では見えにくいスポットです。

 

また、こちらの山だけは古来の方法で点火しており、他の送り火のように木を組むのではなく、松明をそのまま突き立てます。

 

松ヤニの入った松明を使用する為、炎がオレンジ色になるのが特徴です。

 

人気の鑑賞スポットとしては渡月橋が挙げられますが。嵐山の観光スポットの一つでもあり、京福電気鉄道嵐山本線の嵐山駅からもアクセスが良く、更には五山の送り火当日は灯篭流しも行われ、鳥居形を幻想的な景色と一緒に見ることが出来るので、非常に混み合います。

 

そんな嵐山からほど近い場所に、鳥居形を観ることが出来る穴場スポットがあります。

 

それは多くの人で賑わう渡月橋を渡った先の高台にある法輪寺です。

 

こちらは普段17時に閉門するのですが、五山の送り火当日に限っては20時前後に再開門します。

 

渡月橋や灯篭流しと鳥居門をセットで見ることが出来ておすすめです。

 

まとめ

 

亡くなられた身内の方に想いを馳せながら五山の送り火を鑑賞すれば、また違った思い出が出来ると思います。

是非大切な方と一緒に五山の送り火をお楽しみください!

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。