昭和記念公園の花火大会の混雑具合は?当日の交通規制と駐車場情報

 

ダイナミックな一尺五寸玉をはじめ、豪華なワイドスターマインや芸協玉、匠玉など演出にこだわった花火が楽しめる「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」。

昭和記念公園は非常に敷地面積が大きいので、東京都内の花火大会としては比較的レジャーシートを敷く場所の確保がしやすくなっています。

 

ゆったりと花火を観賞できるのがこの花火大会の特徴でもあります。

そのため、場所の確保という観点から家族で行くのにオススメな花火大会です。

しかし家族で、そして子供を連れて行くとなるとやはり気になるのは混雑。

 

今回はその混雑具合に焦点を当て、この昭和記念公園の花火大会をご紹介します。

 

スポンサーリンク

昭和記念公園の花火大会の混雑具合 電車と車どっちが良い?

 

立川まつり国営昭和記念公園花火大会の開催は、例年7月の最終土曜日です。

 

つまり2017年は7月29日(土)に開催されます。

打ち上げ時間は19時20分~20時30分。

 

打ち上げ場所は「みんなの原っぱ」という場所です。

 

この「みんなの原っぱ」ですが大会当日の18時より無料開放されます。

それより前は大人なら410円、子供80円がかかります。

 

例年17時以降が大変な混雑となるので、もし場所取りをみんなの原っぱで考えているのであれば、入園料を払って早めに現地へ向かうのがオススメ。

では当日現地まで行く交通手段を見ていきましょう。

電車の場合ですと、一番の最寄りが西立川駅です。

 

そこから約徒歩2分の西立川口が公園には一番近いですが、駅も小さく大変混雑します。

時間によっては、立川駅から15分ほど歩いて公園へ向かったほうが早いくらいです。

しかし、立川駅も大混雑します。

 

15分ほどの所要時間が30分でやっとたどり着くなんてこともありえます。

小さい子供がいるのであれば、電車で行くと迷子などの危険性がありますね。

車の場合、昭和記念公園の沿道は駐車場に入れない車で例年いっぱいになるという問題があります。

 

駐車場に入ることができずに、車の中から何度も花火鑑賞をしてしまうなんてことにもなりかねません。

どちらにせよ早めに行くことは大切です。

 

小さい子供を連れて行くことを考えると、迷子などの問題を回避するためにも車で行くことがオススメです。

 

昭和記念公園の花火大会の当日は交通規制はあるの?通行止めは?

 

交通規制は以下のとおりです。

スポンサーリンク

昭和記念公園通り、国営公園南線およびモノレールデッキ下、立川駅前通り、西大通りは20時~22時の間交通規制がなされます

 

中央南北線は18時~22時の間に交通規制がなされます。

交通規制もあり、当日は大渋滞が予想されます。

 

昭和記念公園の花火大会の周辺には駐車場は整備されている?それとも無い?

 

では、駐車場や交通規制の問題を回避するために、はどのようにしたらよいのでしょうか。

まず、昭和記念公園の駐車場情報を見ていきましょう。

昭和記念公園の駐車場は「立川口」、「西立川口」、「砂川口」の3箇所にあります。「立川口」の駐車場が最も収容台数が多いです。(約2000台)

しかし、この3箇所の駐車場は例年午前中で満車になってしまいます

 

また帰りも大変な混雑が予想され、公園からなかなか出られずに数時間、なんてこともありえます。

毎年、この花火大会のために臨時駐車場は増設されません。

 

また花火大会などがない休日でも昭和記念公園の駐車場は混雑するため、公園の駐車場は使用を避けたほうが良いでしょう。

とすると、駐車場を探すのであればコインパーキングになりますが、午前中には近くのコインパーキングは埋まってしまう可能性が高いです。

昭和記念公園の駐車場に止めるのは難しいようです。

 

それでは、ほかにどのような方法があるのでしょうか。

方法の一つとして、少し1~2駅先のコインパーキングに車を止め、電車で会場へ行く方法があります。

この方法のメリットですが、距離は遠くはなりますが確実に車を止めることができるということです。

 

デメリットは会場最寄りの立川駅などの混雑を徒歩で進まなければならず、迷子の問題が出てきます。

もう一つの方法としては、「軒先パーキング」というサービスを利用する、という方法があります。

「軒先パーキング」とは、空いている近隣の月極駐車場や住宅の駐車場を借りるというサービスです。

登録料や月会費などは不要です。

 

運転免許証をお持ちの方なら誰でも簡単に登録・利用できます。

 

事前に予約できるので駐車場探しも不要です。

 

一部例外駐車場を除きますが、車の出し入れも自由にできるので、買い出しなどにも便利です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

子供を連れて行くとなるとやはり一番に考えるのは安全対策ですよね。

 

駐車場、行き帰りの渋滞などの問題はありますが、やはり車での移動をオススメします。

 

現地へは午前中早めの到着し、公園で遊んでから花火を鑑賞というのもいいかもしれませんね。

 

昭和記念公園の花火大会がみなさんの良い思い出になることを祈っております。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。