つかまり立ちを始めるのはいつから?練習は必要?おもちゃを使うの?

 

はいはいやお座りが上手に出来るようになったら、いよいよつかまり立ちが始まる時期ですね。

 

とはいえ、つかまり立ちを始める時期やつかまり立ちのパターンは個人差があり例えば兄弟姉妹であっても様々です。

 

そこで今回は、つかまり立ちを始める時期や練習が必要なのか、また練習用のおもちゃなどについてもご紹介します。

 

スポンサーリンク

つかまり立ちをし始めるのはいつからなの?

 

赤ちゃんのつかまり立ちの時期としては、だいたい8ヶ月から11ヶ月頃が一般的な目安です。

 

それ以前の6ヶ月頃からつかまり立ちをする赤ちゃんもたまにいますが、手の力が強い赤ちゃんで、つかまるのにちょうど良い棚や台などが近くにあった、といった場合につかまり立ちを始めることが多いようです。

 

ただし、まだこの頃は重心が上手く取れなかったり、足腰がしっかりしてないため、すぐに尻もちをついたり、手を滑らせて倒れてしまったりということも多いので、つかまり立ちが出来る場所の周りにクッションのようなものを置いたり、目を離さないようにすることが大切です。

 

つかまり立ちをしたがる赤ちゃんは、そのこと自体が楽しくてやっているので、危ないからとやめさせることはありません。

 

ケガや事故にだけは注意して、赤ちゃんの挑戦を見守ってあげましょう。

 

8ヶ月頃の赤ちゃんのつかまり立ちは、フラフラすることも少なく安定して立つことができますが、つかまり立ちを始めたばかりの頃は、やはり突然ドスンと尻もちをついたり、手が滑ってコケたりすることがあるので、気を付けてあげましょう。

 

11ヶ月以降でつかまり立ちをする赤ちゃんは、少しのんびり屋さんといえるのかもしれませんが、その分、体はしっかりとしているので、つかまり立ちをした途端歩き出す子もいます

 

この頃になると気がついたら立っていて、棚の上の物で遊んでいたなんてことがありますので、8ヶ月を過ぎたらつかまり立ちをしていなくても、棚の上など赤ちゃんの手の届く範囲の危険な物や大切な物の置き場所を変更しておきましょう。

スポンサーリンク

 

つかまり立ちをするのには練習が必要なの?

 

赤ちゃんがなかなかつかまり立ちを始めないとついつい心配になって、練習させたくなりますよね。

 

でも、基本的には練習する必要はありません

 

ただ、赤ちゃんの中には、自分が立てる事に気がつかないのんびり屋の子もいたりします。

 

1歳近くなっても一向に立つ気配がないなんて赤ちゃんには、つかまりやすいローテーブルなどに手をついて立たせて、腰の辺りを支えてあげても良いでしょう。

 

立つ楽しみに気が付いて、つかまり立ちを始めるきっかけになることもありますよ。

 

つかまり立ちの練習をする時はおもちゃを使った方がいいって聞いたけど?

 

つかまり立ちの練習用おもちゃというのは特にありませんが、つかまり立ちを手助けするために、おもちゃを利用することは良くあります。

 

例えば、特に気に入っているおもちゃを、テーブルの少し手を伸ばせば届く所に置いておくのも良い方法です。

 

また、ベビージムやテーブルタイプのおもちゃでは、ジムの上部におもちゃの仕掛けがあったり、テーブルに脚をつけて高くできるタイプの物もあり、このような月齢に合わせて遊び方を変えることができるおもちゃは、赤ちゃんの立ち上がる動機付けになることがありオススメです。

 

押して歩く、手押し車系のおもちゃは、立ち上がる時に転倒してしまわないようにストッパーが付いたものにするなど注意が必要ですが、その後の歩行の練習にもなるので、この時期に用意すると良いですね。

 

まとめ

 

日々の赤ちゃんの成長は幸せを感じることのできる瞬間です。

 

その反面、人それぞれとわかっていても同じ月齢の赤ちゃんと比べて不安を感じることもありますよね。

 

もちろん、何か異常を感じるようなら迷わず医師や保健師に相談しなければなりませんが、そうでなければその子の個性と思って、のんびり赤ちゃんの成長を見守ってあげるのが一番です。

 

赤ちゃんのペースを大切にしながら、時々はおもちゃなどを使って意欲を刺激するなど、楽しみながらつかまり立ちをサポートしてあげてくださいね。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。