琵琶湖花火大会の場所取りの時間は?競艇場はどう?穴場スポットとか。

 

びわ湖大花火大会は、毎年35万人以上を動員する関西地域でも人気を誇る有名な花火大会です。琵琶湖から打ち上げられる花火は湖面に反射して格別な華やかさと迫力があります。

そんな、人気の花火大会だからこそ、どの会場も混雑は激しく、ファミリーで参加、特に小さな子どもを連れての観覧は事前にしっかりと計画を立てることが大切ですよね。

そこで今回は、びわ湖大花火大会の場所取りの場所や時間、穴場スポットについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

琵琶湖花火大会の場所取りの時間は何時ぐらいから行った方が良い?

 

花火大会の 場所取りの時間は、場所によってさまざまです。

14時から入場可能な有料観覧席横のエリアはいっぱいになると入場規制がかかります。そのため午前中の早い時間から並び始めます。びわ湖ホールエリアもかなり混雑するので、朝早い時間からの場所取りが必要になります。

その隣の、におの浜エリアは広いのでゆったり見ることができきてオススメですが、場所取りの為のシートの広さが人数によって決まっているので、事前にホームページなどで確認しておくと良いでしょう。

また、あまり早く行ってシートで場所取りをすると不法占拠とみなされ巡回員がシートを撤去しているようなので、もし最前列で見たいのなら、朝から行ってシートの上で一日過ごすくらいの覚悟がいります。

そこまでで きないという場合は、夕方早めの時間に、飲み物や食べ物も用意してピクニック気分で場所取りをするのがオススメです。

ただ、車で行きたいのなら近隣の駐車場は午前中にはいっぱいになってしまうので、朝9時か10時頃までには到着して、近くでショッピングや観光などで時間を使って、夕方観覧場所に移動するなどの工夫も必要です。

 

また、当日は交通規制もかかるので、こちらも事前にしっかり調べて行きましょう。

 

琵琶湖花火大会開催時のびわこ競艇場で場所取りする際の注意点は?

 

びわ湖競艇場は、以前は無料で解放されていて、毎年長い列ができていましたが、数年前から団体専用の観覧場所になってしまいました。

この場所からは、2カ所の花火がキレイに見 えるてオススメの観覧場所でしたので、もしびわ湖競艇場から観覧したいのなら、団体のツアーに申し込むのも良いかと思います。

 

参加費用はかかりますが、確実に席に座って見ることができますよ。

なお当日は競艇場の駐車場も団体専用になるため、一般車は駐車できません。

 

お気をつけくださいね。


スポンサーリンク

琵琶湖花火大会をゆっくり観覧する為の穴場スポットはココ!

 

混雑する大津市内はちょっと無理かも。。。という方は、開催場所から少し離れたところでゆっくり見るというのも手です。

例えば草津市にある矢橋帰帆島は穴場スポットとして良く知られています。

草津市は打ち上げ場所からは対岸になりますが、湖面に近いので低い位置の花火もちゃんと見えます。

無料駐車場もありますが、夕方にはここも満車になるので、15時過ぎ頃にはには到着できるつもりで行きましょう。

同じ草津ではイオンモール草津も屋上を観覧場所として解放してくれています。

矢橋帰帆島に比べれば少し迫力は劣りますが、トイレやその他の施設が充実しているので、小さなお子さん連れのファミリーには人気の穴場スポットです。

ここも付近の道路は一方通行などの交通規制がかかりますので、交通情報をチェックしてから行くようにしてくださいね。

もう一つのオススメ場所は、比叡山方面です。

 

比叡山ドライブウエイは有料道路なので、その分少し混雑が和らいでいる気がします。

少し遠目からから見下ろす形になりますが、花火全体が見える絶好の写真スポット なのです。

ドライブウエイ途中の夢見が丘展望台は有名で、プロのカメラマンをはじめ、沢山の人で混雑して、16時頃にはすでに駐車場も満車になります。

ゆったり見たいのなら、ぜひ山頂まで行きましょう。

湖面に映る花火もキレイに見えて、遠めですが美しい花火を満喫できると思いますよ。

 

大津市は京都から電車でわずか2駅10分の距離ですが、京都市内からはびわ湖の花火を見ることはできません。

電車、もしくは車で大津方面へ入ることになりますが、車なら大津サービスエリアを利用するのもオススメです。

 

できれば、一旦通り過ぎて下り線のサービスエリア駐車場を利用すれば帰りがスムーズです。

しかし、ここも有名な穴場スポットとなっていて、16時頃からは満車となりますので、早めの到着が必須となります。

また、大津サービスエリアからは、会場までも徒歩で30分ほどで行くことができるので、ここに車を停めて会場に向かう人も多いようですよ。

 

まとめ

 

びわ湖大花火大会は、その人気を反映するように、大勢の人が観覧に訪れます。

今回案内した穴場スポットも、けして人が少ない訳ではなく、大混雑する場所よりはいくぶんマシといった程度です。

また夜でも蒸し暑いので、子どもやお年寄りだけでなく、大人も飲み物やうちわを用意するなど熱中症対策にも気をつけましょう。

交通規制や観覧場所などは、その年によって変更になる可能性もありますので、行くことが決まったら最新の情報をチェックすることも忘れずに、ぜひ花火大会を楽し んできてくださいね。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。