志麻さん(家政婦)ブログで結婚生活や料理のレシピなどは披露している?収入は出版の印税で儲かっているのか?

予約の取れない伝説の家政婦・志麻さんが金スマに登場しますね。家事を依頼する為の料金も気になるところですが、ブログなどはやっているのか?料理のレシピなどはどう考案されているのかも気になります。また、既に結婚されているということで、旦那さんがどんな方かもちょっと気になりますよね。今回はこの「志麻さん」についてまとめてみます。



スポンサーリンク




志麻さんのプロフィール

この予約の取れない伝説の家政婦「志麻さん」ですが、フリーなどでやっているわけではなく、タスカジという、家事代行会社に登録されている普通の家政婦さんのようですね。

そのタスカジのプロフィールを見ると、

志麻さん家政婦ブログ1
志麻さん家政婦ブログ2
志麻さん家政婦ブログ3
志麻さん家政婦ブログ4

というように、まだ30代の主婦の方のようです。個人でブログを開設しているとかはなさそうですね。

ただやはりと言うべきか、しっかりと「調理師」の資格をお持ちのようですね。


スポンサーリンク




志麻さんのレシピ本

志麻さんは主婦でありながらも、家事、特にお料理が上手で全然予約が取れないようです。

その料理の腕を活かして、レシピ本を出版されていらっしゃいます。

それが 「志麻さんのプレミアムな作りおき」というレシピ本になります。

志麻さん家政婦ブログ5

Amazonのカスタマーレビューではこんな絶賛の声が上がっております。

沸騰ワード10というテレビ番組でこの方を知り
料理もお人柄も私のツボだったので出版をまちにまっていました!
早速チョコムース、ニンジンポタージュ、ローストビーフ
ニンジングラッセ、鶏のクリーム煮つくりましたが
少ない材料で簡単な工程なのに、あらまあ不思議!!
お店で食べるような洗練されたお味になってしまうのです。
育児で時間のない毎日のなかでも、美味しいものはたべたい!と思う
食いしん坊な私には最高に役立つ本でした!

素晴らしい本です。
冷蔵庫にある素材で作れるため次々と挑戦できます。そして、簡単で美味しい!レシピ本は買ってもいざ作ろうと思うと材料がなくて挑戦できないことも多いですが、この本は家にあるものをプロのコツでワンランク上の料理に仕上げられる良さがあります。
出版社さま、志摩さんの次回作期待しています!!今までで最高のレシピ本です。

掲載レシピ一通り作りました。一点だけご注意なのが黒ビール煮。結構苦味が残る料理です。このレシピのせいではなく、もともとビール煮という料理が苦味も含めて楽しむ料理のようです。(「ビール煮 苦い」等で検索してみてください。)癖のある料理は食べ慣れているつもりでしたがビール煮は正直食べにくかったです。一晩置くとある程度苦味は抑えられましたが、万人受けはしない料理かと思います。パーティー料理やファミリー料理には不向きのメニューだと感じましたので一応記載しておきます。
他はどれも美味しいのですが、特に記載したいのがマスタード焼きと農家のスープ。定番にしたいです。

欲を言えばロールキャベツのレシピも知りたかったなぁ。

最初手に取った時は、卵とほうれん草のグラタンを見て正直「こんな料理…」と思いました。たまごが丸ごと入ってるなんて!ところが作ってみたらとてもおいしかったのです。毎日食べても飽きない家庭料理とは、こういうものなのかもと思いました。他にキャロットラペと鶏のマスタード焼きを作りましたが、どちらもおいしくできました。
冷蔵庫の中にあるものでできるメニューが多いのがいいです。
まとめて作りおきはあまりしませんが、毎日の食事作りに活躍しそうです。
年をとり、あまり料理をしなくなった両親や、年子で第2子が生れる妹にも作ってあげたいと思います。

今話題の志麻の本です。
テレビで志麻さんの手際を見て、ぜひまねしたいと思い、購入しました。
レシピはわかりやすい上に、使っている材料に特別なものはなく、家の冷蔵庫にあるもので簡単につくれるものばかりでした。
特に、ほうれん草とたまごのグラタンはお気に入りです。
料理の幅が広がる1冊だと思います

まあ、あえて高評価のレビューばかりを取り上げましたが、手に取る方によっては、それは気にくわない部分もあるでしょう。

でも、世の中誰にでも都合の良い商品はなかなか存在しません 笑

このレシピ本の5割、6割で満足できれば、大半の方は料理のレパートリーを増やせると思いますよ。

たった1400円でそのぐらいの効果があるのなら、別にいいんじゃないでしょうか?


スポンサーリンク




志麻さんの旦那さんはどんな人?

調べたところによると、志麻さんの旦那さんはフランス人の方だそうです!!

先ほどのプロフィールにもありましたが、言語に「フランス語」とあったのはそういうことなのでしょう。

しかも15歳年下の旦那さんだそうです。昨年2017年にお子さんが生まれた為に、家政婦の派遣の仕事をするときには、たまにそのお子さんを連れてお仕事に行かれるようですね。

旦那さんの画像を調べてみましたが、過去に特集された番組の画像が残っておりました。

志麻さん家政婦ブログ6
志麻さん家政婦ブログ7

うん!優しそうな旦那さんですね!

志麻さんの家政婦の料金と本人の収入は?

先ほどのタスカジの料金表を見ると、

スポット:7800円
定期:6800円

ということなので、これが一回の価格でしょう。このうち、タスカジの手数料はどれくらいでしょうか。。

色々調べてみると、

志麻さん家政婦ブログ8

ワーカーとして登録すると最高時給が2100円ということなので、それで3時間。一回の派遣で6300円がMax報酬ということですね。

ただ、この志麻さんは、密着取材なども行われていますから、その辺の特別報酬みたいなものはあると思います。

もし仮にこの時給が志麻さんの場合は時給3000円だったとして、それが主婦の方なので週3回だとすると、1週間で9000円。

それを4週間だとすると、家政婦としての収入は、36000円ぐらいですね。

そこにいろんな謝礼や報酬を加えたとしても、50000円ぐらいでしょうか。

そこに加えて、レシピ本を出版されていますから、そこからの印税が入ってきて、それくらいになるかですね。

ただ、そんなに大金持ちという訳ではなさそうです。

出版に関してもそんなに儲かりませんので。


スポンサーリンク




こちらも合わせて!

Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。